2006年04月30日

『大橘』をいただきました。

大橘01 大橘02
たいへん珍しいものをいただきました。
品種名を「大橘(おおたちばな)」という、文旦の一種です。
しっかりした果肉でサクサクッとした食感。香りがよくて、ジューシー。
さっぱりした味だけど、酸味と甘みのバランスが最高。

いただいたのは、瀬戸内海の離島で栽培されているもので、果樹農家の自家用だそうです。(無農薬でワックスなしのため青カビが出やすい、とのこと) ごちそうさまです。

ちなみに、文旦は東南アジアが原産で、まず鹿児島に入ってきたといわれています。サワーポメロ(鹿児島)、土佐文旦(高知)、パール柑(熊本)など、現在15種類ほどあるそうです。  

【ご参考】 ⇒ぶんたん博物館
 (この果樹園は、上記瀬戸内海のものとは異なります)
posted by さちこ at 12:00| 日記2006