2017年05月24日

5月のお料理教室

夏らしい日が続いています。
日焼け対策、お忘れなく!
今回は、お惣菜を作ります。
ご飯が進んでしまうなぁ・・・
「定食屋さんでランチ」どうぞ!


5月【1】豚の梅しょうが焼き

IMG_2193.jpg

よく作りますよね?

【材料】
豚肉_______________500g
玉ねぎ______________1個
梅干し______________2個
おろし生姜____________一欠片分
酒、正油_____________各大さじ3杯
みりん______________大さじ1杯
油________________大さじ1杯

【作り方】
1. 玉ねぎは1センチの輪切り。梅は果肉を叩いて、調味料と合わせておく。
2. 油を熱して、玉ねぎが透き通る程度、両面を焼いて取り出す。
3. 豚肉を両面焼き、玉ねぎを戻したら、合わせておいた調味料を絡める。

【メモ】
梅干しを加えることで、塩分と酸味をプラス。
夏にぴったり。


5月【2】煎り大豆入りひじきの煮物

IMG_0336.jpg

定番中の定番。
「つくおき(作り置き)」といえばコレ。

【材料】
ひじき______________戻して150g
油揚げ______________1枚
人参_______________小1本
ごぼう______________20cm
干し椎茸_____________2枚
煎り大豆_____________50g
醤油_______________大さじ1杯
みりん______________大さじ1杯
だし汁______________50cc
ごま油______________大さじ1杯

【作り方】
1. ひじきは水で戻す。野菜は千切りにしておく。
2. 鍋に油を温め、野菜を炒め、全体に油が回ったら、ひじきを加えて炒める。
3. 調味料とだしを加え、野菜に火を通す。柔らかくなったら、煎り大豆を加える。

【メモ】
節分に残った煎り豆を煮物に入れてみたら、美味しいではないですか!
水分を吸ってくれて、お弁当にも安心。
乾燥大豆より、お手軽でこちらに軍配。


5月【3】ウニ?の軍艦巻き

IMG_2370.jpg

突然の贅沢?

【材料】
人参_______________2本
白練りゴマ____________大さじ2杯
塩________________小さじ半分
ご飯
焼き海苔

【作り方】
1. 人参をよく洗い、薄く切って、塩を加えた水で煮る。
  柔らかくなったら、潰す。ねりゴマを混ぜる。
2. 酢飯を小さい俵に握り、海苔を巻いて、上に 1. の人参を載せる。

【メモ】
残念ながらどこにもウニがないの。目をつぶって食べてみてね。
いつかは利尻島の「ホテル雲丹御殿」に、行ってみたいわぁ。


5月【4】ホワイトロール

IMG_0331.jpg

卵白だけで焼き上げます。

【材料】
卵白_______________160g
グラニュー糖___________60g
薄力粉______________60g
サラダ油_____________35g
牛乳_______________50g
ヨーグルト____________400g
生クリーム____________200cc
グラニュー糖___________40g
いちご

【作り方】 〔オーブン160度 15分〕
1. ヨーグルトは一晩水切りして、200gにしておく。卵白は使う直前まで冷やしておく。
  オーブンの天板にオーブンシートを敷いておく。
2. 大きめのボールに牛乳、サラダ油、薄力粉をふるい入れて、泡立て器で混ぜる。
3. 別のボールに、卵白を泡立て、グラニュー糖を二回に分けて加え、
  しっかり硬いメレンゲを作る。
4. 2. のボールに3分の1のメレンゲを入れ、泡立て器でよく混ぜる。
  残り半分も、泡立て器で混ぜ、最後はヘラに変えて、底からすくい上げるように混ぜる。
5. 天板に入れて、表面を均す。軽く天板を打ち付けて、空気を抜く。
  160度のオーブンで15分焼く。
6. 焼きあがったら、上にオーブンシートを乗せて裏返しに網に乗せ、
  型を剥がしてからそのまま載せて、冷ます。粗熱が取れたら、紙を取り除く。
7. ヨーグルトクリームを作る。生クリームにグラニュー糖を加えて、しっかり泡立てる。
  水切りヨーグルトを加えて混ぜる。
8. オーブンシートの上に生地を乗せ、クリームを塗り、果物を並べ、
  さらにクリームをかぶせ、かまぼこ型にする。
  ロールしたら、ラップできっちり巻いて3時間以上冷やす。

【メモ】
ヨーグルトが、味を軽くしています。水切りに時間が必要ですので、ご用心。
果物はいつもながら、お好みのものでどうぞ。
生地に加える油は、太白ごま油を使いました。
もっちりした生地は、翌日でも美味しいですよ。
その時は、水分の出にくい果物を、チョイスしてね。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2017