2017年03月15日

3月のお料理教室

ひな祭りも過ぎ、春になりました。日も長くなりましたね。
今回は面白いケーキを見つけたので、早速ご紹介!
では、いつもながらの「速攻ランチ」をどうぞ。


3月【1】豚しゃぶスパイスおろし添え

IMG_1967.jpg

暖かくなってきたので、鍋ではないしゃぶしゃぶを。

【材料】
豚しゃぶしゃぶ用_________500g
大根_______________300g
メカブ(千切り)_________10g
塩________________小さじ半分
クミンシード(すりつぶす)____小さじ1杯
コリアンダーシード(すりつぶす)_小さじ1杯
レモン汁_____________半個分
醤油_______________小さじ2杯
白いりゴマ

【作り方】
1. 大根を粗くおろし、塩を加えて15分おく。
  水気を切り、スパイスとレモン汁を加える。メカブは醤油を混ぜておく。
2. 1リットルのお湯を沸かし、200ccの水を差して、豚肉をほぐして色が変わるまで
  茹でる。 ざるに上げ、そのままおく。
3. 皿に盛り付け、大根おろしを添え、メカブをかけ、白ゴマをふる。

【メモ】
お肉はお湯を通したら、そのままで。スパイシーな大根おろしが、面白いです。
茹で汁はそのままに! スープに変身しますよ。
メカブは、塩昆布で代用できそう。


3月【2】カブの葉のスープ

IMG_0238.jpg

しゃぶしゃぶのゆで汁と、サラダで使ったカブの葉がスープになります。

【材料】
カブの葉_____________1束分
しゃぶしゃぶの茹で汁に水を足して_600cc
チキンスープの素_________小さじ1杯
塩胡椒

【作り方】
1. しゃぶしゃぶの茹で汁を、再沸騰させ、アクを取る。
2. ワカメは塩抜きして刻む。カブの葉は、3cm長さに切る。
3. スープの量が600ccになるように、水を足してからカブの葉とワカメを加える。
4. 一煮立ちしたら、味を見て盛り付ける。

【メモ】
無駄のないことこの上なし!
贅沢したければ、ホタテの缶詰など入れてはいかが?
お試しアレ。


3月【3】りんごとカブのサラダ

IMG_0214.jpg

生のカブが美味しいのもそろそろ終わり。
りんごと相性がよろしいようで。

【材料】
カブ_______________3個
リンゴ______________半個
フェンネル(あれば)
オリーブオイル
レモン汁
塩コショウ

【作り方】
1. カブは皮をむき、スライサーでお皿の上に直接落としていく。
  リンゴも同様に、スライスする。
2. オリーブオイル、レモン汁、塩胡椒の順にかけ、フェンネルを散らす。

【メモ】
お店に生のフェンネルがあったら、プラスしてみてください。
思わず種をまいてみようかなって、思うほど美味しいです。
胡桃のローストを、砕いてのせても合いそうです。


3月【4】ガトーインビジブル

IMG_0197.jpg

若山曜子さんのレシピです。
フランスが発祥のようですよ。

【材料】 (パウンド型1台分)
リンゴ______________400g(2個)
卵________________2個
グラニュー糖___________50g
薄力粉______________80g
シナモンパウダー_________小さじ半分
牛乳_______________70g
バター______________50g

【作り方】 〔オーブン170度 50分〕
1. バターを溶かしておく。型にオーブンシートを敷いておく。
2. ボールに卵をほぐし、グラニュー糖を加えて泡立て器で混ぜる。
  薄力粉、シナモンパウダーを加えてなじませる。
  牛乳を少しずつ加えて混ぜ、溶かしバターを加える。
3. リンゴは4等分に切り、皮をむき、軸と芯を取る。
  スライサーで縦に2mm厚さにする。
4. 混ぜておいた生地に、リンゴを割らないように絡める。
  リンゴが縦方向に向きをそろえるように、型に入れて焼き上げる。
5. 粗熱が取れたら、冷蔵庫で3時間以上冷やして、切り分ける。

【メモ】
カットした時の断層が綺麗です。ドライフルーツなどをプラスするときは、
カットした時の様子を想像して、間に挟んでくださいね。
秋になったら、ラフランスにチョコレートの組み合わせも挑戦したいです。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2017