2018年09月19日

9月のお料理教室


記録的な暑さ、記録を超えそうな数の台風。
震度7からの北海道大停電!
だんだん被害の状況がわかってきました。
体調、いかがですか?
ようやく涼しくなった空気を深呼吸して、美味しいものいただきましょうね。
「体力回復ランチ」召し上がれ。


9月【1】パスタ・ジェノベーゼ

IMG_4052.jpg

プランターに種を蒔いたら、大繁殖!
寒さに当たる前に、しっかりいただきます。

【材料】
パスタ________________320g
バジル________________一つかみ
塩__________________小さじ1杯
オリーブオイル____________40cc
アーモンド______________40g
卵__________________4個

【作り方】
1. アーモンドはオーブンで空焼きする。160度で15分。ミキサーで粉状にしておく。
2. パスタを茹でる。指定の時間の残り3分になったら、卵を入れて一緒に茹でる。
3. 茹でている間にバジルペーストを作る。
  ミキサーに、バジルとオリーブオイル、塩を入れてペーストにする。
  アーモンドパウダーを混ぜる。
4. パスタをバジルペーストで和え、盛り付けたら、中心に半熟卵を乗せる。

【メモ】
松の実がスタンダードですが、アーモンドも美味しいです。
半熟卵がソースの役目をして、優しいお味になりました。
温泉卵がお好きなら、それもまたよし。


9月【2】カツオの刺身 ─ サフラン・マヨネーズで

IMG_4071.jpg

サフランの使い道はパエリアだけではない!

【材料】
カツオ_________________1作(350g程度)
太白ごま油
にんにく________________1/4片
マヨネーズ_______________大さじ4杯
サフラン________________二つまみ
酢___________________小さじ2杯
ゴーヤ_________________1/2本
ミョウガ________________3個
長ネギ_________________1本

【作り方】
1. サフランに酢を加えて、10分ほどおく。マヨネーズに混ぜる。
2. カツオは表面にニンニクと塩をすりこんで、皮目から、ごま油で表面の色が変わる
  程度に全体を焼く。1cm厚さに切り、皿に盛り付ける。
3. 付け合わせの野菜は、千切り、薄切りにし、混ぜ合わせて水分をよく切る。
  長ネギは、白い部分だけ使い、白髪ネギにする。
4. サフラン・マヨネーズを添える。

【メモ】
組み合わせって、本当に面白い。これはヒット!
サフランをお持ちの方、大事にしすぎて使わないのはもったいないですよ。
野菜はお好みで変えてくださいね。


9月【3】ほうれん草とアボガドのおひたし

IMG_4013.jpg

大定番。こちらも組み合わせの妙で面白いお味に。

【材料】
ほうれん草______________1束
アボカド_______________1個
ごま油________________大さじ1杯
醤油_________________小さじ2杯
ピスタチオ(刻んで)_________大さじ3杯

【作り方】
1. ほうれん草は茹でて、よく水気を切る。3cm長さに切る。
2. アボカドは半分に切り、種と皮を除いて、5mm厚さに切る。
3. 醤油とごま油で和え、盛り付けてから、ピスタチオをかける。


【メモ】
体に良いと言われるナッツ類を、お料理に取り入れましょう。
おやつにすると、食べ過ぎちゃうからね。
コクが出て、無理のない減塩にもつながります。


9月【4】豆乳甘酒

IMG_4097.jpg

【材料】
お米_________________1合
水__________________5合
米麹_________________一袋
無調整豆乳______________400cc
温度計

【作り方】
1. お粥を炊く。米を洗い、浸水30分。中火で加熱し沸騰するまで時々かき混ぜる。
  沸騰したら、蓋をずらして乗せ、弱火で15分加熱。蓋を閉めて20分蒸らす。
2. お粥を炊く間に、麹をよくほぐして、室温に置く。
3. お粥が70度になったら麹を混ぜる。
4. 土鍋の蓋をしめ、1時間放置する。
5. 温度を測り、60度を保つように加熱、放置を繰り返し6時間ほど、発酵させる。
  魔法瓶などを利用すると、温度を保ちやすい。
 (保存は冷蔵庫で一週間。それ以上保たせるには、しっかり加熱して、発酵を止める)
6. 甘さを確認して、出来上がったら、豆乳と割る。

【メモ】
意識する温度は60度。これさえ守れば、失敗はありません。
上下の幅10度以内で管理できたら、短時間でうまくいきます。
飲むだけでなく、いろいろなお料理に使えます。
不思議なくらいお米が甘くなりますよ。
夏休みの自由研究に良かったかしら?

10204.jpg

posted by さちこ at 00:00| レシピ2018