2004年02月19日

2月 @ローストポーク

02@1ローストポーク.jpg 02@2ローストポーク.jpg
低温でゆっくり肉を焼く。初めての体験です。
お味も初めての美味しさで、ビックリ。


<材料>
豚ロース肉(塊)(500g)
ニンジン(大1本)
オレンジ(1個)
オレンジの皮(1/4個分)
バター(30g)
粗塩

<作り方>
1. 豚肉は、室温に戻し、塊のまま熱したフライパンに、脂肪の付いた
  面から入れて、切り口以外の面にしっかりと焼き色をつける。
2. オーブンを160度に暖め、肉を入れたら、ちりちりと言う肉の焼ける
  音がしない程度の温度に下げて調節しながら、1時間かけて焼く。
3. 肉を焼く間にニンジンでソースを作る。
  オレンジの果汁を絞り、表皮をそいで入れ、中火にかけてとろみが
  付くまで煮詰める。煮詰める間に、ニンジンの皮をむいて摩り下ろし、
  ジュースに加えて煮込む。
  バターを入れてミキサーにかけ滑らかにする。
4. 焼きあがった肉はアルミホイルで包み、30分おいて馴染ませてから
  1センチ厚さに切り分ける。粗塩少々を振り、ソースを添える。

<メモ>
ニンジンって美味しかったんだなぁ・・・と改めて感じます。
うんと控えた調味料が、素材を本当に引き立てて。
posted by さちこ at 12:00| レシピ2004