2019年02月20日

2月のお料理教室

ヘッダー2019-02.jpg

寒い日の多かった今月。
インフルエンザは大丈夫だったでしょうか。
バレンタインデーが過ぎると、春はそこまで。
今回は今が美味しい野菜や果物で「春待ちランチ」」です。


2月【1】春菊とアンチョビーのパスタ

IMG_4685.jpg

寒い時が美味しい春菊、いただきます!

【材料】
スパゲティー______________320g
春菊__________________2束
アンチョビー_______________8枚
オリーブオイル
にんにく

【作り方】
1. 大きめの鍋に、お湯を沸かし、指定の時間でパスタを茹でる。
  春菊は、茎の太いところは割り、3cm長さに切っておく。
2. 茹でている間に、刻んだにんにく、アンチョビーをオリーブオイルで炒める。
3. 茹で上がる直前に、春菊を炒め、茹で上がったパスタを加える。
  茹で汁を少量加えて調整する。


【メモ】
癖のある春菊と、アンチョビーがよく合います。
こんなに春菊がたくさん!と思うけれど、そこが美味しいの。


2月【2】チキンソテー金柑ソース

IMG_4689.jpg

そのまま食べても美味しいですが、加熱した金柑をソースに。

【材料】
鳥もも肉________________2枚
金柑__________________12個
ラムレーズン______________大さじ3杯
塩胡椒

【作り方】
1. 鳥もも肉に、塩コショウをふり、フライパンに入れ、クッキングペーパーを被せ、
  重しになる鍋などを乗せて、弱火で焼く。
  皮目がパリッとして、焦げ目が付いたら、裏返し、中まで火を通す。
  取り出して、暖かい場所に置いておく。
2. 金柑のヘタを取り、5枚に切り、タネを除く。
  油の残っているフライパンに、ラムレーズンと金柑を入れ、
  金柑に焦げ目がつくまで炒める。
3. 鶏肉を切り分けて盛り付け、炒めた金柑とレーズンを添える。

【メモ】
ラムレーズンと金柑が美味しいので、ソースのように使いました。
お肉は豚で鶏でも、お好きなものでアレンジしてみてくださいね。
カジキも美味しそう。


2月【3】焼き野菜

IMG_4710.jpg

二品目のチキンソテーの付け合わせは、写真は里芋のマッシュを焼いた物ですが、
ちょっと重たいので、今回はこの「焼き野菜」にしました。

【材料】
菜花__________________1束
塩___________________ごく少量
ごま油_________________小さじ1杯

【作り方】
1. 菜花は、茎の太さをを半分に切る。
2. フライパンに油をしき、菜花を入れて、塩を振る。
3. 弱めの中火で、加熱し、ヘラで押すように焼き付ける。
  軽く焦げたら、裏返して両面を焼く。

【メモ】
菜花を押し付けるように焼くだけ。
茹でるより手軽で、味わい深いですよ。


2月【4】白ごまブラマンジェ

IMG_4704.jpg

なめらかな食感が、優しいデザート。

【材料】
牛乳__________________350g
白練りごま_______________25g
グラニュー糖______________20g
粉ゼラチン_______________5g
水___________________大さじ2杯
きな粉
黒蜜

【作り方】
1. 粉ゼラチンを、水に振り入れて15分おく。
2. 鍋に牛乳、砂糖、練りゴマを入れ、火にかけて、かき混ぜながら沸騰するまで加熱する。
3. 火を止めて、ゼラチンを入れて溶かす。漉してから、粗熱をとる。
4. 濡らした型に流して冷蔵庫で冷やし固める。
5. 型から外し、きな粉と黒蜜をかける。

【メモ】
葛餅のような、プリンのような?
風邪ひきさんにも、優しいです。


2月【5】金柑のチーズケーキ

IMG_4661.jpg

金柑でもう一品。

【材料】
金柑_________________8個
クリームチーズ____________40g
砂糖_________________小さじ2杯
バニラビーンズ____________1cm
塩少量

【作り方】
1. 金柑の底を、薄く削いで安定するようにする。半分に切り、種を取り出す。
2. クリームチーズに砂糖、バニラビーンズを混ぜ、等分に金柑にのせる。
  ごく少量の塩を振る。金柑の半分をのせる。

【メモ】
簡単に挟むだけ。
でも、この組み合わせは美味しいので、オススメです。
美味しい金柑探してね。おせちにも良かったかな?

posted by さちこ at 00:00| レシピ2019