2020年02月25日

ベトナム旅日記


2662016.jpg

20年以上前から、行きたかったベトナム
この2月に、ようやく実現にこぎつけしました。
「ホイアン」「ダナン」「フエ」
3箇所を回りましたよ。
食を中心に、まとめてみましたので、ご覧ください。

成田からダナンまでの移動時間は6時間。
久しぶりの海外でしたが、出国手続きが簡単になっていて拍子抜け。
オリンピック対応?

行きの飛行機で、お隣に座っていた女性。ダナンの出身で、秋田大学に留学中。
2年ぶりの里帰りとのこと。物理を専攻! リケジョだ。

時差は2時間、巻き戻して行動開始です。
おっと、その前に、薄着にチェンジ!
この時期は、それほど暑くないなぁ。



ホイアン

IMG_6247.jpeg

初日は食事が付いていないので、自分の足で探します。
街歩きで目に着いたのは、電線。
工事の人はどうやってこれを・・・


最初の夕飯は、地元で人気のコムガー「バーブオイ」

IMG_6359.jpeg

コムガーは、com=ごはん、ga=鶏で、チキンライスのこと。
何となく、シンガポールや台湾の海南鶏飯を想像していたら、まるで別物でした。
鳥のモツもしっかり入っているのが、珍しかったです。ニンニク効いてる〜
しかも安いです!
お勧め度高し。


翌日のランチは、バインミー
ベトナムで一番人気だと言うお店「バインミーフォン」
さすがに混んでいました。

IMG_6220.jpeg

美味しい!
そして安い!

赤い飲み物は、100%「スイカ」のジュース。
サッパリして美味しいです。


ベトナム一推しのお土産・・・爪楊枝
???

IMG_6371.jpeg

現地の若者が起業して、大成功を収めたという爪楊枝「チュオンティン」
竹製、極細、安全。
どこのお店もこれを置いていました。


サイトシーイングも、少々

ホイアンは水の街

IMG_6213.jpeg

ランタンで有名です。

IMG_0434.jpeg

川に灯籠を流す習慣があり、夜景が素敵。

IMG_6361.jpeg

ランタンは、畳んでお土産に持ち帰れます。
しか〜し、帰国後どうするのか、多分困るよね?


翌日のランチは「カオラウ」

IMG_6238.jpeg

混ぜそばです。
「伊勢うどん」がルーツ、って本当かなぁ。
麺はツルツル、腰があります。


エッグコーヒー

IMG_6218.jpeg

エスプレッソの上に、サバイヨーネのような卵黄ベースの甘いクリーム。
ティラミスみたいな味の、飲み物です。
お家で再現したいと、思いました。

日本でもエッグコーヒーが飲めるんですね。
知らなかった。


「ホイアン市場」が面白い!

pl-999254085532.jpg

いろいろ、珍しいものが売られています。
ブラブラ歩きも楽しいですが、オートバイやスクーターにはご用心。
みんな、乗ったまま品定め、購入、移動。
ぶつかる〜!と思うけど、みなさん上手なんですよぅ。
さすがに交差する場所では、クラクションはうるさいけれど。



朝早くから、遅い時間まで営業しています。
別の場所には、夜市もあるので、そぞろ歩きには最適な街でした。

IMG_6347.jpeg

どれもこれも、食べてみたい!

IMG_6348.jpeg

野菜の名前がわからないのが悔しい。
レモングラスの束、欲しいよ〜

IMG_6346.jpeg

ひよこ。アヒルです。
育ててから、捌くようです。ペットにするわけでは無いそうな。



ダナンへ移動します。

初めてネコを見ました。犬ばかりでした。野良か飼い犬かわかりませんが。

IMG_0516.jpeg

ダナンは、ベトナム第三の街。ホイアンに比べると都会です。
車とバイクの洪水。信号が少なくて、道を渡るのはほぼ不可能。
ガイドさん有難う!あなたの勇気に感謝です。

IMG_0472.jpeg


名物料理の一つ、「ミークワン」

IMG_6265.jpeg

ミークワンの具材は、鶏肉かカエルを選べます。
チャレンジしてミックスをチョイス。
カエルさん、こんにちは〜


バインベオ

IMG_6268.jpeg

以前、教室でも作りましたが、大きな蒸し器が無いと、人数分作るのが大変。
ガイドさんのお家では、朝食の定番だそうです。
いーなぁ、お邪魔して味見がしてみたい。


バインセオ

IMG_6270.jpeg

このバインセオは、見たことのないタイプ。
日本で頼むと、ターメリックで色付けした皮で、オムレツのように半分におられています。

今回は、手前にある生春巻きの皮で、野菜と一緒に包んでいただきます。
この春巻きの皮は、ごく薄いので、水で戻す必要がありません。便利!
タレは味噌ベースでした。


バナナの花のサラダ

以前、蕾を頂いたのに、食べ方がわからず、もったいないことをしました。
美味しいのに〜

IMG_6277.jpeg


フォーのピザ

IMG_0510.jpg

生地の食感からすると、米粉入りでは?
具材はフォーに載せるものを、トッピング。
もやし、牛肉、唐辛子、ベトナムのハーブあれこれ。
サッパリ系。


町じゅうに木の実がたくさんありますよ。
道端にパパイヤが落ちていても、誰も気にしない。
果物が豊富な土地でもあります。そこも興味津々。
いつか大富豪になったら、巨大温室を作って、南国フルーツを育ててみたいな。
移住した方が早い?

IMG_6339.jpeg

椰子はそこかしこに。頭の上を気にしつつ、お散歩です。


ジャックフルーツ

IMG_0551.jpeg

成長すると、40kgから50kg!
市場では中身だけ取り出して売られています。
買ってみるべきでした・・・今更ながら惜しい。


IMG_0536.jpeg

これ、バレーボールくらいの大きさ。
残念なことに、食べられないんですって。

お花も、日本では温室でしか見られ無いものが、お外でぐんぐん大きくなっています。



フエ

奈良のような、古の都。
最後の王宮など、遺跡がたくさん残っています。
爆撃の跡を修復中。ベトナム戦争。
まだまだ、最近のことなのです。

IMG_6288.jpeg


フエの名物、「ブン・ホー・フェ」
切り口の丸い米麺(ブン)に、牛肉の煮込み、味付けは辛いもの。

IMG_6294.jpeg

ツァーに付いていた食事で、いただけました。
やや辛さ控えめになっていた印象。
自分で美味しい店を探してみたいものです。



ベトナムに、行って感じたこと。
インフラなど、街は成長の真っ最中。
女性がよく働く。
バイクが異常なほど多い(一人一台)。
今回は、新型コロナウィルスの影響で、観光のお客さま少なめ。
無事に帰ってこれたことに感謝です。

20年前に行っていたら、全く別の街だったことでしょう。
バッチャン焼きの器が欲しかったのですが、手描きのものはほぼ無くなっていました。
ハス茶、緑豆のお菓子、あまり見かけないです。
お土産物店では店員さんが、ベトナムコーヒーとチョコレートを猛プッシュ!していました。

ホーチミン、ハノイ。大きな街はどんなかなぁ。
南北に長いベトナムは、日本と同じように、場所によって面白さが違いそう。

以上、ベトナム食い倒れの旅の一席。お粗末様でございました。

IMG_0519.jpeg

posted by さちこ at 19:52| 日記2020〜

2020年02月16日

食べ放題の雛祭り

暖かい二月です。
お料理教室も済んだので、桃の節句に照準を合わせて。
還暦を過ぎたお雛様登場。
最初はこれまでのお膳を、普通に並べておりました。
ふと魔が刺して・・・・
色々なご馳走、我が家にはあるじゃないか!

IMG_0353.jpeg

どれにしようか目移りしちゃう。
手毬寿司はいかにもお節句。
高級握りも、イベント感!
デザートもいるわよねぇ。
迷うなぁ。ワクワク

IMG_6169.jpeg

IMG_6179.jpeg

IMG_6186.jpeg

IMG_6188.jpeg

IMG_6192.jpeg

3日まで、せいぜい「おままごと」を楽しんでみます。
お内裏様がややメタボに見えてきたけれど、気のせい?


posted by さちこ at 00:53| 日記2020〜

2020年02月12日

2月のお料理教室

立春を待たずに、どんどん気温上昇。
一度も氷点下の気温にならないまま、春が来そうです。
風邪の菌、花粉も元気そうなのが困り物。

さて、今月のお料理教室は12日。
ならばやはり「チョコレート」ですよね。
では、バレンタインのランチ、召し上がれ〜


2月【1】アーモンド蕎麦

IMG_6117.jpeg

「胡桃」だれのお蕎麦は、以前ご紹介しました。
初めて食べたのは秩父の「入船」。以来我が家の定番に。
さてさて、今月は「アーモンド」。

【材料】
蕎麦_________________400g
濃縮タイプめんつゆ__________60cc
アーモンド______________100cc
出汁_________________150cc
長ネギ________________20cm
アボカド_______________1個

【作り方】
1. アーモンドは前日から水に浸けておく。
  水から取り出し、出汁とめんつゆを加えて、滑らかになるまでミキサーにかける。
  味を見て、めんつゆを加減する。
2. 長ネギは小口切り。アボカドは食べ良い大きさに切る。
  蕎麦の乾麺は、表示に従って茹で、冷水で締め水気を切る。
3. 器に盛り付け、薬味を添える。

【メモ】
アーモンドのコクが、お蕎麦に良く合います。
地元練馬区の石神井にある「雷鳥」と言うお蕎麦屋さんで出会いました。
お店では麺にもアーモンドを切り込んであります。
月ごとに変わる麺。またチェックに行かなくては!


2月【2】サラダ仕立て刺身

IMG_6125.jpeg

アーモンドつながりで、もう一品

【材料】
マグロ、カツオ、ブリなど________300g
オリーブオイル_____________大さじ1杯
玉ねぎ_________________半分
カイワレ菜_______________1パック
クレソン、ロケットなど適量
「サクサクしょうゆアーモンド」_____大さじ2杯

【作り方】
1. 刺身用の魚を薄く切り、オリーブオイルをかけておく。
2. 玉ねぎは薄切り、他の野菜は食べ良い大きさに切る。
3. 大皿に野菜を盛りつけ、魚を乗せる。
 「サクサクしょうゆアーモンド」を散らす。

【メモ】
Iさんから教えていただいた「サクサクしょうゆアーモンド」
何にかけても美味しい!
お刺身にかけたら、ご馳走になっちゃいました〜
キッコーマンから出ています。
「サクサクしょうゆ」も、同じように使えて美味しいです。

saku_almond.jpg sakusaku.jpg


2月【3】豆もやしと沢庵の炒め物

IMG_6077.jpeg

ウーウェンさんの新しい本からの一品。

【材料】
豆もやし________________1袋
沢庵__________________80g(10cm)
油揚__________________1枚
ニンニク________________1欠け
豆板醤_________________小さじ半分
酒___________________大さじ1杯
油___________________大さじ1杯

【作り方】
1. 沢庵は、5cmの長さに切り、千切りにする。油揚は油抜きして、細切りする。
  大豆もやしは袋の表示に従い、レンジで加熱する。
2. フライパンに油を熱し、ニンニクを潰して入れ、香りが出たら、
  豆板醤を加えて炒める。
3. もやしを加え、油が回ったら、沢庵と油揚を加えて炒め合わせる。
  酒を振ってひと炒めする。

【メモ】
沢庵の塩気で味付けします。ちょっとピリッと、後を引くお味。
豆もやしは、袋のまま下茹でができて、本当に便利ですね。
レンジを使う間に、他の食材の下ごしらえが出来ちゃいます。
今回使ったのは、サラダコスモさんの「有機大豆もやし(オーガニック)」

img_daizu.jpg IMG_6106.jpeg


2月【4】パン・ぺ・パート
   〔オーブン160度 25分〕

IMG_6108.jpeg

イタリアのお菓子です。
「ぺ」は、胡椒のこと。ピリピリするデザート?

【材料】 〔10cmの長さの蒲鉾型2本分〕
ダークチョコレート____________130g
蜂蜜___________________120g
胡桃___________________120g
ヘーゼルナッツ______________60g
アーモンド________________60g
松の実__________________15g
レーズン_________________50g
レモンピール_______________70g
ココア__________________15g
薄力粉__________________50g
エスプレッソコーヒー___________25g
粗挽き黒胡椒_______________小さじ半分
ナツメグパウダー_____________小さじ1杯

【作り方】
1. 蜂蜜にチョコレートを入れ、湯煎で溶かす。粉類を合わせておく。
  ピールは刻んでおく。
2. 1の溶かしたチョコレートに、エスプレッソコーヒーを混ぜる。
3. ナッツ類、ピールに粉類を混ぜ合わせる。
4. チョコレートに3.を加えて混ぜる。
5. 天板に2等分して、蒲鉾型に形成して焼き上げる。
6. 1日乾かしてから、5mmの厚さに切り分ける。

【メモ】
材料の数は多いのですが、手順は簡単。型も不要です。
胡椒が効いているので、お子様にはチョット・・・・
大人のバレンタインということで、いかが?

posted by さちこ at 00:00| レシピ2020