2017年11月15日

11月のお料理教室


クリスマスのお料理を考える季節がやってきました。
ちょっと豪華な何か?
今回は牛肉です。
デザートはキャロットケーキを焼いてみました。
「クリスマスランチ」、召し上がれ〜


11月【1】コロコロピラフ

IMG_2994.jpg

角切りのお肉を多めに入れて。

【材料】
牛ステーキ用___________300g
シメジ______________1パック
ニンニク_____________1欠け
ご飯_______________600g
ナンプラー____________大さじ1杯

【作り方】
1. ご飯は普通に炊いておく。ステーキ肉は、2センチ角に切り分けておく。
  シメジは石づきを切り、小房に分けておく。
2. フライパンにサラダオイルと刻みニンニクを入れて、火にかける。
  香りがたったら、牛肉をいれ、表面に軽く焦げ目を付けたら取り出しておく。
3. シメジを炒め、ご飯を入れて温まったら、牛肉を戻し、ナンプラーで塩加減する。

【メモ】
この組み合わせは、ちょっとエスニック。
大きめお肉が贅沢な感じを演出。焼きすぎないでね。


11月【2】柿とバジルのサラダ

IMG_3031.jpg

柿が美味しい季節ですね。

【材料】
柿_________________2個
バジル_______________1本
赤ワインビネガー__________小さじ2杯
オリーブオイル___________大さじ1杯
塩胡椒

【作り方】
1. 柿は皮をむき、8切れに切り分ける。種があれば、取り除く。
2. オリーブオイル、ビネガー、塩コショウで和える。
3. 盛りつける直前に、バジルをちぎって混ぜる。

【メモ】
組み合わせの妙。柿とバジルは美味しい〜
お試しください。


11月【3】青菜のスープ

IMG_3029.jpg

シンプルですが、鯛のお出汁を堪能。

【材料】
タイのアラ____________1匹分
水________________2リットル
黒胡椒ホール___________20粒
ニンニク_____________1欠け
パセリの茎____________3本分
小松菜______________3茎
春菊_______________3茎
ほうれん草____________3茎


【作り方】
1. タイのアラをよく水洗いする。鍋に2リットルの水を入れ、
  コショウとホールのニンニク、パセリの茎を入れて沸かす。
  沸いたら、アラを入れて強火にし、沸いたらアクを取り、
  ふつふつする程度の弱火にしてアクを取りながら20分煮る。
2. 青菜を茹でておく。
3. スープを塩加減して温め、青菜を入れて温まったら盛り付け、コショウをふる。

【メモ】
見た目は地味です。食べてみると、鯛の美味しさが味わえます。
お野菜は、組み合わせると変化が出て面白いです。


11月【4】キャロットケーキ

IMG_3049.jpg

この頃人気のキャロットケーキ。焼き上がりにフロスティングをプラス。

【材料】 〔パウンド型1台分〕
卵________________1個
サラダ油_____________60g
きび砂糖_____________40g
はちみつ_____________10g
牛乳_______________25g
人参_______________55g
レーズン_____________25g
くるみ______________15g
ココナッツファイン________15g
チョコレート___________30g
薄力粉______________80g
シナモン_____________小さじ1/8杯
五香粉______________小さじ1/8杯
ベーキングパウダー________小さじ1/2杯
ベーキングソーダ_________小さじ1/4杯
クリームチーズ__________100g
バター______________5g
粉砂糖______________10g

【作り方】 〔180度40分〕
1. 砂糖以外の粉類を、すべて合わせておく。
  ニンジンは細い千切りか、粗いすりおろしにしておく。くるみはから焼きして刻む。
  クリームチーズに、バターと粉砂糖を混ぜてクリームを作っておく。
2. ボールに卵を溶き、きび砂糖を混ぜる。サラダオイルを少しずつ加えて混ぜる。
  はちみつ、ニンジン、牛乳を混ぜる。
3. 粉類を加え、ざっと混ぜたらナッツ類チョコレートを加え、
  パウンド型に流し、焼き上げる。
4. 冷ましてから、クリームを塗る。

【メモ】
そのままでは寂しいので、フロスティングをプラス。
お客様にもお出しできそうでしょ?
翌日食べても美味しいですよ。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2017