2016年04月27日

4月のお料理教室

ベランダのレモングラスで献立作り。
タイの風を感じましょう。
エスニック・ランチ をどうぞ。


4月【1】鶏とレモングラスの炊き込み御飯

IMG_0858.jpg

材料の多さ、手順の多さ!に尻込み?
実際に作ると、意外に簡単です。レッツトライ。

【材料】
鶏もも骨つき肉__________1本
レモングラス___________2本
しょうが_____________3枚
長ネギ(青い部分)________1本分
水________________3カップ
米________________2カップ
バター______________15g
にんにく(みじん切り)______大さじ1杯半
紫玉ねぎ(みじん切り)______大さじ2杯
ヌクマム_____________大さじ半分
塩________________少々
しいたけ_____________8個
しめじ______________1パック
オイスターソース_________大さじ2杯
トマトケチャップ_________大さじ2杯
シーズニングソース________大さじ1杯
ごま油______________大さじ1杯
黒胡椒______________少々
サラダ油_____________大さじ2杯
万能ネギ_____________5本
香菜_______________適量

【作り方】
1. 鶏もも肉でスープを作る。
  鍋に鶏肉、しょうが、ネギ、水3カップを入れ火にかける。
  沸騰したらアクを取り、弱火で煮る。
  鶏肉に火が通ったら、しょうがとネギを除き冷ましておく。
2. 米を研ぎ、ザルに上げて30分おく。
  フライパンにバターを熱し、にんにく大さじ1杯と紫玉ねぎを炒める。
  米を加えて炒め、透明感が出たら炊飯器に入れて、1.のスープ350ccと、
  斜め切りにしたレモングラス、ヌクマム、塩を加えて炊く。
3. 1.の鶏肉は食べやすい大きさに裂く。しいたけは石づきを取り、6等分。
  しめじは小房に分ける。ボウルに鶏肉とキノコ、調味料を混ぜておく。
4. フライパンにサラダ油を熱し、にんにく大さじ半分を炒め、3.をつけ汁ごと
  加えて炒める。
5. 炊き上がったご飯に、4.と万能ネギ、香菜を乗せて5分間蒸らす。
  全体を混ぜて盛り付ける。

【メモ】
炊きたてを召し上がってみて。また作りたいと、きっと思いますよ。
レモングラスを一鉢、育てないとね。


4月【2】ザワークラウト

IMG_0889.jpg

今月も大量のキャベツを、消費します。

【材料】
キャベツ
塩________________2パーセント

【作り方】
1. キャベツは千切りにする。太さはお好みで(細い方が早く出来上がる)。
2. 2パーセントの塩を加え、揉み込むように混ぜる。
  保存袋に入れて、しっかりと空気を抜く。室温で1週間から10日で出来上がる。

【メモ】
常温で保存するうちに、酸味が付いてきます。
サラダとして、カレーの付け合せに。
多めに仕込んでおけば、便利な保存食。


4月【3】ザワークラウトのサラダ

IMG_8662.jpg

では、早速活用!

【材料】
ザワークラウト__________150g
キャベツ_____________150g
ベーコン_____________30g
酢________________小さじ1杯
クミンシード___________大さじ1杯
サラダ油

【作り方】
1. 生のキャベツはザワークラウトと同じくらいの太さに切る。
2. 中火で油をひかないで、ベーコンをカリッとするまで焼く。
  酢を加え、一煮立ちしたら冷ます。
3. ボウルに生キャベツ、ザワークラウト、2.のベーコン、クミン、サラダ油を入れて
  和える。

【メモ】
漬けておいたキャベツの酸味が、調味料。
歯ごたえの差が面白いですよ。クミンは是非とも入れてくださいね。


4月【4】バナナ大福

IMG_8581.jpg

苺大福から始まったフルーツ大福あれこれ。
バナナも美味しいですよ。

【材料】
白玉粉______________150g
水________________150cc
バナナ______________1本
つぶあん_____________150g
片栗粉

【作り方】
1. バットに片栗粉を広げておく。
  バナナを8個に切り、8等分した餡で包み、丸めておく。
2. テフロンの鍋に、白玉粉と水を入れて、よく混ぜてから点火する。
  ヘラで混ぜ、全体がまとまってから、しばらく練り、片栗粉の上に取り出す。
3. 菜箸で生地を8等分に切り分ける。生地を手のひらに広げ、餡をのせて包む。
  丸い形に整える。

【メモ】
酸味が少ないバナナが、イチゴより美味しいという意見もありますよ。
手軽に試せますし、バナナは通年使えるので、おやつによろしいのでは?


4月【5】レモングラスほうじ茶

お料理に使うレモングラスの葉先、お茶に使います。

【材料】
ほうじ茶
レモングラス

【作り方】
1. レモングラスは1センチくらいの長さに切る。
2. お湯を沸かし、ポットにほうじ茶とレモングラスを入れ、熱湯を注ぐ。
  1分ほどおいて、注ぎ分ける。

【メモ】
レモングラスは意外に香りが強いです。
ほうじ茶に合わせると、さわやか。
ベランダのレモングラス、どんどん育つといいな。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2016

2016年03月23日

3月のお料理教室

すっかり春!と思っていたら、意外な寒さが戻ってきましたね。
風邪ひきさんはいませんか?
春分の日も過ぎ、今度こそ本当に春ですよね。
行楽にも良さそうなレシピを発見しました。
春のランチを召し上がれ。


3月【1】パンで海苔巻き

IMG_0880.jpg

2月の恵方巻きロールから、どうやら巻物付いているようです。
今回はパンでくるくる。

【材料】
8枚切り食パン__________8枚
マヨネーズ
マスタード
レタス、トマト、ハムなどお好みで
ゆで卵
焼き海苔_____________4枚

【作り方】
1. パンは耳を落とす。ゆで卵は刻んで、マスタード、マヨネーズと和えておく。
  具材は水気を切っておく。
2. 巻き簾に縦長に海苔をのせ、手前半分にマヨネーズを塗り、食パンを2枚並べておく。
  具材を並べ、巻いていく。巻き終わりを下にして、5分ほどおく。
3. 濡れ布巾で拭いた包丁で、切り分ける。

【メモ】
中に入れるものは、お好みで。
アボカドとカニカマ、サーモンとクリームチーズなどなど。
中身の量を欲張り過ぎると、パンの端が合いませんよ。ご用心。
海苔が濡れて、仕上がりがいまひとつになります。
お弁当にも使えそうですよね。もちろん、行楽のお供にもどうぞ。


3月【2】豆乳マヨネーズ

IMG_0887.jpg

サンドイッチに使います。
自家製も美味しいですね。

【材料】
豆乳_______________75g
太白ごま油____________120ml
メープルシロップ_________小さじ3分の1
酢________________5ml
塩________________少々

【作り方】
1. 容器に豆乳と塩、メープルシロップを入れる。ブレンダーで4秒攪拌する。
2. 油を5回に分けて加えながら、10秒ずつ攪拌する。最後に20秒攪拌する。
3. 酢を入れて、10秒攪拌する。

【メモ】
油は菜種油でも作れます。
メープルシロップ以外に、アガペシロップも美味しいです。
冷蔵庫で、1週間は保存が可能。
アレンジも自在です。
バーミックスをお持ちの方、お試しあれ。


3月【3】キャベツのグラタン

IMG_0863.jpg

春キャベツの美味しい季節。
白菜の次は、キャベツでもグラタン!

【材料】
キャベツ_____________4分の1
玉ねぎ______________4分の1
エビ_______________150g
牛乳_______________500cc
小麦粉______________50g
バター______________大さじ2杯
ピザ用チーズ
塩コショウ

【作り方】
1. キャベツは芯を取り、4cm角のざく切り。玉ねぎは薄切り。
  エビは殻と背わたを取る。エビが大きい時は、適当に切る。
2. フライパン中火で、バターを溶かし、玉ねぎはしんなりするまで炒める。
  キャベツを加え、軽く色づいてしんなりし、甘みが出るまで炒める。
3. エビを加えて炒め、色が変わったら小麦粉を加え、全体になじんだら、
  冷たい牛乳を一度に加え、強火にして、沸騰したら中火にし、
  混ぜながら10分間煮込む。塩コショウを加える。
4. 耐熱容器に移し、チーズをのせて焼く。

【メモ】
山のようなキャベツが、どんどん平らに。
多めにご用意ください。
春とはいえ、肌寒い日にぴったりの一皿です。


3月【4】ミミケーキ

IMG_0881.jpg

「ミニ」ではなく、「ミミ」です。

【材料】
パンのミミ_________8枚分
卵_____________2個
牛乳____________3000cc
バター___________大さじ2杯
レーズン__________50g

【作り方】
1. パンの耳は、幅と同じ長さに切る。卵と牛乳を溶き合わせ、漬けてしみこませる。
2. レーズンはお湯で軽く洗い、水気を切ってから加える。
3. 弱火にかけたフライパンにバターを入れ、溶けたら生地を入れてならし、
  蓋をしてゆっくり焼く。焼き色を見て裏返し、同様に焼く。
4. 切り分け、メープルシロップなどをかける。

【メモ】
古いレシピ本に載っています。(2巻目の98ページ)
久しぶりにサンドイッチを作ったら、当然のようにミミケーキも登場です。
懐かしいおやつの出来上がり。
時間があるなら、型に入れてオーブンで焼くと、おしゃれ。
豪華にするなら、バニラアイスを添えても良さそう。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2016

2016年02月17日

2月のお料理教室

暖かい冬のおかげで、花粉の飛散が早いとか。
マスク姿の方、たくさんお見かけします。
バレンタインが過ぎれば、そろそろ桃のお節句ですね。
今回は「野菜づくしランチ」の女子会です。


2月【1】トマト丼

IMG_8573.jpg

トマトを卵でとじて、丼にします。
時間がない!・・・そんな日に。

【材料】
トマト______________2個
卵________________3個
ミツバ
ナンプラー____________大さじ1
しょう油_____________大さじ1
はちみつ_____________小さじ2杯
水________________150cc
ご飯_______________4杯

【作り方】
1. トマトは2センチくらいの角切り、ミツバはざく切りにしておく。
2. 鍋に、水、はちみつ、ナンプラー、しょう油を合わせて煮立て、トマトを入れる。
3. トマトが温まったら、溶き卵を流し入れて、ミツバを散らす。
4. 器にご飯を盛り、四等分して盛り付ける。

【メモ】
ミツバはパクチーでも。
冬のトマトは意外に美味しい、というのがわかる丼物です。


2月【2】鶏ハムのパクチーソース

IMG_8532.jpg

パクチーをたっぷりどうぞ!

【材料】
鶏胸肉______________2枚
〔ソミュール液〕
 水____________500cc
 クレージーソルト_____大さじ2杯
 ホワイトペッパー(粒)__5粒
 ローレル(ホール)____1枚
 タイム(生)_______4枝
 砂糖___________大さじ1杯
〔茹でるための水〕
 水____________1リットル
 ミルポワ_________20g
 (玉ねぎ、人参、セロリなど)
 ローレル_________1枚
 タイム__________2枝
 白ワイン_________大さじ2杯
〔パクチーソース〕
 パクチー_________4株
 オイスターソース_____大さじ1杯
 しょう油_________小さじ1杯
 えごま油_________100cc
 香酢___________少々

【作り方】
1. 鍋にソミュール液の材料をすべて入れ、一煮立ちしたら冷ましておく。
2. 鶏胸肉は皮を取り、フォークで両面10箇所くらい刺して保存袋に入れ、
  1.のソミュール液に浸け、空気を抜き、密閉して冷蔵庫で一晩寝かせる。
3. 厚手の鍋に茹でる水を沸かす。沸騰したら、水洗いした鶏肉を入れて、
  再沸騰3分加熱で火を止め、フタをして完全に冷めるまで室温におく。
4. パクチーソースを作り、切り分けた鳥ハムにかける。

【メモ】
鳥ハムの作り方も、いろいろ。タコ糸で形成するのはやめました。
茹でた後のスープ、是非ともご利用くださいね。
今回は鳥ハムを、ソースでアレンジ。
茹でた青梗菜なども一緒に食べると美味しいです。
蒸したり焼いたりした鶏肉にも、美味しいソースですよ。


2月【3】白菜とネギのグラタン

IMG_8533.jpg

想像以上に美味しいです。見た目は地味?

【材料】
白菜_______________白い軸600g
長ネギ______________1本
太白ごま油____________大さじ2杯
塩________________ひとつまみ
薄力粉______________小さじ1杯
豆乳_______________100cc
味噌_______________小さじ2杯
チーズ______________50g

【作り方】
1. 白菜は繊維に沿って5mm幅の細切り、ネギは5mm幅の斜め切り。
2. フライパンにオイルを入れ、中火にして野菜を入れ、
  塩を振りながら甘みが出るまで、じっくり炒める。
3. 野菜にとろみが出たら、小麦粉をふり入れて混ぜる。
  豆乳、味噌を加えて柔らかめのホワイトソース程度まで煮詰める。
4. 耐熱容器に入れて、チーズをかけ、表面に焦げ目がつくまで焼く。

【メモ】
オーブンだと230度で15分が目安。
今回はガス台の魚焼きで、9分で出来上がりました。
野菜がこんなにも甘いとは。
お味噌とチーズも合いますよ〜


2月【4】スコップケーキ

IMG_8538.jpg

最近の流行でございます。

【材料】
〔スポンジ〕
 卵____________3個
 ヨーグルト________大さじ2杯
 薄力粉__________大さじ4杯
 コーンスターチ______小さじ2杯
 砂糖___________大さじ3杯
生クリーム____________200cc
クリームチーズ__________100g
砂糖_______________大さじ2杯
〔シロップ〕
 水____________150cc
 砂糖___________50g
 レモン汁_________1個分
イチゴなどお好みの果物

【作り方】
1. スポンジ生地を焼いて冷まし、3等分しておく。
 (スポンジの作り方は、先月のレシピを参考に。市販のものでも良いです)
2. シロップを作る。水に砂糖を加えて沸かし、冷めてからレモン汁を加えておく。
3. 生クリームを泡立て、砂糖を大さじ1杯加える。
4. クリームチーズを柔らかいクリーム状にして、砂糖を大さじ1杯加え、
  3.で泡立てた生クリームの半量を加える。
5. バットなどの器に、スポンジ生地を敷く。
  シロップを打ち、チーズのクリームを半量、果物をのせる。
  繰り返して、最後に生クリームを表面に塗って、果物を飾り仕上げる。

【メモ】
素敵なデザインのケーキ・・・ハードルが高いですね。
家族で楽しむなら、手軽さも大切。
スコップですくって、好きなだけ召し上がれ。


posted by さちこ at 00:00| レシピ2016

2016年01月21日

一月の日常


雪が降り、寒さもひとしお。

IMG_8507.jpg


こんな日はお家でゴソゴソ。

IMG_8512.jpg


先日の恵方巻きの続きをご報告。
ブラックココアをご覧くださいな。

IMG_8506.jpg

焼きあがると、これだけ黒い!
海苔に見えるでしょうか?
富澤商店で購入しました。

IMG_8515.jpg


先日の頂き物「仏手柑」を煮てみました。
茹でこぼすこと3回。
お砂糖で煮込んでマーマレードの出来上がり。
独特の香りがします。
コーヒーと一緒がいいかな?

IMG_0755.jpg


寒い日はしばらく続くようです。
風邪に注意、足元もよーく注意しなくては。


posted by さちこ at 23:09| 日記2016

2016年01月20日

1月のお料理教室


今日は、二十日正月です。
小豆粥をいただくのが、習わしですね。
暦にしたがって、決まった献立をいただくのも、生活の知恵。
今日は寒い季節にオススメの「鍋でランチ」です。


1月【1】鶏団子鍋

IMG_8382.jpg

たっぷりの白菜から、いいお出汁ができますよ。

【材料】
鶏モモ挽肉____________400g
白菜_______________半株
昆布_______________5×5cmを2枚
レンコン_____________小1節
人参_______________小1本
しいたけ_____________1個
生姜_______________1かけ
卵白_______________1個分
ミニトマト____________1パック
塩、酒

【作り方】
1. 白菜を5cmの長さに切り、鍋に敷き詰め、間に昆布を挟む。
  かぶるまで水を加え、柔らかくなるまで中火で煮る。
2. ボウルに挽肉を入れ、塩二つまみ加えて粘りが出るまで混ぜる。
  卵白を加えてさらに混ぜる。
3. レンコン、しいたけ、人参を5mm角、生姜はみじん切りにして、挽肉に加える。
4. 柔らかくなった白菜に、塩小さじ2と酒大さじ3杯加え、味を見る。
  挽肉をスプーンで丸めて鍋に加える。弱火で加熱し、
  団子に火が通ったらトマトを加える。

【メモ】
味は薄めですが、鶏肉と白菜の旨味がたっぷりです。
締めは麺がいいかな?


1月【2】白キムチ

IMG_8422.jpg

アツアツの鍋には、冷たいお漬物。

【材料】
白菜_______________半株
塩________________白菜の重さの2%
人参_______________50g
ニラ_______________5本
長ネギ______________半分
生姜、ニンニク__________各ひと欠け
りんご______________100g
鷹の爪______________5本
昆布_______________10cm
ナンプラー____________小さじ2杯

【作り方】
1. 白菜はざく切りにして、水洗いしてザルにあげる。
  水分の付いたまま、厚手のビニール袋に入れ、塩をまぶす。
  水気が出てしんなりしたら、空気を抜いて口を閉じ、三日ほど室温におく。
  つけ汁が少し濁ってきたら、薬味の食材を加える。
2. 人参、生姜、ニンニクは千切り。
  ニラはざく切り。長ネギは縦半分にしてから斜め薄切り。
  りんごは擦りおろす。昆布は短冊。鷹の爪は半分に折って、種を取る。
3. 全てを白菜に混ぜ、半日で食べ頃になる。


【メモ】
一株の白菜が、漬物と鍋で使い切れますよ。
白キムチは、優しいお味。さらに別のお料理に変化させるのも簡単。


1月【3】豚肉と白キムチの炒め物

IMG_8501.jpg

下ごしらえができているので、これは手早い!

【材料】
白キムチ_____________2カップ
豚ばら薄切り___________200g
玉ねぎ______________半分
卵________________2個
日本酒______________大さじ2杯
醤油_______________小さじ1杯
ごま油______________小さじ2杯

【作り方】
1. 玉ねぎはくし形、豚肉は食べやすい大きさに切る。
  炒り卵を作る。卵にひとつまみの塩を加えて溶き混ぜる。
  鍋に油を温め、大きめで柔らかい炒り卵にし、取り出す。
2. 豚バラと塩ひとつまみを入れて、玉ねぎを加えて炒める。
3. 肉に火が通ったら、キムチを加え日本酒と醤油を回し入れる。
  炒り卵を加えざっくりと混ぜる。

【メモ】
白キムチが、食べきれずに酸味が出てきたら、炒めてみてください。
市販の赤いキムチも、炒めると美味しいですよね。


1月【4】恵方巻き?

IMG_0750.jpg

2月はバレンタインデーの月、でも節分の方が先ですよ。


【材料】
卵(Mサイズ)__________2個
砂糖_______________大さじ3杯
コーンスターチ__________小さじ2杯
薄力粉______________大さじ3杯
ヨーグルト____________大さじ1と半分
ココア______________小さじ2杯
バニラオイル
イチゴ、バナナ、キウイなど

【作り方】
1. 薄力粉とコーンスターチを合わせてふるっておく。
  卵を卵白と卵黄に分ける。
  17cm×20cmの型にオーブンシートを敷いておく。
2. 卵白を泡立て、砂糖を加え、しつかりしたメレンゲにする。
  さらにコーンスターチひとつまみを加え、泡立てる。
  大さじ4杯分を取り分けておく。
3. 卵黄にヨーグルトを混ぜて、メレンゲに加えて混ぜる。
  大さじ2杯分取り分ける。
4. 上記3 .に粉をヘラで混ぜる。大さじ3杯分取り分ける。
5. 上記4. で取り分けておいた生地に、ココアパウダーを混ぜる。
  上記3. で取り置いた生地、メレンゲの順に混ぜる。
6. 天板にココア生地を平らにならす。170度で4分焼く。
7. 残りの生地を上に流してならし、14分焼く。
8. 焼きあがったら、台ごと落として焼き縮みを防ぐ。
  型を外して、オーブンシートに裏返して乗せ、裏の紙をはがし、
  乾燥しないようにオーブンシートをかけて冷ましておく。
9. 果物を細長く切っておく。生クリームを固めに泡立てておく。
10. ココア生地を下にして、生地の両端を斜めに落とし、2cmおきにスジをつける。
11. クリームを塗り、果物を並べて巻く。
  巻き終わりを下にしてオーブンシートで包み、
  冷蔵庫で1時間以上冷やしてから切り分ける。

【メモ】
手順が面倒!ですよね。
でも、実際は一部を取り置いて黒い生地を作るだけなので、やってみると案外簡単。
写真は普通のココアですが、ブラックココアを使うと、よりリアルに黒い生地が
焼けます。
出来上がれば、喜ばれること確実です。
お好きな果物で、ぜひ我が家の恵方巻きケーキを。
今年はどっちを向いて食べるんでしたっけ?

posted by さちこ at 00:00| レシピ2016

2016年01月01日

明けましておめでとうございます。


IMG_8447.jpg

穏やかな新年をお迎えのことと存じます。
本年も、このブログをご贔屓に。


年越しは、ニシン蕎麦を作ってみました。
身欠きニシンはソフトタイプをこんがり焼いて。

IMG_8465.jpg


鹿児島から珍しい柑橘がいろいろ届きました。

IMG_8463.jpg

IMG_8452.jpg

子供の頃、図鑑で見て「不思議なもの」と記憶していた仏手柑
実物を手にすると、一段と不思議です。
皮を使ってマーマレードを作るとのこと。
飾った後、作ってみなくては。

お供えの上の小さなみかん。
ベランダで育ったグレープフルーツです。
金柑サイズですが、皮ごと食べられます。
冬も外で元気ですよ。

IMG_8440.jpg

一月は後半に、お料理教室予定しています。
また見に来てくださいね。


posted by さちこ at 00:00| 日記2016

2015年12月24日

メリークリスマス 2015

ホワイトクリスマスはなさそうな、暖かい12月後半。
皆さま、どんなクリスマスをお過ごしでしょう。

IMG_8429.jpg

伸び放題のツタで、簡単にリース作り。剪定もできて一石二鳥。


今年はパネトーネを焼きました。

IMG_0727.jpg

IMG_8433.jpg

バターを確保するのが第一条件。
来年は、いつでもバターが買えますように。
こんなことを、お祈りしてもいいのかな?


posted by さちこ at 00:07| 日記2015

2015年12月22日

ポテトその後

久しぶりに、ジャーマンポテトを思い出して作りました。
ベーコンと玉ねぎをプラス。
マスタードを効かせて、お酢も多めに。

IMG_8393.jpg


ポテトワッフル、これはどうかしら。
つなぎに小麦粉が必要です。油を多めに塗らないと、型から外すのに苦労します。
手間の割に???

IMG_8366.jpg


チーズフォンデュー
お芋をパンの代わりに。シンプルで美味しいです。

IMG_8427.jpg


ベジパスタ
面白い器具をネットで見つけました。
以前はピーラーできしめん状のものを、作ったりしました。
こちらはぐるぐると材料が続く限り、長い麺状に出来上がります。
加熱時間が短くなって、お芋の出番が増えそう。

IMG_0720.jpg


posted by さちこ at 00:00| 日記2015

2015年12月16日

12月のお料理教室

過ごしやすい日が続いています。
紅葉もややゆっくり。
とは言え12月、なんとなく落ち着きませんね。
今回は「おもてなしランチ」です。
新年のお客様にも、いかがでしょう。


12月【1】ひゅうが飯

IMG_8292.jpg

愛媛の鯛を使う名物料理をアレンジしました。

【材料】
刺身用鯛など___________400g
玉ねぎ______________小1個
わかめ______________30g
いりごま
もみ海苔
花かつお
卵(生食できるもの)_______3個
めんつゆ(濃縮タイプ)______大さじ4杯
ご飯_______________4人分

【作り方】
1. めんつゆに刺身を、30分ほどつける。溶き卵を加え、さらに10分つける。
2. 玉ねぎは薄切り、わかめは戻して小さめに切る。
3. 器にご飯を盛り、刺身を乗せ、薬味を添える。タレを好みの量かける。

【メモ】
白身のお魚に限定せず、お刺身になる鮮度なら、青い魚も美味しいです。
薬味もお好みで、アレンジができますよ。
タレに卵が入るところが、まろやかになるポイント。
松山へ旅をして、初めていただきました。


12月【2】あん肝茶碗蒸し

IMG_8359.jpg

あん肝はそのままも美味しいですが、さらに一工夫。

【材料】
卵________________3個
ダシ_______________500cc
醤油_______________大さじ1杯
塩________________少々
あん肝______________200g程度
塩(下処理用)
しいたけ_____________2個
三つ葉

【作り方】
1. あん肝は、塩を表面に塗りつけ、1時間ほど冷蔵庫に置く。
  水洗いしてから水分を拭き、アルミホイルで包み、強火で30分蒸す。
2. ダシに醤油と塩で調味し、卵を加えて一度濾してから器に入れる。
  しいたけを切って、入れる。アルミホイルで蓋をする。
3. 弱めの中火で、蓋に少し隙間を作り、蒸し器で20分蒸す。
4. あん肝を入れたい分切る。三つ葉とあん肝をのせて、1分蒸す。

【メモ】
あん肝を蒸しておけば、あとは茶碗蒸しを普通に作るだけ。
豪華でしょ?
紅葉おろしで頂くのも美味しいから、多めに蒸しておきましょうか。


12月【3】柿と春菊のサラダ

IMG_8362.jpg

季節の食材を合わせました。

【材料】
春菊_______________一束
柿________________1個
くるみ______________大さじ2杯
パルミジャーノチーズ_______大さじ2杯
オリーブオイル
塩こしょう

【作り方】
1. 春菊は、葉の部分だけ5センチくらいにちぎる。柿は皮をむき、薄切りにする。
  くるみは軽く炒り、小さめに砕く。
2. 柿と春菊を合わせ、オリーブオイルを混ぜる。軽く塩胡椒を振る。
  器に入れておろしたチーズとくるみをのせる。

【メモ】
簡単に作れて、青い野菜がたっぷりとれるサラダです。
チーズはクセのある青カビ系も合いますよ。


12月【4】マジックケーキ

IMG_8340.jpg

最近流行りのケーキです。
混ぜ過ぎ、焼きすぎは厳禁!だそうです。


【材料】 〔パウンド型1台分〕
卵(Mサイズ)__________2個
バター______________60g
砂糖_______________60g
薄力粉______________60g
牛乳_______________250g
バニラエッセンス

【作り方】 〔オーブン150度で40分〕
1. 卵は卵黄と卵白に分ける。
  卵白に砂糖の半量を加え、しっかりしたメレンゲを作る。
  バターは湯煎で溶かしておく。牛乳は、沸騰しないように温める。
2. 卵黄に残りの砂糖を加えて泡立てる。
  白っぽくなったら、溶かしバター、薄力粉、牛乳の順に加える。
  バニラエッセンスを加える。
3. メレンゲを加える。
  ゴムベラを使い、泡が白く残っている程度で、混ぜるのをやめる。
  型に流し入れ、焼き上げる。
4. 焼きあがったら、型のまま粗熱を取る。
  型を外して、冷蔵庫で3時間以上冷やしてから、切り分ける。

【メモ】
なぜか三層に分かれるケーキ。
上はふわふわ、中間はカスタード、下はしっかり。
プリンケーキは二段でしたね。
注意するのは、メレンゲを綺麗に混ぜ過ぎない、焼きすぎないこと。
やや足りないかな?なくらいでトライ!してね。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2015

2015年12月06日

ジャガイモは続く

IMG_8357.jpg

紫色のシャドークイーン
蒸し野菜にしてバーニャカウダで、いただきました。
色が本当に綺麗です。


 ----- 10年 ---------------

IMG_8298.jpg

何が10年かというと、このブログ。
気がつけば10年経っていたのですね。
これからもご贔屓に。
ケーキではなくて、大根おろしに赤カブの漬物をのせてみました。
ささやかにお祝い。

蘭の花も咲いています。
祝ってくれているようです。

IMG_8306.jpg

posted by さちこ at 21:58| 日記2015

2015年11月27日

ポテト:パート2

引き続き、お芋料理です。
芽が出ないうちに食べつくせるかなぁ・・・


タラモサラダ

IMG_8307.jpg

マヨネーズを入れずに、クリームチーズで滑らかに。
ちょっとニンニクを効かせています。


シーチキンじゃが

IMG_8317.jpg

「肉じゃが」にしようかと、思ったのですが、シーチキンも合うのでは?と。
灰汁も出なくて、簡単。


芋と葱のスープ

IMG_8328.jpg

今回は忘れずに写真を撮りましたよ。
下仁田ネギが美味しそうだったので、組み合わせました。
温まります。
鶏ガラでスープを取ったので、味付けはお塩でシンプルに。

次は何にしましょう。
スープカレーがいいかなぁ。

posted by さちこ at 20:52| 日記2015

2015年11月17日

ジャガイモあれこれ

子供の頃、ジャガイモといえば男爵かメークインの二択。
今では何種類のお芋が出回っているのやら、増えたなぁ。
お友達が送ってくれたのは剣淵町産(剣淵町「絵本の里」だそうな)。
ひと箱の中に、全部で8種類のジャガイモが入っていました。
それぞれのお芋に合う調理法が書いてあったので、食べ比べしています。


まずは名前に惹かれて、デストロイヤーから。
覆面レスラーの顔に似ているということで、名前がついたようです。
中は薄い黄色。

IMG_0636.jpg

つぶしてサラダに。好評です。

IMG_0642.jpg


フランスがふるさとのチェルシー

IMG_0650.jpg

当然フレンチフライですよね。ホクホク。

IMG_0653.jpg


赤い皮のレッドムーン

IMG_0656.jpg

千切りにしてガレット

IMG_0658.jpg

軽いランチになりました。

IMG_0662.jpg


オーソドックスな北海黄金

IMG_8196.jpg

おでんにしてみました。
煮込んで崩れなかったので、半分に切っても良かったかしら。

IMG_8197.jpg


中もピンクのノーザンルビー

IMG_8199.jpg

ポテトサラダにオススメ。
お酢が入ると、一段と可愛い色になります。
マヨネーズなしでも、美味しいよ。

IMG_8205.jpg


北あかり

トマトジュースでスープにしました。
飲んでしまった! 写真はないですが、美味しかったデス。
にんじん、玉ねぎ、ニンニク、セロリをプラス。


北あかりノーザンルビーを、
最近流行りの魚焼きグリルで焼いてみました。
アンチョビと生クリームをプラスするだけ。
「ヤンソンの誘惑」という料理。

IMG_8223.jpg


posted by さちこ at 22:52| 日記2015

2015年10月22日

大麦ヌーボー

今年の大麦が収穫されて粉になり、岡山から届きました。
ありがとうございます!

IMG_0633.jpg

何を作りましょう?
グルテンフリーなので、粘りが出ない特徴を生かして、ケーキやクッキーが良さそう。

まずはシフォンケーキ

IMG_0631.jpg

行程をちょっとご紹介。
材料は以下の通りです。

・卵___________6個
・黒糖__________100g
・大麦粉_________130g
・ベーキンングパウダー__小さじ1杯
・水___________100cc
・太白ごま油_______60t

IMG_4462.jpg

IMG_4474.jpg

直径20cmの型に入れて、オーブン190度で15分、160度に下げて20分。

IMG_4475.jpg

逆さまにして、完全に冷めるまで待ちましょう。


冷ましている間に、クッキーも焼きました。

・大麦粉_________75g
・薄力粉_________25g
・黒糖__________50g
・バター_________50g
・水___________小さじ1杯

手で握ったままの形です。

IMG_0627 (1).jpg


配合が良かったのか、シフォンケーキはしっとりとした焼き上がりになりました。
クッキーはやや固めになったかな。握力あり過ぎ?
研究の必要がありそうです。
次は何を作ろうかなぁ・・・。
 
posted by さちこ at 23:58| 日記2015

2015年10月14日

10月のお料理教室

すっかり朝晩、冷え込むようになりました。
今月は「サンマでご飯」
もちろん、ハロウィンにも便乗してデザートは南瓜です。
始まり始まり〜


10月【1】サンマのチジミ

IMG_0591.jpg

塩焼きに飽きたら、韓国風で。

【材料】 〔2枚分〕
サンマ______________4匹
ニラ_______________2束
卵________________2個
小麦粉______________100g
ジャガイモ____________2個
水________________100cc
ごま油
〔タレ〕
 ぽん酢、蜂蜜、粉唐辛子、ニンニク、ごま油

【作り方】
1. サンマは三枚におろし、腹骨をすき取り、幅を半分、長さを半分に切る。
  ニラは、4センチに切る。
2. ジャガイモはすりおろし、卵、小麦粉、水を加え、生地を作る。
3. フライパンにごま油をしき、サンマの身を下にして並べる。
  火にかけて、軽く焦げ目がついたら皮目を下にする。
4. ニラを均等に乗せ、生地を流す。
  サンマに焦げ目がついたのを確認して、返す。
5. 全体に火が通ったら、取り出して切り分け、タレを混ぜ合わせて添える。

【メモ】
海鮮チジミ、美味しいので、ならばサンマでもよくはないか?
ということで、作りました。
骨がなくて食べやすいと、好評です。
タレはお好みですが、甘辛くニンニクとごま油の風味が基本のようです。


10月【2】ナスのカレー漬

IMG_0619.jpg

ナスの辛子和え、その変化球。

【材料】
ナスビ______________4個
塩________________小さじ1杯弱
カレー粉_____________大さじ1杯

【作り方】
1. ナスは半分に切り、斜めに3mmの厚さに切る。
2. 塩をまぶし、10分ほどおく。
3. 両手でナスを包むようにし、力を入れて絞る。
4. カレー粉をまぶす。

【メモ】
簡単です。お味は「ヘェ〜」っていう感じ。
一度お試しを。


10月【3】アボカドの塩辛

IMG_8158.jpg

塩辛って、魚介でなくてもいい、らしいです。

【材料】
アボカド_____________2個
塩________________小さじ1杯
オリーブオイル__________適量

【作り方】
1. アボカドは、2センチ角程度の大きさに切り、塩をまぶし容器に入れる。
2. オリーブオイルを、アボカドが隠れるまで加えて、一晩おく。
3. そのままでも、ご飯に添えても良い。

【メモ】
簡単!旨い!ですよ。
ご飯に合います。ぜひ海苔巻きにしてみて。わさび、効かせてね。


10月【4】カボチャの春巻き

IMG_8161.jpg

10月はカボチャ、ということで、これ!

【材料】
カボチャ_____________8分の1個
コンデンスミルク_________大さじ3杯
レーズン_____________30g
春巻きの皮____________4枚
シナモンパウダー

【作り方】
1. カボチャは電子レンジで加熱し、柔らかくなったら、つぶしてコンデンスミルクを混ぜる。
  レーズンは、ぬるま湯で洗う。
2. 春巻きの皮は、長方形に2枚に切る。
3. 春巻きの皮にカボチャ生地を乗せ、レーズンをのせて細長く巻く。
  巻き終わりを下にしておく。
4. オーブントースターで、軽く焦げ目がつく程度に焼いて、皿に盛る。
  シナモンパウダーを振る。

【メモ】
細めに巻くほうが、美味しいようです。
甘さはカボチャを味見して、加減しましょう。
イチジクやプルーンなどのドライフルーツも、試してみてね。
posted by さちこ at 00:00| レシピ2015

2015年09月16日

9月のお料理教室

すっかり涼しい秋になりました。
夏が暑かったおかげで、果物が甘くて美味しいですね。
食欲の秋を堪能できそう。
今回は、「畑の恵みでランチ」ができましたよ。


9月【1】枝豆のハーブ蒸し

IMG_8087.jpg

枝豆に何かをプラスしたい。今回は香りを。

【材料】
枝豆_______________1袋
タイム
ローズマリー
セージ
オリーブオイル


【作り方】
1. 枝豆は、塩を振って表面をこするようにもみ、水洗いする。
2. 蒸し器に、枝豆を入れ、上にハーブを乗せて6分蒸す。
3. 皿に盛り付け、オリーブオイルと塩を少量振る。

【メモ】
ちょっとイタリアン? 一緒に飲むならワインがいいかしら。
枝豆って、アレンジが色々できますね。
ハーブは摘みたてを使いたいところ。お庭にあるもので、適当にどうぞ。


9月【2】生とうもろこしのスープ

IMG_8080.jpg

生のまま絞ります!

【材料】
とうもろこし___________2本
水________________200cc
牛乳_______________300cc


【作り方】
1. とうもろこしは実だけを取り、水を加えて、ミキサーで細かくする。
  絞り漉して、水分と絞りカスに分ける。
2. 絞り汁に、牛乳を加えて温め、塩を少量加える。

【メモ】
ミキサーなどがあれば、ぜひ試していただきたい作り方です。
生のとうもろこしが甘ければ、それだけで美味しいスープが出来ます。
塩もいらないかな?


9月【3】厚揚げのピリ辛煮

IMG_8119.jpg

美味しいトマトは、調味料。

【材料】
厚揚げ______________1枚
豚薄切り_____________100g
トマト______________大1個
オクラ______________2本
ニンニク_____________1片
豆板醤______________大さじ1杯
ゴマ油______________大さじ1杯
醤油_______________大さじ1杯

【作り方】
1. トマトは大きめの角切り、オクラは薄めの小口切りにしておく。
  厚揚げは厚みを半分にして、8当分に切る。豚肉は一口大に切る。
2. 鍋に、ゴマ油、ニンニク、豆板醤を入れて、火にかけ、
 香りが立ってきたらトマトを加える。トマトが崩れるくらいまで、加熱する。
3. 厚揚げ、豚肉を入れ、ざっくりと混ぜながら温め、醤油を回し入れる。
  仕上げに、オクラを入れて、とろみが出たら火を止める。

【メモ】
トマトが美味しければ、上手にできる一皿。
オクラの粘りが、全体をまとめてくれます。


9月【4】梨のサラダ

IMG_8113.jpg

歯触りを楽しむサラダができました。

【材料】
梨________________1個
松の実______________大さじ1杯
パルメザンチーズ
オリーブオイル

胡椒

【作り方】
1. 梨は皮をむき、千切りにする。
2. オリーブオイルと塩、胡椒を軽く振る。
3. チーズを削りかけ、炒った松の実を乗せる。

【メモ】
梨と松の実の香りが、面白いサラダ。
梨の食感が楽しめます。


9月【5】とうもろこしのケーキ

IMG_8098.jpg

絞った後、「勿体無い!」精神が起動。

【材料】
とうもろこしの絞りカス______2本分
バター______________70g
砂糖_______________70g
卵________________2個
薄力粉______________70g
ベーキングパウダー________小さじ1杯

【作り方】
1. バターを室温に戻し、なめらかになるまで混ぜる。
  砂糖を加えよく混ぜ、卵を1個ずつ加えて、よく混ぜる。
2. 薄力粉にベーキングパウダーを混ぜてふるい、1. に入れ、
  そこからすくうように混ぜ、とうもろこしの絞りカスも混ぜ合わせる。
3. 型に流し、オーブンで焼きあげる。〔180度30分〕

【メモ】
基本はマドレーヌの配合です。
とうもろこしの香りが加わって、美味しいケーキになりますよ。
 
posted by さちこ at 00:00| レシピ2015