2019年04月17日

4月のお料理教室

ヘッダー2019-04.jpg

今年は、桜の開花から散るまでを、ゆっくりと楽しめましたね。
急な寒波には驚きました。
もう大丈夫かな?
今回は「ちょっとエスニックなランチ」です。
春の食材も登場。


4月【1】梅干しのパッタイ

IMG_4785.jpg

甘酸っぱい春雨炒め。
「マンゴツリーカフェ」のレシピを参考に。

【材料】
センレック(パッタイ用の乾麺)_____200g
エビ__________________12尾
モヤシ_________________1袋
卵___________________3個
サラダ油
沢庵__________________40g
厚揚げ_________________1枚
干しエビ________________大さじ3杯
ニラ__________________1束
梅干し_________________3個
砂糖__________________大さじ2杯
ナンプラー_______________大さじ1杯
ピーナッツ
ライム

【作り方】
1. センレックを、20度の水に40分浸けておく。
2. エビは殻をむき、背ワタを取る。
  沢庵は5mm角、厚揚げは1cm角、ニラは4cmの長さに切っておく。
3. 梅干しは種を取り、砂糖とナンプラーを混ぜてペースト状にしておく。
4. センレックは、水気をよく切る。
5. 鍋に油を温め、卵を溶いて大きめのスクランブルエッグにして、取り出しておく。
6. エビ、厚揚げ、沢庵を炒め、センレックを加えて炒め、
  合わせておいた梅ソースを加える。
  スクランブルエッグを戻し、干しエビ、モヤシとニラを加える。
7. 盛り付けて、砕いたピーナッツとライムを添える。

【メモ】
タマリンド登場。でもなかなか売っていないのです。
代わりに梅干しを使いました。甘辛酸っぱい、エスニックの基本に近づけましょう。
パッタイ用のソースは売られていますが、原材料を見ると、タマリンドが入っていないので驚きました。なぜ?




4月【2】カツオの生春巻き

IMG_4907.jpg

初めて作った時とは、随分変わりましたよ。

【材料】
カツオ_________________300g
アボカド________________1個
大葉__________________2束
貝割れ菜________________1パック
玉ねぎ_________________1/2個
生春巻きの皮______________8枚
醤油__________________大さじ3杯
バルサミコ酢______________大さじ3杯

【作り方】
1. カツオは細長く切る。アボカドはタネと皮を取り、縦長に切る。玉ねぎは薄切り。
2. 生春巻きの皮は、水に濡らし、クッキングペーパーに置く。
  具材を等分しておき、包む。切り分けて盛り付ける。
3. 小鍋にバルサミコを入れ、軽く煮詰めて醤油を加える。
4. 生春巻きにソースを添える。

【メモ】
30年ほど前、初めて作った時は、スタンダードなレシピでした。
その後、何を巻いても良いよね?と言う、気持ちの変化がありまして。
今回は、カツオと薬味を巻いて、一口刺身?
サーモンやハマチでも美味しいですよ。薬味もお好みでどうぞ。


4月【3】タケノコの唐揚げ

IMG_4902.jpg

テレビで見かけた一品。
美味しそうだったのでトライ!

【材料】
たけのこ________________300g
醤油__________________小さじ1杯
みりん_________________小さじ1杯
酒___________________小さじ1杯
片栗粉_________________大さじ2杯
揚げ油
花かつお________________5g
塩___________________小さじ1/3杯
山椒

【作り方】
1. たけのこの水煮は、小さめの一口大に切る。調味料を混ぜて10分ほどおく。
2. 鰹節を乾煎りして、細かく砕き、塩を混ぜておく。
3. 筍の水分を切って、片栗粉を混ぜる。油であげる。
4. 油を切ったら、カツオをまぶす。山椒を振る。


【メモ】
春の食材の代表タケノコ。
時として、大量の到来物に悩む事も。
さて、どうお料理しましょう?
唐揚げは、作ったことがなかったので、挑戦してみました。
目新しくて好評でした。
お試しあれ。


4月【4】きんつば

IMG_4923.jpg

なぜかデザートは和菓子の定番。

【材料】
小豆__________________250g
砂糖__________________150g
寒天__________________5g
水___________________150cc
〔生地〕
 薄力粉______________50g
 白玉粉______________20g
 水________________120cc
サラダ油

【作り方】
1. 小豆を柔らかくゆでる。
  煮汁と豆を分け、煮汁の底に溜まる小豆のオリをとっておく。
  水150ccに砂糖を加えて煮溶かし、寒天を加えて溶かしたら、
  小豆とオリを戻し煮詰める。
2. ヘラで混ぜて、鍋底が見えるようになったら、流し型に入れて冷ます。
3. 完全に冷えたら、取り出して、切り分ける。
4. 衣の生地を混ぜ合わせる。
  白玉粉を少量の水で溶かし、塊がなくなったら残りの水を混ぜ、薄力粉を混ぜる。
5. 170度に設定したホットプレートに薄く油を敷く。
  切り分けた餡に衣を付け、一面50秒ずつ焼いていく。
  全面焼いたらクッキングペーパーに並べて冷ます。

【メモ】
シンプルで簡単そう・・・。
そう思う?
やってみたら、六面を順序良く焼くの、意外に大変〜、ナメていましたわ。
コツがある、と言うことですね。
一個焼くと、分かってきます。やってみてください。
小豆の煮方は、お好きな方法で。柔らかめでお願いします。
お砂糖の量は、控えめにしています。和菓子の基本だと、小豆と砂糖は同量です。
甘いのが良い!という方は、どうぞ同量で作ってみてください。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2019