2019年11月28日

11月のお料理教室

ヘッダー2019-11.jpg

霜月です。今月はクリスマスの献立を考えました。
チキン登場!カステラもありますよ。
では、クリスマスの食卓へどうぞ。


11月【1】チキンソテー ブライン液を使って

IMG_5736.jpeg

一晩寝かせる作り方。
ご馳走って、手間をかけること自体が「おもてなし」ですよね。
コストはお財布とご相談ということで。

【材料】
鶏もも肉_______________2枚
水__________________200cc
塩__________________10g
砂糖_________________10g
ブロッコリー、セロリ、小松菜などお好みで

【作り方】
1. 水に塩と砂糖を溶かし、もも肉を保存袋に入れ、空気を抜いて冷蔵庫に保存する。
  最短15分から1日置く。
2. もも肉の水気を取り、冷たいフライパンに乗せ、
  重石をしてやや強めの弱火で焼く。
3. 肉の周囲1cmくらいまで色が白く変わったら、皮の焼き色を見て、
  余計な油を拭き取り、裏返して中火で焼く。
4. もも肉を取り出し、残った油で付け合わせの野菜を加熱する。

【メモ】
味が付いているので、気楽で簡単。もも肉でも、胸肉でも、柔らかく仕上がります。
野菜は、お好きな物をお好みの味付けで、仕上げて下さいね。
写真は根菜にしています。
そのままでも美味しいですが、時間があればソースも作ってみて。
オレンジやニンジンで、甘味を生かして、楽しい雰囲気に。

IMG_5836.jpeg



11月【2】レモンパスタ

IMG_5748.jpeg

国産レモンが使えるこの季節。
ぜひ一度作ってみて下さい。

【材料】
スパゲティ_______________350g
レモン_________________2個
バター_________________20g
にんにく________________1片
白ワイン________________大さじ4杯
ナンプラー_______________大さじ2杯
生クリーム_______________400cc
粉チーズ________________大さじ4杯
黒胡椒

【作り方】
1. パスタを茹でる。
2. レモン一個は皮をすりおろし、果汁を絞る。もう一個は輪切りにしておく。
3. フライパンにバターとニンニクのみじん切り、レモンの輪切りを入れて、
  弱めの中火で炒める。
4. レモンの果肉が崩れてきたら、レモン汁を加える。
  白ワイン以下を、順に加え、その都度かき混ぜる。
5. 茹で上がったパスタを入れてからめ、塩加減を見る。
6. 器に盛り、レモンの皮を散らし、黒胡椒をひく。

【メモ】
食べて驚くこと、皮ごとのレモンが美味しい!
生クリームとチーズがたっぷりなので、ちょっと怖いですケレドモ。
国産のレモンがあるって、安心です。


11月【3】里芋ポタージュ

IMG_5871.jpeg

夏の間はコーンスープ、寒くなったら里芋の出番です。

【材料】
里芋__________________4個
長ネギ_________________2本
豆乳__________________200cc
水___________________200cc


【作り方】
1. 里芋をよく洗い、オーブンで柔らかくなるまで加熱して皮をむく。
  長ネギは1cmの小口切り。
  飾りにする分、隠し包丁を入れて、焦げ目がつく程度に焼く。
2. 鍋にオリーブオイルを入れ、長ネギを炒め、透明感が出たら里芋を加える。
3. 水を加え、ミキサーにかけて滑らかにする。
  豆乳を加え、沸騰しない程度に温める。
4. 塩加減して盛り付け、オリーブオイルを垂らす。

【メモ】
里芋の粘りを活かして、なめらかなスープが出来ました。
長ネギも美味しい季節で、甘味が嬉しいです。
ん? 先月のカシューナッツのスープに写真が似ているかな・・・

<IMG_5867.jpeg



11月【4】台湾カステラ
   〔オーブン150度 60分〜70分〕

IMG_5716.jpeg

高円寺駅そばにある、台湾・淡水名物の「新カステラ」
数年前から、高円寺へ行くと必ず買っていました。
シフォンケーキに近いお味で、軽くてしっとり。
最近レシピを知って、早速トライ。

【材料】 〔18cm角1台分〕
太白ごま油________________70g
薄力粉__________________95g
牛乳___________________85g
卵____________________6個
グラニュー糖_______________100g

【作り方】
1. 型を作る。1日分の新聞紙(6枚〜7枚)を重ねて、54cm角の正方形に切る。
  18cm角の底になるように。切り込みを入れて折り、ホチキスで止める。
  アルミ箔かオーブンペーパーを十文字に2枚敷いておく。
  卵は卵白と卵黄に分ける。卵黄は2個ずつ分けておく。
  ごま油を湯煎で80度にする。牛乳を40度まで温める。
2. ごま油を入れたボールを、火から下ろして薄力粉を一度に加え、
  ホイッパーでかき混ぜる。牛乳を加えて混ぜる。
3. 卵黄を、2個ずつ3回に分けて加え、都度よく混ぜる。
4. 卵白を泡立て、グラニュー糖を3回に分けて加え、しっかりしたメレンゲを作る。
5. 卵黄のボールにメレンゲを3分の1加え、馴染むまで混ぜる。
  メレンゲのボールに、戻して全てを混ぜたら、型に流して表面を均す。
6. オーブン150度で60分〜70分焼き、竹串を刺して焼き加減を見る。
  焼きあがったら、熱いうちに横の紙を剥がしておく。

IMG_5800.jpeg

【メモ】
焼く時間はかかりますが、生地を作る工程はシンプル。
ごま油と薄力粉を混ぜた段階で、粉に熱が入っているので、生焼けでも安心。
焼きたての熱々がオススメですが、冷めてからクリームを挟んでも美味しいです。
紙の型を作るのは、30年前のカステラ以来。懐かしいなぁ。

IMG_5807.jpeg

posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年10月30日

10月のお料理教室

ヘッダー2019-10.jpg

10月の週末行事は、台風?
今月のお教室は30日。月末です。もう来ないでくださいな。
被害の大きさ、広さ、復旧までの時間の長さ。苦しくなります。
農作物にも被害が出て、物価に響きそう。などは、些細な主婦の悩みでございます。
そうは言っても、美味しいものを頂きたい季節。
フルーツとナッツのランチ、召し上がれ。


10月【1】レバーとブドウのバルサミコ煮込み

IMG_5728.jpg

鳥のレバーとブドウの組み合わせです。

【材料】
鳥レバー________________300g
ブドウ_________________150g
バター_________________大さじ2杯
バルサミコ酢______________大さじ2杯

仕上げ用バター_____________小さじ2杯

【作り方】
1. 鳥レバーの下ごしらえをする。
  心臓は半分に切り、血の塊を取り除く。レバーは一口大に切り分ける。
  多めのキッチンペーパーに重ならないように並べ、包んで冷蔵庫に入れておく。
2. ブドウは皮ごと食べられるものを、房から外し、洗っておく。
3. フライパンにオリーブオイルを温め、レバーを焼く。
4. 軽く焦げ目がつくまで焼いたら、バルサミコ酢、ブドウを加え、
  煮詰めるように加熱する。仕上げ用のバターを加える。
5. 塩で調味し、好みで胡椒を加える。

【メモ】
レバーの下ごしらえは、水洗いや牛乳につけるのではなく、キッチンペーパーで水分を吸い取ります。
格段に扱いやすくなります。保存性も上がりますよ。
下処理の方法として、オススメです。
果物は、イチジクやサクランボなど、甘酸っぱいものをお好みで、どうぞ。


10月【2】モロッコ・サラダ

IMG_5612.jpg

山形の「だし」を思い出す、細かく刻むサラダです。

【材料】
きゅうり________________2本
トマト_________________2個
赤玉ねぎ________________半分
コリアンダー______________2株
オリーブオイル_____________大さじ4杯
塩___________________2つまみ
レモン汁________________半分
クミンパウダー_____________小さじ半分
黒胡椒_________________少々

【作り方】
1. きゅうりは、種の部分を取り除いて5mm角に切りそろえる。
2. トマトはタネを除き、5mm角に切る。
  玉ねぎは1mmにスライスしてから、細かく刻む。
  コリアンダーも、細かく刻む。
3. 全てをボールに入れ、オリーブオイルを加える。全体によく絡ませる。
4. 塩、レモン汁、クミン、胡椒を加えて混ぜる。

【メモ】
食べやすいです。
作っておけば、とりわけも楽々。
出来たてを食べても、よく冷やしてからでも。
さっぱりして、色々なお料理に合いそうでしょう?
焼いたお肉に、ソースとしてかけても美味しいですよ。


10月【3】カシューナッツのスープ

IMG_5729.jpg

食べても材料がわからない、不思議なスープ

【材料】
生カシューナッツ____________1カップ
玉ねぎ_________________1個
オリーブオイル_____________大さじ1杯
シメジ_________________1パック
水___________________300cc
牛乳__________________300cc
白味噌_________________小さじ1杯

【作り方】
1. カシューナッツは、2時間ほど水に浸けておく。
2. 玉ねぎは薄切りにする。シメジは房に分けておく。
3. オリーブオイルで玉ねぎを炒め、カシューナッツと水を加えて10分程度煮る。
4. 3.をミキサーにかけて、全体が滑らかになるまで撹拌する。
5. 鍋に移し、牛乳と味噌、シメジを加え、火が通ったら、塩で味を整える。

【メモ】
カシューナッツの特徴の一つは、柔らかいこと。
ミキサーにかけると、本当に滑らか。
アーモンドミルクも流行中ですが、こちらの方が簡単にできます。
栄養豊富で、積極的に摂りたいナッツです。
白味噌が無ければ、普通のお味噌でもOK。省略しても大丈夫です。


10月【4】生クリーム・スコーン
〔オーブン220度 15分〕

IMG_5677.jpg

バターを使わない、楽々スコーン

【材料】
薄力粉_________________100g
強力粉_________________100g
ベーキングパウダー___________小さじ1杯
砂糖__________________大さじ1杯
塩___________________小さじ4分の1
生クリーム_______________200cc

【作り方】
1. ボールに粉類を全て合わせて入れ全体をよく混ぜておく。
  生クリームを入れて、練らないように、ざっくりとヘラで混ぜる。
2. 台に取り出し、2cm厚さに延ばして型抜き。またはナイフで切り分ける。
3. 天板に並べてオーブンで焼く。

【メモ】
バターで作るより、手軽でオススメ。
ポイントは、ベーキングパウダーを混ぜたら急ぐこと!
素早く焼き上げましょう。
余熱は早めに始めておいてね。
型抜きに時間がかかると思ったら、包丁で角切りにすればOK。
切れ味の良いものでスパッと、形にしてください。
コップなどで抜くと、潰れて膨らみにくいです。
冷凍保存も可能です。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年09月25日

9月のお料理教室

ヘッダー2019-09.jpg

猛暑を超えて、ようやくの9月。
お元気でいらっしゃいますか?
千葉県や東京島嶼部にお住いの方が、1日も早く普通に生活を取り戻せますように。

「夏らしいことを何かしました?」と聞かれて、考えてしまいました。
クーラーを一日中かけて、こもっていたとしか言えない・・・
今は元気回復!
さぁ、美味しい物がたくさんの秋。
台所も、もう暑くないですよ。
「秋の恵みランチ」、作ります!


9月【1】もずくそうめん

IMG_5306.jpg

暑くなる前に、お伝えしたかった一品。

【材料】
そうめん________________300g
干し椎茸________________6枚
しいたけの戻し汁____________600cc
醤油__________________大さじ3杯
みりん_________________大さじ3杯
もずく_________________1パック
生姜__________________1欠け

【作り方】
1. 干し椎茸を、600ccの水に浸け、一日置く。
  石づきを取り、薄切りにし、もどし汁で10分煮る。
  みりんと醤油を加え、さらに10分煮る。
2. 火からおろし、もずくを加え、冷たい水で冷やす。
3. 素麺を茹で、水洗いして、よく水気を切る。
4. 器に盛り付け、出汁をかけ、おろし生姜を添える。

【メモ】
シンプルに美味しいです。
真夏は、家族の「そうめんでいい」と言う一言で、喧嘩になるとかならないとか。
茹でるところだけは我慢!
食べた後も、軽くていい感じですよ。温かくしても美味しい。


9月【2】ラム肉のスパイス仕立て

IMG_5437.jpg

ホールスパイスがいい仕事します。
ラム肉は前日からのご用意を。

【材料】
ラム肉_________________400g
塩___________________4g
クミン_________________小さじ1杯
クローブ________________3粒
カルダモン_______________3粒
八角__________________1個
オリーブオイル_____________大さじ2杯
パン粉_________________150cc

【作り方】
1. ラムは肉2cm角程度に切り分ける。
  4g(ラム肉重量の1%)の塩を揉み込み、一晩冷蔵庫におく。
  スパイスは、ガラス瓶の底で潰す。
2. フライパンにスパイスとオリーブオイルを入れて、弱火にかけて香りが立ったら、
  中火にして肉を入れ、軽く焦げ目をつける。
3. 一旦肉を取り出し、フライパンにパン粉を入れて、きつね色になるまで炒めたら、
  肉を戻してからめる。

【メモ】
多種類のスパイスを使うことで、ラムの匂いが気にならないです。
ニンニクを利かせても。
全部揃わなくても、組み合わせてみてください。
ラムだけでなく、他のお肉でもどうぞ。


9月【3】ゴーヤのクミン炒め

IMG_5405.jpg

これまた嫌いな人の多いゴーヤ。
でも試してね!

【材料】
ゴーヤ_________________1本
玉ねぎ_________________半分
クミンシード______________小さじ半分
オリーブオイル_____________大さじ2杯
ナンプラー_______________大さじ1杯
酒___________________大さじ2杯

【作り方】
1. ゴーヤは縦半分に切り、タネとワタを取り除き、5mm幅に切る。
  玉ねぎは薄切り。
2. フライパンにオリーブオイルとクミンを入れて、中火で加熱。
  香りが出たら野菜を入れ、火が入ったら、ナンプラーと酒を加えて
  さっと炒め合わせる。

【メモ】
ゴーヤは加熱しすぎないほうが苦くない、ようです。
タンパク質の多い食材と一緒に食べても、苦味が弱まります。
例えば卵、ツナ、鰹節。自然にチャンプルーになるでしょ?
スパイスとも相性がいいですよ。


9月【4】クリームチーズ・シフォンケーキ
〔17cmシフォン型・1台分、オーブン160度50分〕

IMG_5607.jpg

涼しくなって来て、やっとオーブンを使う気になりました。
50分間、焼く! 焼くよ!

【材料】
卵___________________5個
グラニュー糖______________80g
レモン汁________________小さじ1杯
クリームチーズ_____________160g
サラダオイル______________10cc
水___________________50cc
白ワイン________________10cc
レモンの皮_______________2g(1個分)
薄力粉_________________60g

【作り方】
1. シフォン型の中心部分に、オーブンペーパーを巻きつけておく。
  クリームチーズは室温においておく
  卵は卵黄と卵白に分けて大きめのボールに入れておく。
  レモンの皮は、白い部分が入らないよう、ごく薄くおろし金で削る。
2. 卵白にグラニュー糖50gを加え、しっかりしたメレンゲにする。
3. クリームチーズに30gのグラニュー糖を加えて泡だて、滑らかになったら
  卵黄を加えてよく混ぜる。
  サラダオイル、水、レモン汁、ワインの順に、混ぜながら加えていく。
4. 良く馴染んだら、薄力粉を加え、卵白の半分を加える。
5. レモンの皮、残りのメレンゲを加え、メレンゲを潰さないように混ぜて、型に流す。
6. 焼き上げたら、逆さまにして完全に冷まして、型から外す。

【メモ】
新しいアイデアを、知りました。
シフォン型の中心部分に、オーブンペーパーを巻いてから生地を流して焼きます。
型を外すのが、とても楽になります。
よく冷やして召し上がれ。
posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年07月26日

レシピ集を紹介していただきました


一緒に9-表紙横長470.jpg

3年に一度発行しているレシピ集「いっしょに作って食べてみない?」のデザインをお願いした「スタジオ・ウララカ(studio ulalaka)」さんに、ご自身のサイトで紹介していただきました。
ぜひ〈こちら〉をご覧ください。

ありがとうございます!

一緒に9-本文横長420.jpg




おやポケ表紙470.jpg

もう一つ。フリーペーパーに連載した園児向けのレシピを一冊にまとめた冊子です。
これも、studio ulalakaさんにお願いしました。
可愛い冊子に仕上がりました。

ありがとうございます!
ぜひ〈こちら〉をご覧ください。

おやポケ本文420.jpg


◆おかげさまで、在庫ゼロになりました。ありがとうございます。



posted by さちこ at 15:23| 日記2016〜

2019年07月24日

7月のお料理教室

ヘッダー2019-07.jpg

長い寒い梅雨、ようやく終わりを迎えそうです。
猛暑が続くと、梅雨寒が恋しい?
勝手なものですが、ここはお料理で凌ぎましょう。
元気の出る「納涼ランチ」、召し上がれ。


7月【1】鯖缶カレー

IMG_5338.jpg

大流行の鯖缶。
買い置きすれば、暑い日に大助かり。

【材料】
鯖缶__________________2個
玉ねぎ_________________1個
オクラ_________________6本
ナス__________________2本
トマト缶________________1缶
ニンニク________________1片
生姜__________________1片
クミンシード______________小さじ1杯
カレー粉________________大さじ3杯
サラダオイル______________大さじ1杯

ご飯

【作り方】
1. ナスは、焼きナスにして、皮をむいて一口大に切っておく。
  オクラは、斜めに三等分に切る。
2. サラダオイルに、みじん切りしたニンニク、生姜、クミンシードを入れてから、
  弱火にかけ、香りが立ったら、櫛形に切った玉ねぎを加えて透き通るまで
  中火で炒める。
3. カレー粉を入れ、馴染んだら鯖缶を汁ごと加え、トマト缶も加える。
  煮立ったらナスとオクラを加え、5分ほど煮たら、味を見て塩加減する。
4. ご飯に盛り付ける。

【メモ】
買い物に、外に出たくない日。缶詰料理にチャレンジ!
非常持ち出しの在庫チェックにも、なりそうです。
トッピングとして、自家製ラッキョウ、ゆで卵をご用意。
生の生姜の千切りをのせて見ました。
辛いのが好きな方は、チリやガラムマサラをプラスしてくださいね。


7月【2】スイカのガスパチョ

IMG_5253.jpg

スイカの甘さが爽やかです。

【材料】
スイカ_________________400g
トマト_________________400g
フランスパン______________5センチ
ニンニク________________一片
オリーブオイル_____________大さじ2杯


【作り方】
1. スイカは皮と種を取り除く。飾りにする分を取り分けておく。
  フランスパンは角切り。
2. 全て合わせてミキサーにかける。
3. 味を見て、好みで塩を加える。器に盛り、取り分けたスイカを飾る。

【メモ】
ミキサーがあれば簡単です。
作って、冷蔵庫に入れておけば、時間を気にせずお出しできますね。
朝食にもなりそうです。


7月【3】かぼちゃのサラダ

IMG_5335.jpg

夏野菜のかぼちゃ、枝豆でサラダを作りました。

【材料】
かぼちゃ________________1/4個
枝豆__________________正味100g
玉ねぎ_________________1/2個
クリームチーズ_____________40g
粒マスタード______________大さじ1杯

【作り方】
1. かぼちゃは切り分けて、電子レンジで加熱し、粗く潰す。
2. 枝豆は茹でて皮を剥く。玉ねぎはみじん切りにして、軽く絞る。
3. クリームチーズ、マスタードを加えて和える。

【メモ】
かぼちゃは、意外に加熱時間が短くても、柔らかくなります。
1/4個を電子レンジ600ワットで4〜5分。
もし皮が固いようでも、しばらく放置すると、柔らかくなります。
まとめて加熱しておくと、野菜室でカビが生える心配も軽減できますよ。


7月【4】マンゴーアイス

IMG_5326.jpg

このところマンゴーの存在感、すごいですね。
かき氷だけでなく、アイスにしても美味しいですよ。

【材料】
マンゴー缶_______________果肉150g+シロップ50gをミキサーにかける。
(またはピュレ_____________200g)
生クリーム_______________50g
砂糖__________________30g
レモン汁________________小さじ1杯
ビスケットなど適宜

【作り方】
1. ジップロックなどの冷凍できる袋に、全ての材料を入れて、よく混ぜて冷凍する。
2. 1時間ごとに、揉みほぐして空気を混ぜるようにする。
3. 6時間後、冷やした器に盛り付ける。

【メモ】
丈夫な袋で作れば、意外に簡単です。
一時間おきに、モミモミをお忘れなく。
しっかりカチカチになっても美味しいけれど、盛り付けに苦労しますので。
生クリームをヨーグルトに置き換えると、さっぱりタイプが出来上がります。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年06月19日

6月のお料理教室

ヘッダー2019-06.jpg

5月は梅雨の前なのに、真夏の暑さを経験しましたね。
6月、梅雨でしっとりのほうが、安心。
さて、今月の献立です。
「イタリアンランチ」でにしてみました。
夏野菜、食べたいでしょ?
たっぷりどうぞ。


6月【1】トマトと柚子胡椒のパスタ

IMG_5159.jpg

基本のお味に、柚子胡椒をプラス。

【材料】
スパゲッティ______________320g
トマト缶________________1個
ニンニク________________1片
オリーブオイル_____________大さじ2杯
エリンギ________________1パック
ヤングコーン______________5本
柚子胡椒________________大さじ1杯


【作り方】
1. パスタは表示の時間で茹でる。
2. ニンニクは微塵に切り、オリーブオイルで香りが出るまで炒めたら、
  トマト缶を加えて煮詰め、半分になったら、柚子胡椒で塩加減する。
  エリンギとヤングコーンを食べよい大きさに切って加え、軽く煮込む。
3. 茹で上がった麺を和え、盛り付ける。

【メモ】
この組み合わせは、ぜひ試していただきたいです。
冷蔵庫に、忘れられている柚子胡椒があったら、救済してね。
トマトは生を煮詰めたり、ジュースを使っても。
リコピンリッチ、濃くて美味しい。
お野菜も、アスパラやヤングコーンなど、季節のものをお好みでプラスしてね。


6月【2】ニンニクの芽とバジルの炒め物

IMG_5102.jpg

この組み合わせ、意表をつく美味しさ!

【材料】
ニンニクの芽______________2束
オリーブオイル_____________大さじ1杯

乾燥バジル_______________小さじ1杯

【作り方】
1. ニンニクの芽は、軽く茹でて薄皮を剥く。4cmくらいに切る。
2. オリーブオイルで炒め、塩加減し、乾燥バジルを混ぜる。

【メモ】
薄皮をむく一手間が、美味しさのポイント。
乾燥バジルを気前よく投入。
ニンニクとバジル、合わないわけがないでしょ?
中華かと思ったら、イタリアンのお味。


6月【3】ハッシュド茄子

IMG_5110.jpg

夏の食材で、簡単美味しい一品

【材料】
ナス__________________4本
ベーコン________________4枚
シュレッドチーズ_____________80g
片栗粉_________________大さじ4杯
水___________________大さじ1杯
サラダ油


【作り方】
1. ナスは1cm角切り、ベーコンは細切り。
2. 材料を全て混ぜ、フライパンに油を敷いて、2回に分けて焼く。
3. 両面、軽く焦げ目がつく程度に焼き上げる。

【メモ】
山本ゆりさん、すっかりファンになっております。
だって簡単で美味しいんですもん。
主婦の味方!参上。って感じ?


6月【4】マスカルポーネのパウンドケーキ

IMG_5139.jpg

イタリアのチーズでデザート作りです。

【材料】 〔18cmパウンド型1台分 オーブン170度40分〕
バター_________________90g
粉糖__________________80g
塩___________________ひとつまみ
卵___________________1個
薄力粉_________________90g
ベーキングパウダー___________小さじ1杯
マスカルポーネ_____________50g
〔フロスティングの材料〕
 マスカルポーネ____________50g
 バター________________40g
 粉糖_________________20g

【作り方】
1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
  バターとマスカルポーネは室温に戻しておく。オーブンは170度に予熱する。
2. バターを泡立て器で混ぜ、粉糖を加えて滑らかになるまで混ぜる。
3. 塩を混ぜ、卵を溶いて、数回に分けて混ぜる。
4. 粉をゴムベラで混ぜる。マスカルポーネを加える。
5. パウンド型に流し、オーブンで焼き上げる。
  焼けたら、一度台に落とし、型を外して冷ます。
6. フロスティングを作る。
  和らげたバターに粉糖、ひとつまみの塩を混ぜ、マスカルポーネを加える。
7. 冷えたパウンドに、フロスティングを塗り、ラップで包んで、冷蔵庫で冷やす。
  冷えてから切り分ける。

【メモ】
マスカルポーネの優しい甘さが、デザートにはうってつけ。
カロリーにはこの際目をつぶって、一口召し上がれ。
濃いめのコーヒーが合いそう。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年05月15日

5月のお料理教室

ヘッダー2019-05.jpg


一年で一番爽やかな季節になりました。
緑も目に鮮やかで、お外に出たくなりますね。
今回は「台湾のランチ」です。
大好きな旅先ですが、なかなか行けないので自前でランチを。
記憶の中の味を再現できたかな?


5月【1】ルーロー飯(魯肉飯)

IMG_5025.jpg

八角の香りがしたら、そこは台湾!

【材料】
豚バラ肉________________400g
生姜__________________1片
にんにく________________1片
八角__________________1個
醤油__________________大さじ3杯
オイスターソース____________小さじ2杯
砂糖__________________大さじ3杯
酒___________________大さじ2杯
酢___________________小さじ2杯
水___________________500cc
フライドオニオン
ゆで卵_________________4個
ご飯

【作り方】
1. 豚ばら肉は、5mm角に切る。ニンニクと生姜は刻む。
2. 豚肉と、ニンニク、生姜を炒め、調味料と水、八角を加え、40分煮込む。
  ご飯を炊いておく。
3. ゆで卵を作る。卵の鈍端に軽くヒビを入れ、水に入れて火にかけ、
  沸騰から7分茹でて水にとり、冷ましておく。
4. 煮汁に、殻を剥いた卵を入れる。
5. ご飯を盛り付け、煮込んだ豚肉と煮卵を添える。
  好みでフライドオニオンをかける。

【メモ】
屋台の味の代表。駅弁にもなっています。
煮込み時間が必要ですが、保存性は良いので、多めに作ってみてください。


5月【2】アボカドのフライ

IMG_5041.jpg

アボカド揚げちゃいました!

【材料】
アボカド________________2個
片栗粉_________________大さじ3杯

醤油__________________少々
ごま油_________________小さじ2杯

【作り方】
1. アボカドの皮を剥き、種を取ってスライスする。
2. 片栗粉をまぶし、鍋底1cm程度の油で、揚げ焼きする。
3. よく油を切って、ごま油と醤油をかける。

【メモ】
山本ゆりさんのレシピです。https://ameblo.jp/syunkon/
早速いただきます!
揚げると色が変わらなくて、お弁当にも良いようです。
切ってみたらちょっと硬い、そんな時にもどうぞ。


5月【3】乾物のお吸い物

IMG_5047.jpg

これは和風インスタント。

【材料】
とろろ昆布
焼き海苔________________一人に半枚
梅干し
熱湯__________________一人当たり150cc

【作り方】
1. お椀に、焼き海苔を適当にちぎり、とろろ、梅干しを入れて、熱湯を注ぐ。
2. あれば刻み葱を添える。

【メモ】
説明するのも恥ずかしい・・・
ランチタイムによく登場するインスタントお吸い物。
生の青海苔でお吸い物、と思ったのですが、青海苔が売られていなくて残念。


5月【4】オーギョウチー(愛玉子)

IMG_5036.jpg

レモンが爽やかなゼリーです。

【材料】
オーギョウチー_____________2パック
オレンジ、レモンなど適宜

【作り方】
1. オーギョウチーを食べやすい大きさに切り、レモンシロップをかける。
2. 好みの柑橘をスライスして添える。

【メモ】
「カルディ」によく行きます。https://www.kaldi.co.jp/
今回は、買ってきたデザートでごめんなさいね。
オーギョウチー(愛玉子)の材料は、中華街で買えますよ。
不思議な種をお水の中でもみ出すと、ゼリーになるなんて不思議。
さっぱりした食感は独特。お試しください。
やっぱり、台湾行きたいです!

IMG_5028.jpg

posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年05月02日

今がチャンス!

IMG_5007.jpg

パッタイに使う「タマリンド」が、今なら買えます。
イオンのタイフェア開催中。
さらに、代々木公園でタイフェスもありますよ。
梅干しで作るパッタイと、タマリンドで作るお味。
比べるチャンスです。
プチ情報でした。

posted by さちこ at 13:24| 日記2016〜

2019年04月17日

4月のお料理教室

ヘッダー2019-04.jpg

今年は、桜の開花から散るまでを、ゆっくりと楽しめましたね。
急な寒波には驚きました。
もう大丈夫かな?
今回は「ちょっとエスニックなランチ」です。
春の食材も登場。


4月【1】梅干しのパッタイ

IMG_4785.jpg

甘酸っぱい春雨炒め。
「マンゴツリーカフェ」のレシピを参考に。

【材料】
センレック(パッタイ用の乾麺)_____200g
エビ__________________12尾
モヤシ_________________1袋
卵___________________3個
サラダ油
沢庵__________________40g
厚揚げ_________________1枚
干しエビ________________大さじ3杯
ニラ__________________1束
梅干し_________________3個
砂糖__________________大さじ2杯
ナンプラー_______________大さじ1杯
ピーナッツ
ライム

【作り方】
1. センレックを、20度の水に40分浸けておく。
2. エビは殻をむき、背ワタを取る。
  沢庵は5mm角、厚揚げは1cm角、ニラは4cmの長さに切っておく。
3. 梅干しは種を取り、砂糖とナンプラーを混ぜてペースト状にしておく。
4. センレックは、水気をよく切る。
5. 鍋に油を温め、卵を溶いて大きめのスクランブルエッグにして、取り出しておく。
6. エビ、厚揚げ、沢庵を炒め、センレックを加えて炒め、
  合わせておいた梅ソースを加える。
  スクランブルエッグを戻し、干しエビ、モヤシとニラを加える。
7. 盛り付けて、砕いたピーナッツとライムを添える。

【メモ】
タマリンド登場。でもなかなか売っていないのです。
代わりに梅干しを使いました。甘辛酸っぱい、エスニックの基本に近づけましょう。
パッタイ用のソースは売られていますが、原材料を見ると、タマリンドが入っていないので驚きました。なぜ?




4月【2】カツオの生春巻き

IMG_4907.jpg

初めて作った時とは、随分変わりましたよ。

【材料】
カツオ_________________300g
アボカド________________1個
大葉__________________2束
貝割れ菜________________1パック
玉ねぎ_________________1/2個
生春巻きの皮______________8枚
醤油__________________大さじ3杯
バルサミコ酢______________大さじ3杯

【作り方】
1. カツオは細長く切る。アボカドはタネと皮を取り、縦長に切る。玉ねぎは薄切り。
2. 生春巻きの皮は、水に濡らし、クッキングペーパーに置く。
  具材を等分しておき、包む。切り分けて盛り付ける。
3. 小鍋にバルサミコを入れ、軽く煮詰めて醤油を加える。
4. 生春巻きにソースを添える。

【メモ】
30年ほど前、初めて作った時は、スタンダードなレシピでした。
その後、何を巻いても良いよね?と言う、気持ちの変化がありまして。
今回は、カツオと薬味を巻いて、一口刺身?
サーモンやハマチでも美味しいですよ。薬味もお好みでどうぞ。


4月【3】タケノコの唐揚げ

IMG_4902.jpg

テレビで見かけた一品。
美味しそうだったのでトライ!

【材料】
たけのこ________________300g
醤油__________________小さじ1杯
みりん_________________小さじ1杯
酒___________________小さじ1杯
片栗粉_________________大さじ2杯
揚げ油
花かつお________________5g
塩___________________小さじ1/3杯
山椒

【作り方】
1. たけのこの水煮は、小さめの一口大に切る。調味料を混ぜて10分ほどおく。
2. 鰹節を乾煎りして、細かく砕き、塩を混ぜておく。
3. 筍の水分を切って、片栗粉を混ぜる。油であげる。
4. 油を切ったら、カツオをまぶす。山椒を振る。


【メモ】
春の食材の代表タケノコ。
時として、大量の到来物に悩む事も。
さて、どうお料理しましょう?
唐揚げは、作ったことがなかったので、挑戦してみました。
目新しくて好評でした。
お試しあれ。


4月【4】きんつば

IMG_4923.jpg

なぜかデザートは和菓子の定番。

【材料】
小豆__________________250g
砂糖__________________150g
寒天__________________5g
水___________________150cc
〔生地〕
 薄力粉______________50g
 白玉粉______________20g
 水________________120cc
サラダ油

【作り方】
1. 小豆を柔らかくゆでる。
  煮汁と豆を分け、煮汁の底に溜まる小豆のオリをとっておく。
  水150ccに砂糖を加えて煮溶かし、寒天を加えて溶かしたら、
  小豆とオリを戻し煮詰める。
2. ヘラで混ぜて、鍋底が見えるようになったら、流し型に入れて冷ます。
3. 完全に冷えたら、取り出して、切り分ける。
4. 衣の生地を混ぜ合わせる。
  白玉粉を少量の水で溶かし、塊がなくなったら残りの水を混ぜ、薄力粉を混ぜる。
5. 170度に設定したホットプレートに薄く油を敷く。
  切り分けた餡に衣を付け、一面50秒ずつ焼いていく。
  全面焼いたらクッキングペーパーに並べて冷ます。

【メモ】
シンプルで簡単そう・・・。
そう思う?
やってみたら、六面を順序良く焼くの、意外に大変〜、ナメていましたわ。
コツがある、と言うことですね。
一個焼くと、分かってきます。やってみてください。
小豆の煮方は、お好きな方法で。柔らかめでお願いします。
お砂糖の量は、控えめにしています。和菓子の基本だと、小豆と砂糖は同量です。
甘いのが良い!という方は、どうぞ同量で作ってみてください。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年03月14日

3月の道草

ヘッダー2019-03.jpg

今月、料理教室はお休み。
そこでちょっとだけ、春のレシピをご紹介します。
この季節は、ほろ苦い野菜が多いですね。
身体の中から春を感じましょう。


3月【1】ホタルイカとウドの酢味噌和え

IMG_4713.jpg

富山名物ホタルイカ。
春の代表です。

【材料】
ホタルイカ_______________1パック
ウド__________________1本
アボカド________________1個
味噌__________________大さじ2杯
酢___________________大さじ3杯
はちみつ________________小さじ2杯

【作り方】
1. ホタルイカの下処理。軟骨と目玉、クチバシの部分を、取り除く。
2. ウドは4cm長さに切り、皮をむいて薄切りにし、水にさらす。
3. アボカドは四つ割りにして、5mm厚さに切る。
4. 酢味噌を作り、全てを合わせる。

【メモ】
ウドの扱いは、下茹でや酢水につけるなど、省いて大丈夫です。
シャキシャキの歯ざわりを楽しんでね。
ホタルイカの処理に使っているのは「鉄の爪」というグッズです。
魚の中骨を抜く時にも、大活躍。

IMG_4788.jpg


3月【2】菜の花ラーメン

IMG_4757.jpg

春の食材を集めた一杯。

【材料】
ラーメン________________4玉
鯛のアラ________________1匹分
白菜、人参など適宜
菜の花_________________1束
トマト_________________4個
ナンプラー

【作り方】
1. 鯛のアラで出汁をとります。アラを良く洗い、水から煮立て、アクをすくい、
  弱くふつふつする程度の火加減にして30分、煮たら濾す。
  ナンプラーで塩加減しておく。
2. トマトはくし切り、菜の花は食べよい長さに切る。
3. 麺を茹で、器に盛り付け、トマトと菜の花を鯛の出しで温めて注ぐ。

【メモ】
麺はベトナム風のビーフンも合いそうです。
白髪ねぎを乗せたら綺麗。
胡椒をガリガリして、頂きます!


3月【3】若竹炒め

IMG_4720.jpg

若竹椀や若竹煮があるなら、炒めも良いでしょう?

【材料】
生わかめ________________適量
たけのこ________________ 〃
生姜__________________ 〃
ごま油_________________ 〃
醤油__________________ 〃

【作り方】
1. ワカメは洗って、適当な大きさに切る。
  たけのこは薄切り。生姜は千切りにしておく。
3. ごま油で全て炒め、ワカメの色が変わったら、少量の醤油で味付けする。

【メモ】
簡単! ワカメの色の変化が綺麗で楽しいですよ。
生姜多目が好評でした。
生わかめ、メカブは春限定。美味しいので是非。
意外に塩味があるので、加える塩分は少なめでどうぞ。


3月【4】チョコレート・クッキー

IMG_4770.jpg

ホワイトデーもそろそろ。
男性にも、クッキーなら作れそう。レッツ・トライ!

【材料】 [15枚 オーブン170度で18分]
バター_________________75g
砂糖__________________50g
卵___________________1個
グラハム粉_______________30g
薄力粉_________________90g
ベーキングパウダー___________小さじ1/3杯
チョコレート______________40g
アーモンド_______________30g

【作り方】
1. バターを室温に置いて、マヨネーズくらいの状態にする。
  粉類を混ぜておく。チョコレートは粗く刻んでおく。
  アーモンドは空焼きして刻んでおく。天板にオーブンシートを敷く。
2. バターに砂糖を混ぜる。
  卵を溶き入れ、よく混ざったら粉を加え、ボウルをこそげるように混ぜていく。
  粉っぽさが残る状態で、チョコレート、アーモンドを加え、混ざったら、
  天板に均等に並べる。
3. オーブンで焼き上げる。

【メモ】
ザクザクした食感が、面白いクッキーになりました。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年02月20日

2月のお料理教室

ヘッダー2019-02.jpg

寒い日の多かった今月。
インフルエンザは大丈夫だったでしょうか。
バレンタインデーが過ぎると、春はそこまで。
今回は今が美味しい野菜や果物で「春待ちランチ」」です。


2月【1】春菊とアンチョビーのパスタ

IMG_4685.jpg

寒い時が美味しい春菊、いただきます!

【材料】
スパゲティー______________320g
春菊__________________2束
アンチョビー_______________8枚
オリーブオイル
にんにく

【作り方】
1. 大きめの鍋に、お湯を沸かし、指定の時間でパスタを茹でる。
  春菊は、茎の太いところは割り、3cm長さに切っておく。
2. 茹でている間に、刻んだにんにく、アンチョビーをオリーブオイルで炒める。
3. 茹で上がる直前に、春菊を炒め、茹で上がったパスタを加える。
  茹で汁を少量加えて調整する。


【メモ】
癖のある春菊と、アンチョビーがよく合います。
こんなに春菊がたくさん!と思うけれど、そこが美味しいの。


2月【2】チキンソテー金柑ソース

IMG_4689.jpg

そのまま食べても美味しいですが、加熱した金柑をソースに。

【材料】
鳥もも肉________________2枚
金柑__________________12個
ラムレーズン______________大さじ3杯
塩胡椒

【作り方】
1. 鳥もも肉に、塩コショウをふり、フライパンに入れ、クッキングペーパーを被せ、
  重しになる鍋などを乗せて、弱火で焼く。
  皮目がパリッとして、焦げ目が付いたら、裏返し、中まで火を通す。
  取り出して、暖かい場所に置いておく。
2. 金柑のヘタを取り、5枚に切り、タネを除く。
  油の残っているフライパンに、ラムレーズンと金柑を入れ、
  金柑に焦げ目がつくまで炒める。
3. 鶏肉を切り分けて盛り付け、炒めた金柑とレーズンを添える。

【メモ】
ラムレーズンと金柑が美味しいので、ソースのように使いました。
お肉は豚で鶏でも、お好きなものでアレンジしてみてくださいね。
カジキも美味しそう。


2月【3】焼き野菜

IMG_4710.jpg

二品目のチキンソテーの付け合わせは、写真は里芋のマッシュを焼いた物ですが、
ちょっと重たいので、今回はこの「焼き野菜」にしました。

【材料】
菜花__________________1束
塩___________________ごく少量
ごま油_________________小さじ1杯

【作り方】
1. 菜花は、茎の太さをを半分に切る。
2. フライパンに油をしき、菜花を入れて、塩を振る。
3. 弱めの中火で、加熱し、ヘラで押すように焼き付ける。
  軽く焦げたら、裏返して両面を焼く。

【メモ】
菜花を押し付けるように焼くだけ。
茹でるより手軽で、味わい深いですよ。


2月【4】白ごまブラマンジェ

IMG_4704.jpg

なめらかな食感が、優しいデザート。

【材料】
牛乳__________________350g
白練りごま_______________25g
グラニュー糖______________20g
粉ゼラチン_______________5g
水___________________大さじ2杯
きな粉
黒蜜

【作り方】
1. 粉ゼラチンを、水に振り入れて15分おく。
2. 鍋に牛乳、砂糖、練りゴマを入れ、火にかけて、かき混ぜながら沸騰するまで加熱する。
3. 火を止めて、ゼラチンを入れて溶かす。漉してから、粗熱をとる。
4. 濡らした型に流して冷蔵庫で冷やし固める。
5. 型から外し、きな粉と黒蜜をかける。

【メモ】
葛餅のような、プリンのような?
風邪ひきさんにも、優しいです。


2月【5】金柑のチーズケーキ

IMG_4661.jpg

金柑でもう一品。

【材料】
金柑_________________8個
クリームチーズ____________40g
砂糖_________________小さじ2杯
バニラビーンズ____________1cm
塩少量

【作り方】
1. 金柑の底を、薄く削いで安定するようにする。半分に切り、種を取り出す。
2. クリームチーズに砂糖、バニラビーンズを混ぜ、等分に金柑にのせる。
  ごく少量の塩を振る。金柑の半分をのせる。

【メモ】
簡単に挟むだけ。
でも、この組み合わせは美味しいので、オススメです。
美味しい金柑探してね。おせちにも良かったかな?

posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年01月30日

1月のお料理教室

北国から大雪のニュースが、聞こえてきます。
関東は乾燥が、本当に厳しいですね。
何とか、平均的にならせないものか。
今回は、寒さをしのぐ「お鍋ランチ」です。
ちょっと珍しいブランド豚登場。


1月【1】マンガリッツァ豚のしゃぶしゃぶ

e13b4f19bf2a80022f8a05bf84c8f909_m.jpg

マンガリッァという種類の豚さん。
ハンガリー固有の品種で、食べられる国宝だそうで。

manga_pig_img.jpg

【材料】
マンガリッツァ豚(しゃぶしゃぶ用)___500g
きのこ_________________5パック
白菜__________________1/6個分
お湯__________________2ℓ
レモングラス______________2本
カフェライムリーフ___________3枚
生姜__________________1欠け
タレ__________________ぽん酢、ゴマだれなど

【作り方】
1. お湯に香味材料を入れて、沸かす。
2. キノコは石づきを切り落とし、株に分けておく。白菜はざく切り。
3. お湯が沸いたら、食材を入れ、タレに付けていただく。

【メモ】
お鍋のしめは、何が良いかしら?
おじやでも、うどんでも良さそうですね。

岩野精肉店様からお取り寄せしました。
http://iwano1129.com/?mode=f5


1月【2】長芋のワサビ和え

IMG_4589.jpg

摩り下ろさない長芋料理です。

【材料】
長芋__________________20cm
ワサビ________________小さじ1/3杯
ナンプラー_______________小さじ2杯
ごま油________________小さじ2杯
鰹節__________________少々

【作り方】
1. 長芋はよく洗い、皮のまま大きめの乱切りにする。さっと茹でる。
2. すべての調味料で和える。

【メモ】
さっと茹でて和えるだけ。皮ごといただきます。ひげ根が気になるようなら、ガスの火で炙ると綺麗になります。それからタワシでゴシゴシ。
お鍋で熱くなったお口に、ヒンヤリ〜


1月【3】ひよこ豆のマリネ

IMG_4600.jpg

ドライトマトが良い仕事します。

【材料】
ひよこ豆_______________1カップ
ドライトマト_____________3枚
オリーブオイル____________大さじ2杯
にんにく_______________1欠け
ベイリーフ______________1枚

【作り方】
1. ひよこ豆は一晩水に浸けて戻し、柔らかくなるまで茹でる。
  ドライトマトは細かく刻む。
2. フライパンにオリーブオイル、潰したニンニクを熱し、豆、ドライトマト、
 ローリエを加えてさっと炒める。

【メモ】
豆が茹で上がれば、出来たようなものです。
節分に、豆を食べる! でも、種類にはこだわらないで、健康祈願。


1月【4】リコッタチーズのパンケーキ

IMG_4601.jpg

行列の出来るお店の看板メニュー。
自分で作りましょう!

【材料】
リコッタチーズ____________130g
卵黄_________________2個
牛乳_________________90g
卵白_________________2個分
グラニュー糖_____________小さじ1杯
薄力粉________________80g
バーキングパウダー__________1/2杯

【作り方】
1. 卵黄、リコッタチーズ、牛乳を混ぜる。
2. 薄力粉にバーキングパウダーを混ぜる。
3. 卵白を泡立て、砂糖を加え、しっかりしたメレンゲにする。
4. 1のボールに粉をふるいながら入れて、さっくり混ぜる。
5. 卵白を半分くわえ、潰さないように混ぜたら、残りの卵白を加える。
6. フライパンに油をなじませ、生地を丸く置いて、弱めの中火で両面色好く焼く。

【メモ】
「世界一美味しい朝食」── ビルズというお店のキャッチフレーズ。
パンケーキブームの火付け役です。https://billsjapan.com/jp
人気の先には、実際に召し上がった皆さんが、生み出したレシピが登場します。
今回も、そんなレシピの一つ。
案外簡単で美味しいです。
リコッタチーズは高価なので、水切りヨーグルトで代用しても、美味しいですよ。
しっかりメレンゲを立てる、混ぜすぎて潰さない。そこだけ守れば大丈夫。
チョコレートソースをかけたら、バレンタインデーにも使えそうでしょ?

posted by さちこ at 00:00| レシピ2019

2019年01月01日

2019年 明けましておめでとうございます。

IMG_4529.jpg

お久しぶりです。猪太です。
今年も良い年にいたしましょう。
まずは御節を、いただきま〜す。
ブログも、相変わりませず、ご贔屓に。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2018

2018年12月19日

12月のお料理教室

流石に寒さが厳しくなりました。
今年最後のお料理教室です。
お正月らしいもの、いくつか考えました。
一足お先に「お正月料理でランチ」です。


12月【1】百合根おこわ

IMG_4490.jpg

百合根は茶碗蒸し、とは限らないですよ。

【材料】
もち米_________________2合
百合根_________________1個


【作り方】
1. もち米は洗い、2時間ほど浸水しておく。
  百合根は鱗片を一つずつ剥がし、綺麗に掃除しておく。
2. 耐熱容器にもち米を入れ、ギリギリ浸かるまで水を入れ、
  ふわっとラップをかけて、600ワットの電子レンジで10分加熱する。
3. 百合根を加えて、軽く混ぜ、さらに2分加熱。
4. 軽く塩をふり、盛り付ける。

【メモ】
蒸し器で30分。レンジなら10分。
二合なら、レンジに軍配。
シンプルな作り方で、百合根の甘みを感じてください。


12月【2】白滝のチャプチェ

IMG_4476.jpg

作り置きしても大丈夫。

【材料】
白滝__________________一袋
牛肉__________________200g
人参__________________小1本
ニラ__________________10本
〔調味料〕
 ごま油________________大さじ1杯
 おろしニンニク____________1欠け分
 おろし生姜______________1欠け分
 酒__________________大さじ2杯
 醤油_________________大さじ2杯
 白ごま
 糸唐辛子

【作り方】
1. 白滝の下処理をする。砂糖小さじ1杯をまぶして5分ほどおく。
  お湯を沸かし、茹でこぼす。4cm〜5cmの長さに切る。
  フライパンで乾煎りする。
2. 牛肉は千切り、人参7ミリ幅の千切り、ニラは5cmに切っておく。
3. フライパンにごま油を入れ、人参、牛肉を炒める。
  牛肉の色が変わったら、ニンニク、生姜を加える。
  白滝を加え、酒と醤油を入れて一煮立ちさせ、水分を飛ばすように炒める。
4. ニラを加え、一混ぜしたら、盛り付けて、白ごまと糸唐辛子をかける。

【メモ】
春雨で作ると、水分と油を吸い込んで、後から食べると今ひとつ。
白滝なら、安心。
多めに作っておきましょう。


12月【3】ハッシュド大根

IMG_4493.jpg

これは簡単! みんなに教えたい。
山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」

【材料】
大根_________________20cm
干しエビ_______________大さじ1杯
片栗粉________________大さじ2杯
ごま油________________大さじ1杯

【作り方】
1. 干しエビは、ぬるま湯につけてから、細かく刻んでおく。
2. 大根は洗って、皮のまま千切りにする。
  刻んだエビ、塩を混ぜ、片栗粉を入れてよく混ぜる。
3. フライパンにごま油を温め、広げて中火で焼く。
  へらで軽く押し、焦げ目がついたら返して、両面焼く。
4. ポン酢など添えて、勧める。

【メモ】
こんなに簡単で良いなら、大根せっせといただきます!
中華点心の大根餅は、大変だった記憶がありますが、こちらはなんとも気楽。
干しエビはなくても大丈夫ですよ。


12月【4】韓国風もち米のお菓子

IMG_4188.jpg

もち米のお菓子も韓流。

【材料】
もち米________________1合
水__________________100cc
酒__________________大さじ2杯
黒糖_________________35g
醤油_________________小さじ1杯
シナモン_______________小さじ1/4杯
ごま油________________小さじ1杯
むき天津甘栗_____________100g
アーモンド______________30g
レーズン_______________30g

【作り方】
1. もち米は洗って浸水しておく。一時間以上。アーモンドは粗く刻む。
2. 耐熱容器に、もち米、水、酒を入れ、ラップを軽くかけて、600wで5分加熱する。
  上下を返すように混ぜてさらに2分加熱。
3. 黒糖、シナモン、醤油、ごま油を混ぜて、2分加熱。
4. むき甘栗、レーズン、アーモンドを加えて混ぜ、3分加熱。
5. ラップを敷いた型に詰め、しっかり抑えて冷ます。切り分ける。

【メモ】
初めてなのに、いつか食べたことがあるような懐かしい味。
白いお餅に飽きたら、こんなデザートもオススメです。
posted by さちこ at 00:00| レシピ2018

2018年11月21日

11月のお料理教室

年末に向け、どうやら穏やかな気候になる予報。
ホッとしますね。
イベントの多い季節でもありますが、食べ過ぎご用心!
今日は、ご飯はサッパリ、デザートはどっしり。
秋のランチをどうぞ。


11月【1】サフランご飯

IMG_4032.jpg

和食にもサフランをプラス。

【材料】
お米_________________2合
アジの干物______________2枚
クレソン_______________1束
出汁_________________340cc
日本酒________________大さじ2杯
塩__________________小さじ1/2杯
サフラン_______________2つまみ
レモン

【作り方】
1. 米は研いで、水気を切る。
  炊飯器に入れ、出汁、日本酒、塩、サフランを入れて30分浸水。普通に炊く。
2. 干物をグリルでやや短め(70%)に焼き、骨と皮を取り除く。
3. 炊きあがったご飯に、干物を混ぜる。
4. 盛り付けて、4cmの長さに切ったクレソン、くし切りのレモンを添える。

【メモ】
焼きたての干物を、混ぜ込みます。
骨は慎重に取り除いてください。
カマス、エボダイなど、別の干物でも美味しいです。


11月【2】柿とカブの酢の物

IMG_4227.jpg

カブを摩り下ろして、味の変化を。

【材料】
カブ__________________300g
柿___________________2個
酢___________________大さじ2杯
醤油__________________小さじ1/3杯
塩___________________一つまみ

【作り方】
1. カブは皮ごとすりおろす。調味料を混ぜ合わせる。
2. 柿は皮をむき、縦に薄切りにする。
3. 青味として、カブの葉を茹でて、少量加え、全体をざっくり混ぜる。

【メモ】
簡単に出来て、サラダ感覚。さっぱりします。
種無し柿だと、簡単。
熟し過ぎないもの、選んでくださいね。


11月【3】大豆とカシューナッツの和え物

IMG_4324.jpg

ナッツ登場。この頃マイブームです。

【材料】
蒸し大豆_______________200g
カシューナッツ____________20g
にんにく_______________1欠け
塩__________________小さじ1/2杯
黒胡椒
オリーブオイル____________大さじ4杯
フェンネル______________20g

【作り方】
1. フードカッターに、大豆以外の材料を全て入れて、ペーストにする。
2. 大豆を和える。

【メモ】
大豆だけでは物足りない感じ。
カシューナッツが入って、コクが出ました。
パンやクラッカーにも美味しいです。


11月【4】シュトーレン
〔オーブンで180度50分〕

IMG_4246.jpg

ドイツのクリスマスは、シュトーレンが定番、とか。
ドイツのママに挑戦!

【材料】
フランスパン用小麦粉_________250g
(または強力粉200gに薄力粉50g)
バター________________65g
牛乳_________________90cc
砂糖_________________40g
塩__________________小さじ1/4杯
イースト_______________小さじ1杯
ドライフルーツ____________100g
(レーズン、オレンジピール、レモンピール)
ナッツ________________65g
(アーモンド、クルミなど)
仕上げのバター____________30g
粉砂糖

【作り方】
1. ドライフルーツは前日からラム酒に漬けておく。
  アーモンドはローストして粗く刻んでおく。
2、牛乳を40度に温めておく。
  粉に、砂糖、塩、イーストを加え、牛乳を加えてこねる。
  バターを加え、滑らかになったら、ドライフルーツ、ナッツも加えて丸め、
  発酵させる。
3. 2倍の大きさになったら、ガス抜きして10分ベンチタイムをおく。
4. 平らにのばし、両側から丸めて形成する。2倍程度まで発酵したら焼き上げる。
5. 焼けたら、熱いうちにバターを全体に塗る。粉砂糖をふりかけて冷ます。

【メモ】
売られているものは、コーティングのお砂糖が多すぎて・・・
自分で作れば、軽く食べられます。
材料を少なめにして、簡単にしてみました。
スパイスを効かせてもいいですね。
ナツメグ、グローブ、カルダモンがいいかな。
コーティングが少ない分、長持ちはしませんので、ご用心。
posted by さちこ at 00:00| レシピ2018