2011年07月13日

7月のお料理教室

今年は猛暑が早くやってきて、すでに臨戦態勢!
熱中症は大丈夫でしょうか。
長い夏になりそうですよ。しっかり食べましょうね。

今月は、夏の和食。さっぱりと、でも高タンパクで。
デザートは旬のトウモロコシでパンを焼きます。


7月 【1】 豆乳つけ蕎麦

2011-07-Soba_3132.JPG

普通のもり蕎麦だけでは、たんぱく質が不足ぎみ。
今回の付け汁は豆乳で作ります。
お揚げも入って、大豆たんぱく満載です。

【材料】
蕎麦(乾麵)__________400g
豆乳(無調整)_________500cc
濃縮麺つゆ___________60cc
油あげ_____________2枚
すり胡麻____________大さじ4杯

【作り方】
1. 麺を茹でるお湯を沸かす。
2. 油揚げをテフロンのフライパンで、油をひかずに焼く。
  もしくは魚焼きかオーブントースターで軽く焦げ目が付くまで焼く。
  1cm幅に切る。
3. 豆乳を温め、濃縮タイプの麺つゆで好みの味に加減する。
4. 蕎麦を茹で、冷水で洗って、ザルに盛り付ける。
5. 麺つゆを盛り分け、揚げを入れ、胡麻を振る。

【メモ】
お蕎麦は、合わせるものを嫌わない素直な食材ですね。
カレーでも生クリームでも何でもござれ。
今回は大豆づくし。お揚げの焦げ目がポイントです。


7月 【2】 トマトおから

2011-07-Tomao_3454.JPG

こちらも大豆。意外な組み合わせが美味しいです。

【材料】
完熟トマト___________大2個
塩_______________小さじ1/2杯
おから_____________200g
太白胡麻油________________大さじ2杯
枝豆______________100g(剥いて)

【作り方】
1. トマトは湯むきして、ざっくりと切り、塩を加えて手でつぶす。
  枝豆を塩ゆでし、皮を二度むきにする。
2. つぶしたトマトにおからを加え、トマトの水分を吸わせる。
  ごま油を加え、手で和え、豆を加え盛り付ける。

【メモ】
おからに火は通しません。新鮮なおからを手に入れてくださいね。
トマトですが、いっそトマトジュースでも美味しくできるかもしれません。
写真の豆はグリンピースです。今の時期なら枝豆が最適! たっぷりどうぞ。


7月 【3】 オレンジポーク

2011-07-Pork_3458.JPG

豚とオレンジは相性が良いです。
そこにお醤油をプラスすると、お惣菜にぴったり。

【材料】
豚スライス___________400g
オレンジジュース________100cc
醤油______________大さじ1杯
サラダ油

【作り方】
1. オレンジジュースに醤油を混ぜ、豚肉を漬けて30分ほど冷蔵庫に入れておく。
2. フライパンにサラダ油を少量熱して、肉を焼き取り出す。
3. 漬けていた汁をフライパンで煮詰め、ソースとしてかける。
4. 好みの野菜を付け合わせる。

【メモ】
ローストポーク、オレンジソース添え、っていうと何だか高級感。
でも、お惣菜なので簡単にジュースに漬けて焼いてみました。
お醤油が入れば、ご飯も進む! 日本人だよねぇ〜


7月 【4】 コーンブレッド
〔オーブン180度 30分〕

2011-07-Bread_3434.JPG

一般的にコーンブレッドは、コーンミールを使って焼きます。
でも、折角生のコーンが美味しいこの季節。使わない手は無い!

【材料】
トウモロコシ___________1本
強力粉______________300g
塩________________小さじ1/3杯
水________________120cc
イースト_____________小さじ1杯
バター______________10g

【作り方】
1. トウモロコシは皮ごと水から茹で、実をこそげてミキサーなどでペースト状にする。
  一本から150g程度作れる。
2. ボールに塩、小麦粉、を混ぜる。
  イーストを加えた水、トウモロコシペースト、バターを混ぜる。
  まとまるまで10分間こねる。
3. 丸めてボールに入れ、ラップで蓋をして、30度の場所に1時間置く。
4. 生地が倍の大きさに膨らんだら、ガス抜きして、二等分し、丸め直して10分間ベンチタイムを取る。
5. 型に入れ、倍の大きさになるまで、30分ほどおき発酵させる。
  180度のオーブンで30分焼く。

【メモ】
コーンのペーストは、まとめて作っておくと、コーンスープが直ぐにできますね。
焼き立てはもちろん、翌日はトーストしてみてください。
甘味が自然で美味しいパンになりました。
posted by さちこ at 00:00| レシピ2011