2015年01月21日

1月のお料理教室

2015年、今年もよろしくお願いします。
寒いですね。
ということで、「おでん」で温まりましょう。
お菓子は、バレンタインのためのクッキーですよ。


1月【1】おにぎらず

IMG_7173.jpg

おかしな名前?
一体なんでしょ。

【材料】
ご飯、海苔
具材(フライ、てんぷら、鮭、タラコ、佃煮、漬物、マヨネーズ、チーズなど)

【作り方】
1. 普通に炊いたご飯を、半分に切った海苔に乗せる。
  折りやすいように、中心だけ少なくする。
2. お好みの具材を乗せて折る。崩れないように軽く押さえ、半分に切る。

【メモ】
うえやまとちさん、ご存知の方多いですよね?
「クッキングパパ」というお料理漫画の作者。
この漫画の中に、「おにぎらず」が登場。
それが次第に変化して、ご飯サンドと言われたりしています。
作りやすく美味しい、便利なお料理。
思いつきで、お好きなものを挟んでみてください。
私としては「キムチとクリームチーズ」がヒット!


1月【2】おでんのニューウェーブ

IMG_7217.jpg

IMG_7222.jpg

この冬、何度も登場したでしょう「おでん」。
今更ですが、このところ面白いネタを見つけたので、お勧めします。

【材料】
出汁
大根、卵、かまぼこ(などお好みで)
アボカド
トマト
巾着(小揚げ4枚、モヤシ1袋、白滝100g、豚ひき肉100g、竹輪)

【作り方】
1. 出汁を取り、醤油、酒で味付けする。
2. 巾着は、揚げを半分に切り、袋状に開いておく。白滝は短く切る。
  モヤシと豚肉,白滝を混ぜてモヤシを折るようにまとめ、揚げに詰める。
  口を輪切りにした竹輪で止める。大根などと、味がしみるように煮ていく。
  ※一旦沸騰したら、火を止め、冷めてからもう一度加熱することを繰り返すと、
   中まで味がしみやすい。
3. 煮汁を別の小鍋に取り、アボカドを半分に切って温まる程度に加熱する。
4. トマトは湯剥きして、出汁で温める。

【メモ】
おでんは野菜が取れないお料理。
そんなイメージから、一工夫。
意外な美味しさのおでんが出来ましたよ。
アレンジがおもしろくなったこの冬のおでんです。


1月【3】ほうれん草とシメサバ

IMG_7346.jpg

岡山の母のおせちに入っていた一品をアレンジ。

【材料】
ほうれん草____________ひと束
シメサバ_____________1枚
焼き海苔_____________1枚
醤油

【作り方】
1. ほうれん草は茹でて、3センチくらいに切り、水気を絞ったら、
  醤油を小さじ1杯なじませてから、もう一度絞る。
2. シメサバは薄切りにする。焼き海苔はちぎっておく。
3. すべて混ぜ合わせ、味を見て足りなかったら、少量の醤油を加える。

【メモ】
母が作っていたのは、「ほうれん草とシメサバの海苔巻き」でした。
和え物にしてみたら、簡単でお惣菜にもぴったり。
アボカドを加えても美味しいです。


1月【4】クマのクッキー
      〔オーブン170度 13分〕

IMG_7328.jpg

IMG_7332.jpg

一目惚れしたクッキー。
バレンタインはこれ!

【材料】
卵黄_______________1個
グラニュー糖___________35g
薄力粉______________80g
アーモンドプードル________20g
バター______________35g
塩________________ひとつまみ
アーモンド____________12粒

【作り方】
1. 薄力粉にアーモンドプードル、塩を混ぜ、ふるっておく。
  バターを室温で柔らかくし、ヘラでクリーム状にしたら、砂糖を加えてよく混ぜる。
2. 卵黄を加えて混ぜ、なめらかになったら、粉類をまとめて加える。
3. ラップに包み、30分冷蔵庫におく。
  取り出したら、オーブンペーパー2枚に挟んで、3ミリ厚さに伸ばし、型で抜く。
4. アーモンドを乗せ、腕を曲げて持っている形にする。
  ヒビが出るので修正し、顔を竹串で描く。焼き上げる。
5. 焼けたら、冷まし、缶などで保存する。

【メモ】
このところ、流行りのクッキー。
シュガーアートよりは、簡単です。
持ち物も、アレンジできますね。
あなただけのクマさん、作ってください。

posted by さちこ at 00:00| レシピ2015

2015年01月01日

2015年 迎春

新作です!
大根おろしアート入門に、ちょうど良さそうなものをご披露。
お供えです!

IMG_7307.jpg

お餅にも合うし簡単。お試しくださいませ。
みかんの色はお醤油少々、葉っぱは小松菜をハサミでチョキチョキ。


三年目の蘭が、お正月に合わせて開花しました。
春には一回り大きな鉢に、替えないと。
今年は、お花にも手をかけてあげたいです。

IMG_7312.jpg


お料理教室は1月下旬開始です。
今年も月一更新のスローペースですが、お付き合いくださいませ。
 
posted by さちこ at 01:16| 日記2015

2014年12月31日

2014年 年越し

正月寒波の予報です。
冷え込む元旦になるのかな?
年越し蕎麦、召し上がったでしょうか。
我が家はなぜか「お好み焼き」
去年は餃子で中国式年越しでしたが。

写真は狸蕎麦のミニチュアです。良く出来てますわぁ。
皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。

IMG_7232.jpg
 
posted by さちこ at 00:00| 日記2014

2014年12月29日

清水港の名物は♪♪

年の暮れ、ちょっと遠出です。
小田急ロマンスカーと東海道線各駅停車で、
片道4時間、旅行けば〜駿河の国に着きました。
静岡市の清水港です。

IMG_3165.jpg

IMG_3179.jpg

IMG_3181.jpg


寿司食いねぇ、江戸っ子ですよ、今のところは。

IMG_3171.jpg

桜えびのかき揚げが美味しい!

IMG_3170.jpg

清水の一押しはエスパルス

IMG_3173.jpg

ちびまる子ちゃん  

IMG_3169.jpg


お土産物はこんなものをセレクト
本物のメロンが入ったメロンパン
メロン味があまり感じられなかったの。残念。

IMG_7296.jpg

もつカレー
お味見はこれから。

IMG_7300.jpg

マグロの生ハム
お正月にカルパッチョにでもします。

IMG_7302.jpg

桜えび入り油揚げ
これは美味しいデス。おすすめ。

IMG_7304.jpg

IMG_7308.jpg


お天気も良くて、楽しい1日でした。
日帰りの旅は気楽で良いですよね。
もちろん、遠くまでパスポートを持って出かけるのも好きですが。
次はどこへ行けるかな?

posted by さちこ at 22:56| お出かけ2014

2014年12月20日

わが家のパントリー

ひよこの村長.jpg
お気に入り、おすすめ、お取り寄せ、ご贔屓・・・
このカテゴリでは、わが家のパントリー(食品庫)をご紹介します。
なんと、8年ぶりのリニューアル。ぜひ、ご覧ください。
「こんなのもあるよ!」とお勧めがあれば、教えてくださいね。
 
posted by さちこ at 13:00| Comment(2) | わが家のパントリー

「和食」調味料


【 塩 】
 日本、ベトナム、モンゴル…、各地のお塩を頂きます。
 主に、自然塩を使っています。
 SOLT_7210.jpg

【昆布の塩】mizushio.jpg
 松前屋(大阪)の「昆布の水塩」。
 [http://www.matumaeya.jp/
 スプレー式で、減塩にも便利です。

【 醤油 】
 特に決めていません。選ぶポイントは、原材料。
 大豆と塩だけから作られているものを選んでいます。
 保管は冷蔵庫で。

【 酢 】Chidorisu.jpg
 村山醸酢(京都)の「千鳥酢」を愛用しています。
 つんと来る酸っぱさがなく、まろやかな御酢です。
 [http://chidorisu.co.jp/
 今年(2014)、斉藤造酢店(京都)の「玉姫酢」を入手しました。
 千鳥酢と甲乙つけがたい美味しさです。
 Tamahimesu_1.jpg Tamahimesu_2.jpg

【 味醂 】
 いくつかのメーカーを試しました。
 結論は“本味醂”なら、良いのではないか?ということに落着。

【 砂糖 】
 キビ砂糖、洗双糖、和三盆、果糖、黒砂糖など、いろいろ使います。

【 味噌 】8chomiso.jpg
 岡山の母お手製の“手前味噌”。
 残念ながら今年(2014)で終わりです。
 次からどうしましょうか…。
 それと合わせるのは、愛知「カクキュウ、八丁味噌」。
 [http://hatcho-miso.co.jp/

【 昆布 】
 羅臼昆布がお気に入りですが、いかにも高い!ので、切れ端で節約。

【かつお節】
 業務用の厚削りを使っています。カツオパックも、便利。
 かつお節削りの刃を研ぎました!
 自分でシャカシャカ。いい香りです。
 

【 煮干 】
  瀬戸内海の物。頭と腹を取って、冷蔵庫で保存。

【濃縮つゆ】sasisuseSomi.jpg
 長年「創味つゆ」(創味食品工業)を愛用しています。
 [http://www.somi.jp/

【 胡麻 】hirakegoma.gif
 熊本のオニザキです。
 [http://www.gomagoma.net/

【ごま油】taihaku.jpg
 マルホン 竹本油脂の「太白(たいはく)胡麻油」。
 [http://www.gomaabura.jp/
 太白は、バターの代わりに洋菓子作りにも使えます。

【荏胡麻油】
 生で食べる油。オメガ3(アルフアリノレン酸)が豊富。
 サラダに最適。冷奴や蕎麦がきにも合います。egomaOil.jpg
 紅花食品の有機荏胡麻油を常備しています。
 [http://www.benibana.jp/

【七味唐辛子】
 祇園原了郭の「黒七味」です。
 [http://www.hararyoukaku.co.jp/
 

【柚子醤油】
 高知県馬路村「ゆずの村」。
 [http://www.yuzu.or.jp/
 
 
posted by さちこ at 12:00| Comment(0) | わが家のパントリー

「洋食」調味料

 KrazySalt.jpg
【 塩 】
 「クレイジーソルト」(ハーブ&スパイスミックス調味料)
 洋食で塩コショウするとき、たいていは、クレイジーソルトだけで
 下味をつけています。
 [http://www.choosee.com/jp/natur-compagnie

【バター】calpisButter.jpg
 カルピスの業務用「発酵無塩バター」。
 [http://www.calpis-cfs.co.jp/
 業務用は箱に入っていないのですが、
 比較的安く手に入ります。
 品薄の時は探すのが大変です。なんとかやりくりしています。

【マスタード】
 粒入りのものを。

【ワインビネガー】
 白だけ、常備しています。

【バルサミコ酢】
 500円くらいの、安い物を使っています。
 白バルサミコ酢(バスラミコビアンコ)も使いやすいです。

【生クリーム】nakazawa.jpg
 おすすめは、
 中沢[http://www.nakazawa.co.jp/]、
 タカナシ[http://www.takanashi-milk.co.jp/

【オリーブオイル】
 エクストラバージン(酸度0.8%以下)を、一本常備。

【野菜ブイヨン】VegiBll.jpg
 ナトゥール・コンパニーのブイヨン・ベジブルを重宝しています。
 顆粒タイプ。オーガニックです。
 
posted by さちこ at 11:00| Comment(0) | わが家のパントリー

「エスニック」調味料

 
【 魚醤 】
 ニョクマム(ベトナム)でも、ナンプラー(タイ)でも、安いもので大丈夫。

【醤(ジャン)】
 豆板醤(トーバンジャン)、沙茶醤(サーチャージャン)、
 甜麺醤(テンメンジャン)、芝麻醤(チーマージャン)、
 豆鼓(トウチ)、コチジャン(唐辛子味噌)、
 牡蠣油(オイスターソース)
chinkou.jpg
【中国黒酢】
 「鎮江香酢(ちんこうこうす)」を愛用しています。
 [http://ctrading.co.jp/chinkou.htm

【中華ダシの素】
 味覇(ウェイパァー)Weipar.jpg
 [http://www.koukishoko.co.jp/]、
 顆粒鶏がら(指定なし)。

【唐辛子ニンニクの粉】
 混ぜ合わせた物が売られています。
 
posted by さちこ at 10:00| Comment(0) | わが家のパントリー

「デザート」製菓材料

 
大事なのは保管方法。粉類は湿気ないように、注意しましょう。
胡桃やピーナツなどは、油やけしないよう、冷凍庫で保管することをお奨めします。

【通信販売】
 製菓材料の通信販売「cotta」を利用しています。
 [http://www.cotta.jp/

【ココナッツオイル】
 料理にも、お菓子にも。
 
posted by さちこ at 09:00| Comment(0) | わが家のパントリー

定期購読の料理雑誌

 
「料理通信」
 発行:料理通信社[http://r-tsushin.com/magazine/
 

「栄養と料理」
 女子栄養大学出版部[http://www.eiyo21.com/
 

「ダンチュウ(dantyu)」
 プレジデント社[http://www.president.co.jp/dan/
 
 
posted by さちこ at 08:00| Comment(0) | わが家のパントリー

料理番組

 
「キューピー3分クッキング」
 日本テレビ[http://www.ntv.co.jp/3min/
 

「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」
 テレビ朝日[http://asahi.co.jp/oshaberi/
 
 
posted by さちこ at 07:00| Comment(0) | わが家のパントリー

お菓子

 
【 帯広 】
 六花亭(洋菓子、バター)[http://www.rokkatei.co.jp/
 六花亭

【 砂川 】
 北菓楼(おかき、洋菓子)[http://www.kitakaro.com/

【一ノ関】
 松栄堂(ごま摺り団子)[http://www.shoeidoh.co.jp/

【 山形 】
 長栄堂(和菓子)[http://choeido.co.jp/
  (バターどら焼き、富貴豆)
 シベール(ラスク)[http://www.cybele.co.jp/](東京青山にも)

【 東京 】
 あけぼの(和菓子)[http://www.ginza-akebono.co.jp/
 豆源(豆菓子)[http://www.mamegen.com/
 うさぎや(どらやき)[http://www.tctv.ne.jp/usagiya/
 高木屋(草団子)[http://www.takagiya.co.jp/

【 岡山 】
 白十字(洋菓子、ワッフル)[http://www.hakujuji-g.co.jp/
  (季節限定:10月〜4月)
 hakujujiWaffle.JPG
 
posted by さちこ at 06:00| Comment(0) | わが家のパントリー

お茶

 
【 京都 】
 一保堂茶舗の「いり番茶」
 [http://www.ippodo-tea.co.jp/
 iriban.jpg

【加賀】
 丸八製茶場の「献上加賀棒茶」
 [http://www.kagaboucha.co.jp/index02.html
 kagabo.jpg

【ニューヨーク】
 ハニー&サンズの「シナモンティー」
 [http://www.harney.jp/shopbrand/003/P/
 cinnamon.jpg

【フランス】
 クスミティー[http://kusmi-tea.jp/
 kusmi.jpg

【インド】
 富澤商店の「紅茶 ダージリン」
 [http://www.tomizawa.co.jp/shop/g/g00244800/
 Darjeeling.jpg
 
posted by さちこ at 05:00| Comment(0) | わが家のパントリー

食品


【 東京 】
 古樹軒(中国茶、点心)
 [http://www.rakuten.co.jp/kojuken/
 [http://www.chutaka.co.jp/
 [http://80c.jp/
 chutaka.gif 80c.jpg

【 埼玉 】
 サイボクハム(埼玉種畜牧場)
 [http://www.saiboku.co.jp/
 saiboku.jpg

【 小樽 】
 めるかーど(桜燻しベーコン)
 [http://www31.ocn.ne.jp/~mercado/
 
 
posted by さちこ at 04:00| Comment(0) | わが家のパントリー

2014年12月17日

12月のお料理教室

今年も最後の月となりました。
新幹線の新型車両より、リニアモーターカーより速い!一年でした。
終わり良ければすべて良し、とも申します。
落ち着いて納めることといたしましょう。
おせち にお勧めの イタリアン な献立です。どうぞ!


12月【1】ホタテと柿のピスタチオ和え

IMG_6991.jpg

意外な組み合わせですが、おいしい柿でお試し下さい。

【材料】
生ホタテ_____________8個
柿________________1個
ピスタチオ____________大さじ1杯
バジル______________2枝
オリーブオイル__________大さじ2杯
ワインビネガー__________大さじ1杯
塩コショウ

【作り方】
1. ホタテは、水洗いし塩コショウ、オリーブオイルでマリネしておく。
2. 柿はヘタを取り、皮をむいて16等分する。
  ピスタチオは、乾煎りして荒く刻んでおく。
3. フライパンを温め、ホタテを両面焼く。
4. 焼けたホタテを柿と合わせ、オリーブオイル、ワインビネガー、
  塩コショウで味を整える。バジルとピスタチオを散らす。

【メモ】
ピスタチオ独特の香りが良いです。
柿の柔らかさと、ホタテの食感が絶妙。


12月【2】レンコンとクルミのラグーパスタ

IMG_7142.jpg

今年はクルミに健康効果があると言われ、売り切れた時期もありました。
こくがあって美味しいですよ。

【材料】
パスタ_____________400g
クルミ_____________50g
レンコン____________1節
鳥ひき肉____________100g
にんにく____________1片
鷹の爪_____________1本
オリーブオイル


【作り方】
1. 多めの鍋に湯を沸かし、パスタを茹でる。
2. クルミを刻む。レンコンは、半分は薄切りにし、残りは粗くすりおろす。
3. フライパンに、オリーブオイルと刻みニンニクと鷹の爪を入れて火にかけ、
  香りが出たら薄切りのレンコンを焼く。色がついたら取り出しておく。
  ひき肉とおろしたレンコン、クルミを入炒め塩加減する。
4. 茹で上がった麺を入れて混ぜ、茹で汁を100cc絡めて仕上げる。
  盛り付けてから、薄切りレンコンを添える。

【メモ】
レンコン主体のラグーです。
軽い食感が、おせちの後の胃に優しい。


12月【3】イタリアン・マーボ

IMG_7199.jpg

赤くて辛くて、イタリアンと中華は似ているかもしれませんね。

【材料】
豆腐_______________400g
カットトマト___________1缶
豚ひき肉_____________200g
オリーブオイル__________大さじ1杯
鷹の爪______________1本
にんにく_____________1片
バジル

粉チーズ

【作り方】
1. オリーブオイルで、刻みニンニクと鷹の爪を炒め、ひき肉を炒めて色が変わったら
  トマトを加える。
2. 煮立ったら豆腐を大きめの角切りにして入れる。
3. 塩加減する。盛り付けて、粉チーズとバジルをトッピングする。

【メモ】
中華のマーボは、もちろん美味しいです。
でも、こちらも負けていないでしょ?


12月【4】渋皮煮のテリーヌ
   〔15cmパウンド型〕〔オーブン180度 40分〕

IMG_7169.jpg

岡山から送られる栗で、毎年作っていた渋皮煮。
母を偲んで焼いてみました。

【材料】
バター______________30g
砂糖_______________30g
卵黄_______________1個
卵白_______________1/2個
ブランデー____________小さじ2杯
バニラオイル___________少々
薄力粉______________20g
アーモンドプードル________20g
栗の渋皮煮____________200g

【作り方】
1. バターは室温におき、マヨネーズくらいの柔らかさにする。
  薄力粉とアーモンドプードルを合わせてふるっておく。
2. バターを泡立て器で混ぜ、砂糖を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。
3. 卵黄と卵白を、数回に分けて加え、よく混ぜる。
4. ブランデーとバニラオイルを加える。
5. 粉類を加え、ゴムベラで底から返すように混ぜる。
6. 型に半量の生地を広げ、渋皮煮を並べ、残りの生地を流して、
  表面を均し焼き上げる。
7. 焼きあがったら熱いうちに型を外し、粗熱が取れたらラップで包んでおく。

【メモ】
何やら有名なお店の栗入りパウンドケーキは1万円!!とか。
お味に遜色が無いかどうかは不明ですが、チャレンジする価値はありますよ。
自作なら、どんな贅沢も可能ですね。
今回は、コッタ(COTTA)の渋皮煮を使いました。
渋皮煮を、ドライフルーツに変更するのも美味しいです。
posted by さちこ at 00:00| レシピ2014