2004年06月17日

6月 @乾燥湯葉の練り胡麻炒め

06乾燥湯葉01.jpg 06ナ麻醤02.jpg
6月は中華の精進料理(薬膳料理)です。
あっさりと、奥深い味が楽しめます。
中国語では「芝麻醤腐竹(ジー・マ・ジョン・フ・ツォッ)」と言うそうです。
※「芝麻醤(チーマージャン)」作りにもチャレンジしてみましょう。
 

<材料>
乾燥棒湯葉(3本)
ニンジン (100g)
ピーマン (2個)
もやし  (1袋)
生姜   (1カケ)
練り胡麻 (大さじ3)
[合わせ調味料]
 老酒  (大さじ1)
 塩   (小さじ1/2)
 胡椒  (少々)
 スープ (180cc)

1. 湯葉をぬるま湯で15分戻す。5センチ長さに切る。
2. ニンジン、ピーマン生姜は、細切りにする。モヤシは根を切る。
3. 鍋にサラダ油大さじ2を入れ、野菜を全て炒め、別の器に取っておく。
4. 同じ.鍋に練り胡麻を暖め、調味料を加えて味を見たら湯葉を入れる。
  軽く煮込んでから、炒めておいた野菜を加える。

<メモ>
中国湯葉は、日本のものよりしっかりしています。
戻すのに、案外時間が掛るかも。

◆芝麻醤の作り方◆

1) 胡麻を低温で時間をかけて煎り、完全に冷めてから油が出ないように
  擂る。フードカッターにかけてもよい。
2) 煙が出るくらいに熱したサラダ油を、胡麻と同量程度加える。
  油の温度は240度が目安ですが、すり胡麻に少量掛けてみて、
  ジューっと音がして焦げないくらいの加減で、混ぜ合わせます。
※ 簡単に作るために、すり胡麻を利用することも出来ます。
  瓶詰めになっている物より香りが高く、美味しい練り胡麻が出来るので、
  一度お試しください。
posted by さちこ at 12:00| レシピ2004