2022年09月21日

9月のお料理教室

「何回やっても9月は夏!」というジェーン・スーさんの言葉通り、今年も9月は夏ですね。
とはいえ店先には秋の食材が並んでいます。
早く涼しい秋になることを願って「秋のランチ」いただきます。


9月【1】椎茸ルーロー飯

IMG_9610X.jpeg

台湾を思い浮かべながら、お肉抜きで軽く。

【材料】
椎茸__________________200g
ごま油_________________大さじ1杯
ニンニク________________1片
長ネギ_________________10cm
〔調味料〕
 醤油_________________大さじ1杯
 紹興酒________________大さじ1杯
 五香粉________________小匙1/2杯
水___________________大さじ3杯
砂糖__________________小匙1/2杯
青梗菜_________________2株
半熟卵_________________2個
ご飯__________________4人分

【作り方】
1. 椎茸は石突きを除き、粗みじん切り。ニンニクと長ネギもみじん切りにしておく。
  青梗菜は根元を切り、食べ良い長さに切っておく。
2. フライパンに胡麻油とニンニクを入れて弱火にかけ、香りが立ったら長ネギを加え、
  中火で炒めて軽く焼き色がついたら、刻んでおいた椎茸を加える。
3. 〔調味料〕を全て加え、よく混ぜ炒める。
4. 水と砂糖を加え、煮立ったら青梗菜を入れて蓋をして、中火で1分間蒸し煮。
5. 器にご飯を盛り、上記4と、半熟卵を半分に切ってのせる。

【メモ】
キノコの季節、到来!
通年売られているとは言え、やはり種類も豊富で美味しくなる秋。
椎茸に限らず、エリンギでも美味しくできます。


9月【2】豚肉と人参の梅鰹サラダ

IMG_9650X.jpeg

豚と人参で、元気!
今回も、今井 亮さん。『白飯サラダ』 のレシピです。

【材料】
豚肉(シャブシャブ用薄切り)______200g
人参__________________2本
〔茹で汁〕
 水__________________1リットル
 酒__________________大さじ1杯
 塩__________________小さじ1/2杯
〔調味料〕
 梅干し________________1個
 醤油、米酢、胡麻油__________大さじ1杯ずつ
 削り鰹節_______________1.5g(1パック)

【作り方】
1. 人参はピーラーでリボン状に切る。梅干しは種を除き、包丁で叩いておく。
2. 〔茹で汁〕を沸かし、人参を中火で30秒茹でたら弱火にして、
  豚肉を一枚ずつ広げて加え、色が変わったら一緒にザルにあげる。
3. 〔調味料〕を混ぜ、全体を合わせて盛り付ける。

【メモ】
サラダとしても、お惣菜としても美味しいです。
茹でたお湯が、次のスープになりますよ。捨てないでね。


9月【3】もずくのスープ

IMG_9664X.jpeg

もったいない精神で、さっぱりスープを作ろう!

【材料】
もずく_________________100g
トマト_________________1個
梅鰹サラダの茹で汁
酒___________________大さじ2杯

生姜のすりおろし
パクチー

【作り方】
1. もずくは軽く洗い、長ければ切っておく。サラダで出来た茹で汁を鍋に入れる。
2. 2cm角に切ったトマトともずくを入れ、一煮立ちしたら、塩で味を整える。
3. おろし生姜とパクチーを添える。

【メモ】
今回は中華風に仕上げてみました。
もずくのスープ、美味しいですよね。
茹で汁に塩が入っていますので、お味見してから調味料を加減してください。


9月【4】さつまいものパウンドケーキ

IMG_9660X.jpeg

お芋の季節。
今回はちょっとオシャレに。

【材料】 〔パウンド型1台分〕
〔生地〕
 バター________________50g
 砂糖_________________10g
 ハチミツ_______________10g
 卵黄_________________1個
 薄力粉________________55g
 ベーキングパウダー__________0.5g
〔メレンゲ〕
 卵白_________________1と1/2個分
 砂糖_________________20g
〔具材〕
 さつまいも______________150g
 バター________________10g
 砂糖_________________10g
 塩__________________1g
 アーモンド______________20g
 アニスシード_____________ひとつまみ

【作り方】 〔オーブン180度35分〕
1. 薄力粉、ベーキングパウダーを混ぜてふるっておく。
  型にオーブンペーパーを敷いておく。生地の分のバター50gは室温に戻しておく。
2. 具材を作る。アーモンドはローストして荒く刻んでおく。
  さつまいもは1cm角に切り、バターで焼いて、砂糖、塩を加え、カラメリゼしておく。
3. 生地を作る。バターを泡立て滑らかになったら砂糖を加えてよく混ぜ、
  白っぽくなったら蜂蜜を加えて混ぜる。卵黄を入れさらに混ぜておく。
4. メレンゲを作る。
5. 上記2の生地に振るっておいた粉を混ぜ、メレンゲを2度に分けて加える。
  さつまいも、アーモンド、アニスシードを混ぜ、型に流して焼き上げる。

【メモ】
キャラメリゼしたお芋が美味しいです。水分が飛んでいるので、切り分けた時も綺麗。
アニスシードが入ることで、爽やかな香りがプラスされています。
流石は「アンリ・シャルパンティエ」のレシピです。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2022

2022年07月27日

7月のお料理教室

早い梅雨明け、と見せかけて、ジメジメ。
また暑さ戻り、なんなの?
夏休みに突入しましたね。
お子さんのいるお宅は、戦いが始まる!
今回は「炒め物で時短ランチ」
レンジも使って、お手軽に〜


7月【1】コーンおこわ

IMG_9392X.jpeg

レンジでおこわ。
本当に美味しくできるので、リピートしております。

【材料】
餅米__________________2合

とうもろこし______________1本

【作り方】
1. 餅米は軽く洗い、浸かる程度の水加減にして、2時間程度浸水しておく。
2. とうもろこしは、汚れた葉を取り除いて、ラップで包み、
  レンジ600Wで4分加熱しておく。
3. 餅米の表面がぎりぎり浸かる程度の水加減を確認し、
  レンジ600Wで10分加熱する。その間にとうもろこしの実を外しておく。
4. 炊き上がった餅米にとうもろこしを乗せて、さらに1分加熱し、全体を混ぜる。

【メモ】
ジップロックコンテナでも、耐熱性のある容器ならどれでも作れます。
新規購入した土鍋が優秀なので、お披露目いたしました。
かもしか道具店の「ごはんの鍋」


7月【2】牛肉とレタスのわさび風味

IMG_9381X.jpeg

火の通りの早い食材の組み合わせ。

【材料】
牛肉薄切り_______________400g
片栗粉_________________大さじ2杯
レタス_________________小1個
サラダ油________________大さじ2杯
醤油__________________大さじ2杯
ねりわさび_______________大さじ2杯
ごま油_________________小さじ2杯

【作り方】
1. 牛肉に片栗粉をまぶしておく。レタスは1センチ幅に切る。
  醤油、ねりわさび、胡麻油を混ぜておく。
2. フライパンにサラダ油を中火で温め、牛肉を入れて広げ、片面1分ずつ焼く。
3. 牛肉を向こう側に寄せ、手前に合わせ調味料を入れ、煮立ったらレタスを加え、
  全体をあえる。

【メモ】
調味料を合わせておくこと。下拵えを万端にしておけば瞬殺!
レタスがシャキッとしている加減で、火を止めてくださいね。
『炒めない炒めもの』今井亮
⇒ 今回はこの本から、【2】と【3】の二品を選びました。


7月【3】鶏ひき塩もみ野菜炒め

IMG_9335X.jpeg

一旦塩をして、水気を切る手間が美味しい炒め物に。

【材料】
鶏ひき肉(もも)____________250g
きゅうり________________1本
にんじん________________小1本
塩___________________小さじ1/4
サラダ油________________大さじ1杯
みょうが________________2個(小口切り)
〔合わせ調味料〕
 醤油、酒、酢_____________各大さじ1杯
 胡麻油________________小さじ1杯

【作り方】
1. きゅうりとにんじんを、1cm角に切る。塩をまぶし10分置いて、水気を絞る。
2. フライパンにサラダ油を温める。
  鶏ひき肉を焼き付けるようにし、ほぐして返しながら3分から4分焼く。
3. きゅうりとにんじんを加えて一混ぜし、途中で返して合計1分焼く。
4. 具材を向こうへ寄せ、手前に合わせ調味料を入れて、煮立ったら茗荷を入れて
  全体をあえる。

【メモ】
しばらくおいても美味しいお惣菜。
多めに作って重宝しそう。焼きそばに乗せてみようかなぁ。


7月【4】デリーモ式 バニラアイスクリーム

IMG_9384X.jpeg

自家製アイスクリーム、いかが?
卵は使いませんよ。

【材料】
ホワイトチョコレート__________120g
生クリーム_______________200cc
バニラビーンズ_____________1/2本
(バニラエッセンスでも可)
コンデンスミルク____________20g

【作り方】
1. ホワイトチョコと生クリーム70ccを一緒にレンジ600Wで30秒加熱し、混ぜる。
  ホワイトチョコが完全に溶けるまで30秒の加熱と攪拌を3回か4回繰り返す。
 バニラビーンズを使う場合は、ここにタネをしごいて加える。
2. 冷めないうちに、コンデンスミルクを加える。
3. 生クリーム130ccを泡立てる。ボソボソした感じまで泡立てて、混ぜ合わせる。
  バニラエッセンスを使用する時は、ここで加える。
4. バットなどに流し、ラップでおおい、冷凍庫で2時間以上冷やす。
5. 完全に固まったら、盛り付ける。

【メモ】
昔からある、凍らせる途中でかき混ぜる作り方、面倒で時間がかかるイメージ。
今回は2時間冷凍庫に入れておけば出来上がり!
お馴染み「デリーモ」のレシピです。
どうぞYouTube「KAZUAKIショコラティエ」で確認を。
硬めに泡立てた生クリームが、空気を含んでくれて滑らか。
試してみてね。
 
posted by さちこ at 00:00| レシピ2022

2022年06月22日

6月のお料理教室

本格的な梅雨シーズン、いかがお過ごしでしょう。
寒暖差が身体に堪えるのを、実感しております。
さて、そんな毎日ですが、頂くものは美味しく楽しくね。
「入梅ランチ」です。


6月【1】花巻クリーム蕎麦

IMG_9245.jpeg

青海苔の香りが絶品!
鯛のアラって、良い味出しますね。

【材料】
蕎麦乾麺________________400g
生青海苔________________1/2パック
生クリーム_______________100cc
鯛のアラ________________1匹分
濃縮タイプ麺つゆ____________50cc

【作り方】
1. 水洗いした鯛のアラを鍋に入れて水を1リットル加え、
  強火にかけ、沸騰したらアクを取り、弱火にして20分煮て出汁をとる。
2. 乾麺の蕎麦は表示の時間通りに茹でる。
3. 鯛出汁400ccに麺つゆで味加減し、青海苔と生クリームを加え、つけ汁を作る。
4. 茹でた麺は水で洗い、ザルに盛り付ける。
5. つけ汁は、熱くして四等分する。

【メモ】
「浮雨」さん(埼玉県 浦和)のメニューです。
実際にはまだ頂いておりませんので、今のところ空想料理。
確かめに行きたいです!


6月【2】ハーブイワシ

IMG_9287X.jpeg

入梅鰯の美味しい季節に、ぜひ。

【材料】
イワシ_________________6尾
パン粉_________________1/2カップ
オリーブオイル_____________大さじ2杯
フレッシュハーブ塩

【作り方】
1. イワシは頭を落とし、腹を出して、手開きする。
  半身にして、背鰭、腹骨をすき取り、軽く塩を振る。
2. パン粉に、みじん切りしたハーブを混ぜておく。
3. 耐熱の器に、鰯の水気をとって並べ、混ぜておいたパン粉を振る。
  オリーブオイルを均等にかけ、軽く焦げ目が付くまで焼く。
※ 魚焼きグリル、オーブントースター、どちらでも作れます。

【メモ】
シンプルで美味しい鰯料理。
グリルにお任せ!
今回は、ベランダガーデンが活躍しております。
もちろん、ドライハーブでも美味しく出来ますよ。


6月【3】枝豆ナンプラー風味

IMG_9297X.jpeg<¥

毎年出てくる枝豆レシピ。
今年は今井真美さんのご本から。

【材料】
枝豆__________________400g
オリーブオイル_____________大さじ1杯
ナンプラー_______________大さじ1杯
バター_________________15g
ニンニク________________1欠片

【作り方】
1. 枝豆は塩茹でしておく。冷凍の場合は茹でて解凍する。
2. フライパンにオリーブオイルとすりおろしニンニクを入れ、
  弱火で狐色になるまで加熱。
3. バターを入れ、茹でた枝豆を加え、ナンプラーを回しかけたら、
  火を強めて水分を飛ばす。

【メモ】
冷凍を使うと塩分が多くなるので、ナンプラーは控えめに。
バターとナンプラーだけでも、美味しくいただけます。
お酒のおつまみだけでなく、おやつにも。


6月【4】チョコレートちぎりパン

IMG_9292X.jpeg

最近流行りの「ちぎりパン」。
便乗してみました。

【材料】
強力粉_________________220g
ココア_________________15g
塩___________________3g
砂糖__________________20g
インスタント・イースト_________3g
バター_________________25g
生クリーム_______________30g
水___________________150g
チョコレート______________80g

【作り方】
1. 強力粉、ココア、塩を混ぜる。
2. 生クリームに水を混ぜて、レンジ600wで1分間加熱する。
3. 砂糖にイーストを混ぜておく。
4. バターはポマード状になる程度、温めておく。
5. ボールに (1.) の粉を入れ、(2.) の水分を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
6. バターを加え、下から掬い上げるように混ぜて、馴染ませる。
  ラップをかけて30分、2倍の大きさまで膨らませる。
7. 台に打粉をして、生地を出し、潰すように広げたら16等分に切る。
8. ひとつずつ、潰して畳むようにして伸ばし、チョコレートを包む。
9. オーブンシートを敷いたバットなどに並べ、ラップをかけ、常温で30分発酵する。
10. 強力粉(分量外)を表面にふり、焼き上げる。オーブン150度で25分。
  焼けたらすぐに台に打ち付けるようにし、型を外す。

【メモ】
お馴染みデリーモのレシピです。
YouTube「KAZUAKIショコラティエ」でも、確認してくださいね。
勝手ながら、お砂糖を減らしています。
バットはお家にあるものでどうぞ。
練らないパンづくり、マイブームです。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2022

2022年05月18日

5月のお料理教室

今年の梅雨入りは早そうな気配。
束の間の晴れを、楽しみましょう。
今回は「フルーツたっぷりランチ」を、召し上がれ。


5月【1】レモン炒飯

IMG_9195.jpeg

季節に合った、爽やかな炒飯です!

【材料】
鮭の切り身_______________2切れ
レモン_________________1/2個
レタス_________________8枚
きゅうり________________1本
卵___________________3個
ご飯__________________茶碗4杯
塩、胡椒、醤油_____________適量
サラダ油________________大さじ4杯
ごま油_________________適量

【作り方】
1. レモンは皮ごと薄い銀杏切り。
  きゅうりは笹打ち、レタスはシャキッとさせて、一口大にちぎる。
2. 鮭は焼いて皮と骨を外し、ほぐしておく。卵は解きほぐして塩少々を入れる。
3. フライパンにサラダ油を入れ、強火で熱し、溶き卵を入れ、ご飯を入れて
  押さえるようにほぐす。
4. レモン、鮭を入れざっと合わせたら、塩胡椒で調味する。
  鍋肌から醤油を少量加え、キュウリとレタスを入れて、軽く合わせる。
  香り付けにごま油を一回しする。

【メモ】
レタスの入る炒飯は、よく見かけます。
ここではさらにレモン!
サラダのような、軽いお味。
国産のレモンがあればこそ。
皮の苦みも、良いアクセントです。


5月【2】いちごの白和

IMG_9192.jpeg

路地もののイチゴも、そろそろ終わり。
デザート以外のイチゴは、いかがでしょう。

【材料】
イチゴ_________________10粒
スナップエンドウ____________15本
絹豆腐_________________100g
白ゴマペースト_____________大さじ2杯
炒りごま________________大さじ1杯
出汁醤油________________大さじ1杯

【作り方】
1. スナップエンドウの筋を取り、塩茹でする。
  イチゴはヘタをとり、半分に切る。
2. すり鉢に豆腐を入れて、滑らかになるまですり、
  白胡麻ペースト、出汁醤油、炒りごまを入れてすり合わせる。
3. 全て混ぜ合わせ、盛り付ける。

【メモ】
時間が経つとイチゴから水分が出てしまいます。
下拵えしておいて、和えるのは食べる直前にお願いします。
春を食べている感じがしますよ。


5月【3】エノキ茸と梅のスープ

IMG_9211.jpeg

シンプル!簡単。
「主婦の味方」参上です。

【材料】
エノキ茸________________1袋
梅干し_________________2個
水___________________600cc

【作り方】
1. 鍋に水と梅干しを入れ、火にかける。
2. エノキ茸の石突部分を切り落とし、長さを三等分に切り、鍋に入れて煮る。
3. 梅をつぶし、塩加減を見て仕上げる。

【メモ】
出汁は要りません。
きのこパワーで、ちゃんと美味しい。
梅干しの塩分で、多分充分。
エノキ茸は、カットして冷凍が可能ですし、あとはお湯を沸かすだけ〜


5月【4】ミント風味のスイカ

IMG_9184.jpeg

組み合わせが面白い、良いデザートを発見。

【材料】
スイカ
ミントキャンデー

【作り方】
1. スイカを食べ良い大きさに切り分ける。表面の種は取り除く
2. 食べる直前に、ミントキャンデーを砕いて、スイカにかける。

【メモ】
砕いてかけるだけ。
お教えするのも、可笑しいくらいですが、スイカの新しい楽しみ方。
やってみてね。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2022

2022年04月20日

4月のお料理教室

突然、夏日が来て、周りが初夏の景色になりました。
もうすぐゴールデンウィーク。
今年は、遠出なんか計画しても良いのかな?

今回は初夏らしい食材で、「爽やかランチ」です。
作り置き出来るものが多いので、どうぞご利用は計画的に!

今井真美さんのご本から、三品作っています。
『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』(KADOKAWA)
『いい日だった、と眠れるように 私のための私のごはん』<(左右社)
この二冊。どれを試しても美味しいです! 尊敬〜

  


4月【1】塩鰹のたたき

IMG_8788X.jpeg

鰹の食べ方、「塩をする」って斬新。

【材料】
鰹___________________1柵(サク)
塩___________________1%を目安に
ニンニク________________3欠け
オリーブオイル_____________大さじ3杯

【作り方】
1. 鰹に満遍なく塩をふりかけ、キッチンペーパーで包む。
  保存袋に入れ、空気を抜き冷蔵庫で半日から1日寝かせる。
2. ニンニクをスライスして、フライパンに入れ、
  オリーブオイルを加えたら弱火にかけ、少し色がついたら取り出す。
3. 鰹の水気を拭き取り、同じフライパンを強火にして軽く焼く。
  焼き色がついたら、裏返してさっと焼き、すぐに切り分ける。
  ニンニクを添える。

【メモ】
目から鱗のお味!
是非お試しください。前日からのご用意を。
薬味はなしで充分。1%の塩が食材の旨味を引き立てます。


4月【2】にんじんトマト

IMG_9003X.jpeg

味付けは塩だけ。

【材料】
ニンジン________________大きめ1本
トマト_________________小1個
塩___________________適量

【作り方】
1. ニンジンは皮のまま、薄めに切る。トマトは角切り。
2. フライパンに、にんじん、塩少々を入れ、弱火でしんなりするまで5分ほど炒める。
3. トマトを加え、崩しながら3分ほど炒める。味を見て、塩加減する。

【メモ】
簡単です。
トマトにはグルタミン酸がたっぷり。
冷めても美味しいので、翌日のお弁当や、トーストの上にも。


4月【3】わかめのジュレ

IMG_9031X.jpeg

塩わかめをモミモミ。
(写真は、冷たい麺の上にトッピングしました)

【材料】
塩わかめ________________80g
塩___________________小さじ1/4

【作り方】
1. 塩わかめはよく水洗いして、ぬるま湯に15分以上漬ける。
2. 完全に水を吸ったら、ザルに上げ、ボールに戻して揉む。
3. 全体にネバネバして柔らかくなったら、塩小さじ1/4加え、
  ミキサーかブレンダーでペースト状にする。

【メモ】
冷蔵で一週間、冷凍で1ヶ月保存できます。
酢の物はもちろん、お味噌汁に浮かべたり、麺料理に乗せたり。
そのまま麺つゆで食べても美味しいです。
ちょっと面倒なワカメが、すぐ食べられて、登場の頻度が上がりました。


4月【4】ヨーグルト・ブラマンジェ

IMG_9011X.jpeg

ヨーグルトのおかげで、軽い食感。

【材料】
牛乳___________________130cc
砂糖___________________45g
ゼラチン_________________5g
ヨーグルト________________250g
オレンジなど

【作り方】
1. 鍋に牛乳と砂糖を入れて中火にかける。
  沸騰寸前にゼラチンを振り入れてよく溶かして濾す。
2. ヨーグルトを混ぜてなめらかにしておく。
  全て混ぜ合わせ、なめらかになったら型に入れて冷やし固める。
3. 好みの果物をカットして、トッピングする。

【メモ】
添えるフルーツは時期のものをどうぞ。
イチゴ、柑橘類など酸味があるものが、お勧め。
生クリームをプラスしても美味しいです。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2022

2022年03月23日

1月のお料理教室

さて、長いマンボウが泳ぎ去って、やっと今年初の実施となりました。

今回は「白いランチ」でございます。
本当は1月に作るはずのお料理でした。
まだ何とか、食材があるので、作ることにいたしました。


1月【1】牡蠣のクリームソース

IMG_8628X.jpeg

冬の楽しみの一つ。牡蠣が美味しい〜

【材料】
牡蠣(加熱用)_____________300g
玉ねぎ_________________小1個
エリンギ________________2本
ブロッコリー______________適量
小麦粉_________________大さじ1杯
バター_________________大さじ1杯
牛乳__________________200cc
生クリーム_______________100cc


【作り方】
1. 牡蠣の下処理をする。分量外の片栗粉大さじ1杯を牡蠣にまぶし、
  汚れを吸わせて水洗いする。ザルにあげておく。
2. 玉ねぎ、エリンギは同じくらいの大きさの角切りにしておく。
  ブロッコリーは小房に分けておく。
3. 牡蠣に小麦粉をまぶし、バターでぷっくりするまで焼き、取り出しておく。
  同じ鍋に玉ねぎとエリンギを入れて、塩をひとつまみ加えて炒める。
  蓋をして、弱火で火を通す。
4. 牛乳と生クリームを入れ、沸騰する前に牡蠣を戻す。
  味を見て加減し、沸いてきたらブロッコリーを入れ、軽く煮たら盛り付ける。

【メモ】
寒い季節、風邪の予防にもいかがでしょう。
せっかくの牡蠣を、煮込みすぎないことだけ、心がけてくださいね。
野菜はお好みで、小松菜なども手軽で美味しいです。


1月【2】カブのロースト

IMG_8549X.jpeg

寒い時期のカブ、甘いです!

【材料】
カブ__________________4個
ブルーチーズ
オリーブオイル

【作り方】
1. カブはよく洗い、厚さ5mm程度に切る。
2. オリーブオイルで焦げ目がつくまで両面焼く。
3. 皿に盛り付け、ブルーチーズをちぎって乗せる。

【メモ】
焼いて食べる野菜、美味しさが濃縮される感じです。
葉物野菜も、焼くと茹でた時とは別の味が出てきます。
癖のないカブに、曲者?ブルーチーズ。お試しあれ〜


1月【3】キャベツのベトナム風

IMG_8497.jpeg

これは止まらない!
サラダのような、おひたしのような?

【材料】
キャベツ________________お好きなだけ
ゆで卵_________________2個
ナンプラー_______________20cc
砂糖__________________小さじ2杯
お湯__________________50cc

【作り方】
1. キャベツを食べやすい大きさに切り、茹でる。ゆで卵を作り半分に切る。
2. ナンプラー、砂糖を入れた器に熱湯を加えて溶かす。
  ゆで卵を一人に一切れ入れて人数分に分ける。
3. 水分を切った茹でキャベツを、タレにつけて食べる。

【メモ】
手軽にキャベツの大量消費。
レタスでも美味しそうですね。


1月【4】フィナンシェ

IMG_8623X.jpeg

今月も、デリーモさんのレシピから。
お勉強中です。

【材料】 〔8個分〕
バター__________________60g
薄力粉__________________25g
アーモンドプードル____________25g
きび砂糖_________________50g
卵白___________________60g

【作り方】 〔オーブン予熱200度、焼き上げ190度で15分〕
1. 薄力粉とアーモンドプードルを合わせて振るう。
2. バターを焦がす。
  小鍋で混ぜながら、強火の中火で濃い目の茶色になるまで加熱したら、
  鍋底を水につけて、温度を下げて色を止める。
3. 卵白に砂糖を加え、泡立て器でよく混ぜる。粉を入れ、混ぜる。
4. 焦がしたバターを入れて混ぜる。バターは50度くらいが望ましい。
5. 型に流して焼き上げる。

【メモ】
改めてデリーモさんのレシピに挑戦。
(砂糖は減らしました)。
「焦がしたバターを濾さない」・・これは良い!
網が油で汚れるの、キライ、です。
意外なくらいシンプルな材料で手軽。
卵白は冷凍していたものを使用。
フィナンシェ型を持っていないので、今回はマドレーヌ型で焼きました。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2022

2022年01月17日

1月のお知らせ

雪が降って、冬らしい空気の冬です。
お変わりありませんか?
我が家は相変わらず、「おせち」はスルー。
と、思っていましたが、意外にアレコレ作ってしまいました。

百合根きんとん
IMG_8594.jpeg

甘栗きんとん、黒豆、胡桃羊羹
IMG_8584X.jpeg

あら、甘いものばかり・・・

予定ではお料理教室開催!でしたが、残念ながら延期ということになりました。
ちょっぴりおせちを見ていただいて、ご挨拶がわりといたします。
二月はきっとマンボウも遠くへ泳ぎ去ると信じて、待つとしましょう。


posted by さちこ at 17:07| 日記2020〜

2022年01月01日

2022年 明けましておめでとうございます。

IMG_8573.jpeg

皆様、どのような新年をお迎えでしょう。
昨年は、コロナの影響で、ややお休みの多いブログでした。
今年こそは、毎月更新を目指して参りたいです。
食べることは健康の基本、改めて大切にしたいですね。
今年もご贔屓に。

posted by さちこ at 00:00| 日記2020〜

2021年12月22日

12月のお料理教室

今年は回数が少なくて、なんだか不完全燃焼な一年でございました。
とはいえ、師走。
お正月に役立ちそうなものをと、考えました。
お正月シミュレーション 中華ランチ、かな?
『dancyu』に掲載の「酒徒」さんのレシピから三品作っています。

注)酒徒さんのレシピには、分量が指示されていません。
  読者の裁量に任されています。


12月【1】中華風お稲荷さん

IMG_8153.jpeg

中国にはたぶん無い?と思われます。

【材料】 〔12個分〕
〔お稲荷さんの皮〕
油揚__________________6枚
砂糖__________________大さじ1杯
みりん_________________大さじ1杯
醤油__________________大さじ1杯
五香粉_________________小さじ1杯
水___________________200cc
〔炊き込みご飯〕
米___________________2合
ごぼう_________________120g
アサリ缶詰_______________1缶
紹興酒_________________50cc
オイスターソース____________大さじ1杯
醤油__________________小さじ1杯
胡麻油_________________小さじ1杯
〔薬味〕
針生姜
香菜

【作り方】
1. 油揚は、クッキングペーパーで巻いて、しっかりと絞り、水分と油分を抜く。
  半分に切り、袋状にあける。鍋で煮て、ザルに上げておく。
2. 米は研いでザルに上げておく。牛蒡は皮のまま5mm角に切る。
  胡麻油で炒め紹興酒を加えて、一煮立ちする。
3. 炊飯器に米を入れ、アサリ缶の水分を入れる。
  ごぼうの煮汁、オイスターソース、醤油を加え、水加減する。
4. 牛蒡を乗せて炊飯。
  炊き上がったらアサリの身を加えて、混ぜ12等分して油揚に詰める。
5. 香菜と針生姜を添える。

【メモ】
おせちのお重。料理が寂しくなってきたら、お稲荷さんを詰めるのも悪く無いです。
食べてみると意外なお味。
ちょっと驚いていただいてみては?


12月【2】山薬蛋花湯

IMG_8496.jpeg

薬?ではなく、山薬(さんやく)は長芋のことでした。
ちょっとビックリ。

【材料】
長芋__________________10cm
人参__________________5cm
卵___________________2個
チキンスープ______________600cc
生姜__________________千切り
青ネギ_________________小口切り

【作り方】
1. 鍋に油を入れ、生姜の香りが立つまで炒める。
  スープを入れ人参を加えて、柔らかくなるまで煮る。
2. 卵は溶いて、塩少々を加えておく。
  長芋は皮をむき、ビニール袋に入れてスリコギなどで叩き、細かくしておく。
3. にんじんが柔らかくなったところへ、長芋を入れ、塩加減する。
  溶いておいた卵を流す。
4. 青ネギを散らす。

【メモ】
汁物のバリエーションが増えると、便利便利。
長芋が残っていたら、試してください。
体が温まります。


12月【3】蓮根の細切り炒め

IMG_8490.jpeg

蓮根も、煮込むだけでなく、炒めても美味しいです。
シャキシャキ。

【材料】
蓮根__________________1節
ピーマン________________2個
生姜


太白胡麻油_______________大さじ2杯〜3杯

【作り方】
1. 蓮根は繊維に沿って、細切りにして酢水に漬ける。ザルに上げておく。
2. 生姜、ピーマンも細切りにしておく。
3. フライパンに油を温め、生姜、蓮根、ピーマンの順に炒め、酢、塩で味付けする。

【メモ】
多めの油がポイントです。
家庭ではついつい控えめになってしまいますが。
それはそれで、安心感。


12月【4】抹茶シフォンケーキ

IMG_8509X.jpeg

最近人気(マイブーム?)のデリーモさん。
先月に続いて、今月も作ります!
シフォンケーキが失敗なく出来上がり。

【材料】 〔直径17cm シフォン型1台分〕
全卵___________________4個
キビ砂糖_________________100g
ホワイトチョコレート___________30g
水____________________80g
薄力粉__________________80g
ベーキングパウダー____________3g
抹茶パウダー_______________12g

【作り方】 〔オーブン予熱180度、焼き上げ170度で50分〕
1. 大きいボールと小さいボールを用意する。
  大きい方に卵白、小さいほうに卵黄を入れる。
2. チョコレートに水を加え、レンジ600wで30秒加熱を2、3回して溶かす。
3. 薄力粉、抹茶、ベーキングパウダーを合わせて、3回振るう。
4. メレンゲを作る。
  卵白にキビ砂糖を一度に加え、ミキサー高速で5分、中速で1分泡立てる。
5. 卵黄に溶かしたチョコレートを混ぜる。
  ふるっておいた粉類を加え、しっかりとよく混ぜる。
6. 卵黄のボールにメレンゲを4分の1、ホイッパーで混ぜてから、
  メレンゲのボールに戻してヘラでよく混ぜる。
7. 型に流し、竹串で中心から外に向かってぐるぐると、20回ほど円を描くようにする。
8. オーブンで焼く。
  焼き上がったら、直ぐに逆さまにして完全に冷まし、ナイフなどで型から外す。

【メモ】
お正月の気分で、抹茶にしてみました。
小倉餡、生クリームなど、お好きなものを添えて。
少しのベーキングパウダー、油の代わりにチョコレート。
失敗の要素を減らしてある、良いレシピです。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2021

2021年11月24日

11月のお料理教室

早くも11月。
今回は12月に向けての献立です。
クリスマスを通り越して、大晦日のお蕎麦が一番のおすすめ。
そんな師走前の 大急ぎランチ、いかがでしょう。


11月【1】ピーナッツ・ピータン・ピーマン蕎麦

IMG_8155.jpeg

この組み合わせは、考えつかなかったなぁ。
さすが本職のお蕎麦屋さんは偉い!

【材料】
蕎麦(乾麺)_______________400g
ピーナッツペースト(無糖タイプ)_____大さじ4杯
麺つゆ(濃縮タイプ)___________60g
出汁___________________400g
ピータン_________________2個
ピーマン_________________2個

【作り方】
1. 濃縮タイプの麺つゆを出汁で伸ばし、ピーナッツペーストを加えてよく溶かす。
2. 乾麺を指定の時間茹でる。ピータンは一個を8切れくらいに切る。
  ピーマンは太めの千切りにしておく。
3. 温めた器に麺を分けて盛り、熱い出汁をかけ、ピータンとピーマンを添える。

【メモ】
ネットで見かけて、美味しそうだったのでチャレンジ。
これはイケる!クルミや胡麻と同じ扱いです。
是非とも皆さんにも、召し上がっていただきたいです。
熱いお蕎麦を熱い汁でどうぞ。

お蕎麦屋さんには「直実(なおざね)」って言う謎の言葉があるのだとか。
熱い盛り蕎麦「敦盛(あつもり)」に掛けているそうです。へぇ〜
平家物語が一般常識だった時代は、遥か彼方。

(Yahoo! ニュースより)そば屋の隠語「直実(なおざね)」って何? 都内の超老舗店がツイートして話題に「本当に粋」「試してみたい」


11月【2】ニラ厚揚げ

IMG_8149.jpeg

思いつきで作ってみたら、あら美味しい、という簡単な一品。

【材料】
厚揚げ_________________2枚
ニラ__________________1束
片栗粉_________________大さじ2杯
ごま油_________________大さじ2杯
濃縮麺つゆ_______________大さじ2杯

【作り方】
1. 厚揚げは角切りして、キッチンペーパーなどで水気をよく切る。
  片栗粉を全体にまぶして、ごま油でこんがり焼く。
2. 濃縮麺つゆをかけて、ニラを加えてしんなりしたら盛り付ける。

【メモ】
味付けはいろいろ変化の途中です。
今回はお蕎麦のお供なので、和風で。
「サテトム」という刺激的な調味料もよく合います。
お試しあれ。



11月【3】エリンギのピカタ

IMG_8382.jpeg

ピカタといえばお肉系?
きのこも美味しいですよ。

【材料】
エリンギ________________3本
小麦粉
卵___________________1個
バター
塩胡椒

【作り方】
1. エリンギは2mm程度の厚さに切る。軽く塩胡椒する。
2. 小麦粉を薄くまぶし、溶き卵の衣をつけてバターで焼く。

【メモ】
エリンギの質感がお肉のような満足感。
旨味もたっぷりで、これは作ってみて頂きたい。
お弁当に入れても良さそうです。


11月【4】大人のパウンド・ショコラ

IMG_8392.jpeg

ちょっとリッチな配合です。
クリスマスですもん。

【材料】 〔パウンド型1台分〕
ビターチョコレート(カカオ70%)_____100g
チョコチップ_______________20g
ミルクチョコ(カカオ40%)________30g
バター__________________35g
卵____________________2個
砂糖___________________35g
アーモンドパウダー____________15g
ベーキングパウダー____________2g
薄力粉__________________15g

【作り方】
1. 卵は必ず室温に戻しておく。粉は合わせて、3回ふるう。
  型に合わせてオーブンペーパーを敷き込んでおく。
  オーブンは190度で予熱しておく。
2. ビターとミルクのチョコレート2種類と砂糖、バターを一緒にレンジで加熱して
  溶かす。(レンジ600w、30秒を2回か3回)
3. 卵を加え泡立て器で、よく混ぜる。
4. 粉を加えて、泡立て器で混ぜ、ヘラに変えて底から擦り上げるように混ぜ、
  チョコチップを加える。
5. 型に生地を流し入れ、170度で45分焼き上げる。
6. 焼き上がったら、熱いうちに型から外し、ラップで包んで冷ます。

【メモ】
この味は大人です。
お酒と一緒に楽しんでも良さそう。
ちょっぴり張り込んで、いいチョコレートを使えば、間違いなしですよ。
デリーモの江口ショコラティエ、YouTubeで手順を見せてくれています。どうぞ参考に!

posted by さちこ at 00:00| レシピ2021

2021年10月20日

10月のお料理教室

長い長い夏休み、いただきました。
ややおとなしくなったコロナ。もう良いかい?

本当に久しぶりのお料理教室です。
今月は、夏に出会ったカレーでランチ
10月なのに暑いしね?


10月【1】南インド風 ラム・カレー

IMG_8294.jpg

ジップロック・コンテナ(正方形 1100ml)を2つご用意ください。

【材料】
〔カレー〕
ラム___________________200g
玉ねぎ__________________60g
にんにく_________________1/2片
生姜___________________約4g
シシトウ_________________3本
コリアンダー_______________4g
クミンパウダー______________1g
ターメリック_______________1g
カイエンペパー______________1g
ブラックペパー______________1g
ガラムマサラ_______________2g
サラダ油_________________15g
塩____________________4g
トマト__________________60g
ココナッツミルク_____________100g
パクチー_________________5g
サラダ油_________________10g
マスタードシード_____________2g
カレーリーフ_______________5枚
〔ライス〕
バスマティマライス_____________150g
水____________________300g
サラダ油_________________5g
塩____________________2g

【作り方】
〔カレー〕
1. ラム肉から塩まで、コンテナに全て混ぜる。
  蓋を一ヶ所外して閉め、600Wのレンジで8分間加熱。
  一度取り出し、トマト、ココナツミルク、パクチーを加えてざっと混ぜ、
  さらに4分加熱。
2. 小さい鍋にサラダ油を中火にかけ、マスタードシードを入れる。
  パチパチと言う音が弱まったら、カレーリーフを加え、1に加えて混ぜる。
〔ライス〕
1. ライスの材料を全てコンテナに入れ、20分以上浸水する。
2. 蓋を一箇所外して閉めレンジで加熱する(600Wで6分、100Wで8分)。
4. 蓋をしっかり閉め、逆さにして5分蒸らす。

IMG_8291.JPG

【メモ】
ジップロックの回し者?疑惑。
ダンチュウ8月号「スパイスとカレー。」のレシピです。
コンテナがあれば、水分が少なくても蒸し煮ができて、本当に便利。
他のお料理にも使ってみてくださいな。
コンテナのサイズは〔正方形 1100ml〕です。

辛いのがお好きな方は、シシトウでは無く青唐辛子で。お肉はお好みで。
一度に出来る量は、やや少ないです。2〜3人分。
でも、暑い時期には大助かりな作り方。
長粒米も失敗なく炊けます。
化学実験のようで、面白いので、お試しくださいませ。


10月【2】ナスのインド風

IMG_8097.jpeg

こんな食べ方はいかが?

【材料】
ナス__________________2本
ターメリック______________小さじ1杯
クミンパウダー_____________小さじ半分
レッドペッパー_____________少々
塩___________________小さじ半分
マスタードオイル____________大さじ3杯
ヨーグルト_______________100g

【作り方】
1. ナスは1cm強の厚さで輪切り。片面に格子状に切り目を入れる。
2. スパイスと塩を混ぜ、ナスの両面に塗り5分おく。
3. フライパンにマスタードオイルを中火で熱し、格子を入れた面から焼く。
  両面こんがりするまで焼いたら、ヨーグルトをかける。

【メモ】
ヨーグルトは無くても、焼いただけで美味しいです。
カレーの付け合わせにいかがでしょう。


10月【3】枝豆のナムル

IMG_8085.jpeg

辛いものには、ひんやり優しいナムル

【材料】
枝豆__________________1袋
絹豆腐_________________100g
長ネギ_________________10cm
塩___________________小さじ1/3杯
ごま油_________________大さじ1杯
いりごま

【作り方】
1. 枝豆を茹で、皮を剥く。
2. 豆腐は崩し、塩、ごま油、みじん切りの長ネギ、いりごまを混ぜる。
3. 全ての材料を混ぜ、盛り付ける。

【メモ】
毎年新しい枝豆の食べ方が出てきます。
今回はナムル。
手抜きをするなら、すでに茹でてある枝豆を惣菜コーナーでゲット。
ハズレがないので、案外コスパが良いですよ。


10月【4】水のゼリー

IMG_8147.jpeg

これは何?・・・ちょっと不思議なお菓子です。

【材料】
水____________________250g
アガー__________________小さじ2杯
黒蜜
きなこ

【作り方】
1. 水にアガーを加え、溶かすようによく混ぜ、火にかけ、
  90度まで加熱しながら、アガーを溶かす。
2. 型に流し、冷やして固める。冷蔵庫で4時間から6時間。
3. 器に出し、きなこと黒蜜を添える。

【メモ】
辛いカレーの締めは、冷たいゼリー。
お水は、美味しい天然水などご使用くださいませ。
お急ぎなら、小さい型を使い、氷水で急冷してください。
召し上がるときには、お好きなアレンジでどうぞ。
ガリガリ君と合わせても、猛暑の日には美味しいです。

ご参考「アガー・ゼラチン・寒天の違い 使い分け方&レシピ集」(富澤商店)


posted by さちこ at 00:00| レシピ2021

2021年09月07日

9月のお知らせ

IMG_8108.jpeg

寒くなりました。
不思議なお天気ですね。
野菜の値段も乱調なのが困ったところ。

さて、コロナめが悩ましく、9月のお料理教室も、夏休みに続いてお休みにします。
秋は美味しいものがいっぱいなのに、残念です。

10月こそ!と願うのでした。


IMG_8119.jpeg

写真の一皿は、「松仁玉米(松の実ととうもろこしの炒めもの)」
酒徒(しゅと)さんと言う方のレシピで作りました。
組み合わせの妙です!
この時期にこそ美味しく頂けます。
八百屋さんに新鮮なトウモロコシがあったら、お試しくださいね。
https://note.com/chijintianxia

 
posted by さちこ at 14:47| 日記2020〜

2021年08月13日

残暑お見舞い申し上げます

IMG_8060.jpeg

7月にかわいい花が咲きました。爽やかな香りが嬉しい。
グレープフルーツ、いくつ出来るかな?

IMG_8078.jpeg

立秋が過ぎ、小さな実がなりました。
この夏の暑さは、歓迎されている様子。

8月も残り半分、元気に秋を迎えたいですね。
9月の献立をお楽しみに〜

posted by さちこ at 16:34| 日記2020〜

2021年07月14日

7月のお料理教室

暑さもそろそろ本格的になる季節です。
今回はレンジを使って、暑くない煮込み料理。
加熱しないスープ。
この夏、助けてくれそうなモノを、作ります。
楽ちんランチ! スタートです。


7月【1】煮込みハンバーグ

IMG_7989.jpeg

加熱時間7分で、出来上がり!
ご贔屓「山本ゆり」さんのレシピです。https://ameblo.jp/syunkon/

【材料】
合い挽き肉________________250g
玉ねぎ__________________半分
卵____________________1個
塩____________________小さじ半分
パン粉__________________大さじ4杯
牛乳___________________大さじ4杯
トマト缶詰________________半分
焼肉のたれ________________大さじ2杯

【作り方】
1. 玉ねぎはみじん切りにして、炒めて冷ましておく。
  合い挽き肉に、パン粉、牛乳、卵、塩、炒め玉ねぎを加えて、軽く混ぜる。
2. コンテナにトマト缶と焼肉のタレを混ぜ、ハンバーグのタネを、4等分して丸め、
  そっと4隅に入れる。
3. 蓋を一箇所切って閉め、レンジ500Wで5分加熱する。
  そっと裏返して2分加熱。
4. 盛り付けて、残ったソースをかける。

【メモ】
簡単すぎて、拍子抜け。
タネのコネ加減は荒め目がいいです。
お好きな方は、チーズを後から乗せてみて。
残ったソースに、キノコなど加えて、再加熱すると、一段とご馳走。


7月【2】アスパラの春巻き

IMG_7929.jpeg

春巻きは、中身が自由自在で、いい料理法ですね。

【材料】
春巻きの皮_______________8枚
グリーンアスパラガス__________8本
ちりめんじゃこ_____________大さじ4杯

小麦粉_________________大さじ1杯
水___________________大さじ1杯

【作り方】
1. 春巻きの皮に、半分の長さに切ったアスパラと、ちりめんじゃこを置き、
  巻いて小麦粉のノリで止める。
2. 少量の油で揚げ焼きする。
3. 切り分けて盛り付ける。

【メモ】
何もつけなくてもいい塩加減。
美味しくいただけますよ。


7月【3】べリーヌ(きゅうりのスープ)

IMG_7957.jpeg

涼しいスープ、いかが?
ミキサーで混ぜるだけよ。

【材料】
きゅうり________________3本
ニンニク________________半かけ
ヨーグルト_______________大さじ3杯
バジル_________________7枚
オリーブオイル_____________大さじ3杯
塩コショウ
〔トッピング〕
 トマト________________半分
 松の実________________大さじ1杯

【作り方】
1. きゅうり以下、トッピング以外の材料を全てミキサーで滑らかになるまで混ぜる。
  トマトは5mm角に切り、松の実は軽く乾煎りしておく。
2. 器に盛り付け、トッピングを添える。


【メモ】
口の中が涼しくなるスープ。
作る時も暑くないのが幸せ、です。


7月【4】豆腐の生姜シロップ

IMG_7966.jpeg

爽やかなデザート、出来ました。

【材料】
絹ごしどうふ_______________大1丁
砂糖___________________50g
生姜スライス_______________5枚
レモングラス_______________2本
水____________________400cc

【作り方】
1. 鍋に生姜、レモングラススライス、砂糖、水を入れ、沸騰させる。
2. 弱火にして、スプーンで豆腐を小さめにすくって、加える。
3. 蓋をして 3分弱火で煮たら、火を止めておく。
4. 盛り付ける。

【メモ】
冷たくしても、暖かいままでも、美味しくいただけます。
「男前豆腐」がご贔屓ブランド。https://otokomae.jp/
お試しくださいね。
レモングラスがなければ、レモンを加えても良さそうです。
平野レミさんは、絹豆腐で杏仁豆腐を作るそうで、それも試してみたいところ。https://remy.jp/recipe/item/308
暑い季節、手軽にデザートが作れるなんて、幸せです!

posted by さちこ at 00:00| レシピ2021

2021年06月30日

6月のお料理教室

5月お休みいたしました。
ブログ、サボってごめんね、です。
コロナで寝込んだわけではありませんので、ご心配なく。
ワクチン、きちんと2回接種いたしました。

さて、6月最後の1日。
本格的な暑さに向けて心機一転。無事に秋を迎えましょう。
今回はエスニックと、簡単なデザート。
暑気払いランチです。


6月【1】ラープ(スパイシー挽肉サラダ)

IMG_7974.jpeg

以前より、本格的になりました!
バイマックルー(こぶみかんの葉)が入ります。

【材料】
餅米___________________50cc
バイマックルー______________5枚
パクチーの根_______________2株
豚挽き肉_________________150g
〔ソース〕
|ライム果汁______________大さじ2杯
|ナンプラー______________大さじ1杯
|砂糖_________________ひとつまみ
|ニンニク_______________1かけ
|生姜_________________1かけ
|唐辛子________________少量
玉ねぎ__________________小半分
ミント__________________1パック
パクチーの葉_______________2株
レタス__________________1/2個

【作り方】
1. 生の餅米と、バイマックルー、パクチーの根を一緒に乾煎りする。
  目安は米に薄く焦げ色がつく程度。
2. 粗熱が取れたら、ミキサーにかけて細かくする。
3. フライパンに豚挽肉を広げ、押し付けるようにして、焼き付ける。
4. ライム果汁、ナンプラー、砂糖、ニンニクと生姜のみじん切り、
  唐辛子でソースを作る。
5. 大きめの器に、炒り米、炒めた豚ひき肉、玉ねぎのスライス、ミント、
  パクチーを合わせ、ソースをかけて全体に和える。
6. 大きめにちぎったレタスで包んで食べる。

IMG_7971.jpeg

【メモ】
30年前には入手困難だった食材が揃うようになりました。
タイ料理のスパイシー挽肉サラダ「ラープ」。
味が格段に本格的になったと思います。
ぜひ試していただきたいです。
ライムはレモンでも大丈夫。
ミントはベランダで、育ててみてね。

IMG_7979.jpeg

5年前にも作りました。
http://sachiko-table.sblo.jp/article/176639485.html
この時は、イカとエビで。
バイマックルーは入手できず。


6月【2】レモングラス炒飯

IMG_7968.jpeg

ベトナムの味は、夏の味。

【材料】
レモングラス______________2本
ご飯__________________4人分
エビ__________________10尾
玉ねぎ_________________半分
卵___________________2個
サラダオイル
ナンプラー
コショウ

【作り方】
1. レモングラスは根から15cmくらいの部分を、包丁の刃を刺すようにして、
  縦に細かく切れ目を入れ、小口からなるべく細かく刻む。
  玉ねぎは1cm角、エビは殻と背腸をとり、玉ねぎと同じくらいに切る。
2. フライパンに油を熱し、レモングラスを炒める。
  卵を入れ、ご飯を加えて、卵を纏わせるように混ぜる。
3. 玉ねぎ、エビを加え、火が通ったらナンプラーで塩加減する。

【メモ】
レモングラスを細かく切るのに、やや手間がかかります。
鉢植えで、どんどん育っておりますので、召し上がっていただきました。
緑の葉は、刻んでお茶に使います。
お野菜はお好みで、海老でもお肉でも、相性はオッケー。
この季節、コーンや枝豆も彩が綺麗ですよ。


6月【3】枝豆で二品(五香粉と燻製)

IMG_7982.JPG

IMG_7983.JPG

簡単で楽しい、枝豆の副菜を2品ご紹介。

【材料】
枝豆
〔1〕ウーシャンフェン(五香粉)とごま油
〔2〕燻製の素

【作り方】
1. 枝豆は塩茹でして、皮を剥く。
2.〔1〕ごま油とウーシャンフェンを混ぜる。
3.〔2〕燻製の素を同量の水でわり、皮を剥いた枝豆を15分ほどつける。

【メモ】
枝豆のアレンジは毎年のように登場します。
今年は、中華と燻製。
燻製は素を見つけて、楽しんでおります。
『永谷園 業務用 燻製の素』


6月【4】チーズ蒸しパン

IMG_7961.jpeg

加熱時間3分半!
暑い季節の救世主かも

【材料】
プレーンヨーグルト____________80g
砂糖___________________大さじ1杯
卵____________________1個
シュレッドチーズ_____________50g
ホットケーキミックス___________100g

【作り方】
1. コンテナタイプの耐熱容器(容量1リットル)に、オーブンシートを敷く。
2. ボールにプレーンヨーグルトを測り入れ、砂糖と卵を加える。
3. シュレッドチーズを混ぜ、ホットケーキミックスを加える。
4. 均一になったら、オーブンシートの上に流し、蓋の一部を外して閉め、
  500Wで3分半加熱する。

【メモ】
手軽で美味しいおやつの出来上がり。
朝ごはんにもなりそうで、嬉しいホットケーキミックスのアレンジです。
コンテナは生地がくっ付くので、シートを敷く方が、後が楽。
汚れないので、シートの再利用もできちゃいます。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2021